検索
 HOME > 卓球部

松下を追い詰めた酒井

卓球部  初戦は日鉄住金物流にストレート負け/全日本選手権・団体の部

◆10・13〜15 全日本選手権・団体の部(敦賀市総合運動公園体育館)
▼10・13 予選リーグDグループ 対日鉄住金物流

明大0―3日鉄住金物物流○
1番●龍崎0―3藤村
2番●酒井2―3松下
3番●渡辺裕1―3藤本
4番酒井―藤村
5番龍崎―松下
 実業団、大学、高校などのトップチームが集まる全日本選手権・団体の部が開幕した。団体インカレで優勝した明大は大学代表として出場。1グループ3チームで編成して予選リーグを戦い、各グループの1位と2位のチームで準々決勝以降を行う。明大は予選リーグDに属し、初戦は日鉄住金物流と対戦した。1番手の龍崎東寅(商1=帝京)がストレート負けを喫し、続く酒井明日翔(政経3=帝京)、渡辺裕介(商3=明徳義塾)も敗戦。チームは3―0で黒星スタートになった。

 つけ入るスキがなかった。藤村と対戦した1番手の龍崎。2ゲーム目こそ10―6で先にゲームポイントを奪うが、その後はラリーで打ち負け、レシーブミスもあり6連続失点。その後も「レシーブが入らず、自分のペースをつかめなかった」(龍崎)と流れをつくれずストレートで敗戦した。2番手の酒井はOBの松下海輝(平28商卒)と対戦。「調子は良かった」(酒井)と1―2で迎えた第4ゲームでは3―7とリードされてから7連続ポイントで逆襲。11―8でこのゲームを勝利し、最終ゲームもこの勢いに乗りたかったが、落ち着きを取り戻した松下に6―11で下された。3番手の渡辺裕を含め3人とも勝ち点を取ることができず、実業団の一枚上手な強さを見せつけられた。

 次戦も実業団のリコーと戦う。リコーには昨年のグランドスラム達成の立役者の一人・有延大夢(平29商卒)が所属。誰が有延と当たるのかが注目される。「明日勝たないとトーナメントに上がれないので、切り替えていく」(龍崎)。団体インカレ王者の意地で食らいつきたい。

[田中愛]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: