検索
 HOME > 卓球部

森薗・渡辺裕組は決勝で完敗を喫した

卓球部  森薗・渡辺裕組準V 明大勢連覇ならず/全日本大学総合選手権・個人の部 

◆10・27〜29 全日本大学総合選手権・個人の部(所沢市民体育館)
▼男子ダブルス
森薗・渡辺裕組――2位
船本・遠藤組、立藤・羽佳組――4回戦敗退
酒井・龍崎組――3回戦敗退

▼男子シングルス
森薗、酒井、渡辺裕――5回戦進出
船本、遠藤、龍崎――4回戦敗退
松澤、鎌田、立藤――2回戦敗退
稲津――1回戦敗退
 あと一歩、届かなかった。学生王者を決める全日本大学総合選手権・個人の部(全日学)が幕を開けた。2日目はダブルスの決勝が行われ、森薗政崇主将(政経4=青森山田)・渡辺裕介(商3=明徳義塾)組が決勝に進んだが、ストレート負けを喫し準優勝。昨年の丹羽孝希(平29政経卒・現スヴェンソン)・酒井明日翔(政経3=帝京)組に続く優勝とはならなかった。最終日はシングルスの決勝が行われ、明大からは3選手が優勝を狙う。

 第3ゲーム、8―10。相手のフォアハンドが決まると二人そろって、唇をかみしめた。準決勝まで全試合ストレートで勝ち上がり、迎えた決勝戦。優勝を懸けた森薗・渡辺裕組の大一番は定松・宮本組(中大)に圧倒された。春秋リーグ戦で共に敗戦を喫している相性の悪いペア相手に、百戦錬磨のダブルスでも突破口を見出せない。第1ゲーム、相手の早いラリーからの攻撃に手が出ず、6―6から5連続失点でこのゲームを奪われる。第2ゲームになると相手の勢いはさらに加速。宮本(中大)の台上でのフォアハンドに苦しめられ一度も主導権を渡してもらえず、3―0の完敗。森薗は「勝ち筋が見え出せないままやられてしまった」。優勝を懸けた一戦はどこか物足りなさが残った。
 「優勝しか狙ってなかったので悔しい」(渡辺裕)。二人の最後の学生大会は、この一言に尽きる。リーグ戦24連勝を記録するなど、3年間で数々の記録を作った明大の看板ダブルス。集大成として臨んだ今大会だったが、結果は決勝で天敵に敗れ2位。「ダブルスのタイトルが欲しかった」(森薗)。二人で築き上げた3年間は、最高の笑顔で終われなかった。

 シングルスは譲れない。森薗、渡辺裕と酒井がベスト16に残り、強豪ぞろいの最終日に挑む。明大勢は4連覇中で、森薗は自身3度目の優勝を狙う。「一戦一戦諦めず全力でやってほしい」(山幸信監督)。頂点をつかむために、歴史を止めないために。今年で王者の看板を降ろす訳にはいかない。

[福永智隆]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: