検索
 HOME > スケート部(フィギュア部門)

迫真の演技で観客を魅了した梶田

スケート部(フィギュア部門)  明大勢計6人が全日本選手権進出を決める/東日本選手権

◆10・26〜29 第43回東日本選手権(小瀬スポーツ公園アイスアリーナ)
▼シニア男子
4位 中野  180.11点
6位 鎌田英 174.98点
7位 梶田  174.76点
8位 佐上  168.25点
15位 鎌田詩 142.30点
▼シニア女子
2位 森千  151.44点
5位 大矢  139.02点
 白熱した演技の連続だった最終日。男子は梶田健登(政経3=明大中野)、鎌田英嗣(営3=獨協)、佐上凌(商3=武蔵野)、中野耀司(営2=横浜創英)が、女子は大矢里佳(商1=中京大中京)、森千夏(営1=愛知みずほ大学瑞穂)が上位入賞を果たし、12月に控えた全日本選手権出場への切符を手に入れた。

 表彰台まであと僅かだった。ショートプログラム(SP)を4位通過した中野は、全日本が懸かった大一番でも気負うことなく、いつも通りの演技で総合180.11点をたたき出し4位入賞。「いい位置で全日本決められたので今はすごくうれしい」(中野)と喜びをあらわにした。
 多くの人の心を奪った。梶田の演技後にも感動した観客によるスタンディングオベーションが巻き起こった。演技直前に靴紐が切れるアクシデントに見舞われるも、ほぼノーミスで総合174.76点をマーク。演技後には緊張から解放されて涙を見せる場面もあった。「最後の最後に支えてくれるのは、今までの積み重ねで培ってきたもの」(梶田)。正に日々の努力が報われる形で全日本選手権出場が決定した。

 ルーキーコンビの躍進が止まらない。上位6名のみが全日本出場権を与えられる今大会。東日本選手権初出場の森千が一つのジャンプを除いてノーミス、大矢も得意であるジャンプを全て成功させノーミスの演技を見せた。2人とも共通の目標は全日本選手権でフリースケーティング(FS)を滑ること。「SPとFSでノーミスの演技ができるようにしたい」(森千)。春から一歩一歩着実にレベルアップし続けている大物ルーキーたちから今後も目を離せない。

 いよいよ全日本選手権が幕を開けようとしている。全国から実力派スケーターたちが集結する大会での明大スケート部の活躍に注目が集まる。残りの1カ月でさらにプログラムに磨きをかけて、上位入賞を狙っていく。

[上代梨加]

試合後のコメント
ピンチを乗り越え全日本進出を決めた梶田

「今日はずっと練習からいい感じに詰めて自信を持って臨んだはずなんですけど、演技の直前に靴紐が切れてしまって。6分間終わってから6番滑走だったので少し時間空いてたんですけど、軽く動いてあと10分くらいで自分の番だなって靴履いてる時に切れてしまって、靴履いている感じも全然違くて固結びでなんとか対処しました。正直『これは無理だ』と本当は諦めてて、練習してきたものを出せないし、全日本も絶対行けないって結構メンタルブレイクした状態でFSをやりました。演技の内容は覚えてないんですけど結果ほとんど全部できたので、やっぱ自分の気持ちとかやる気とか心の状態とか全部がなくなった時に、最後の最後に支えてくれるのは、今までの積み重ねで培ってきたものだと認識しましたし、自分のやってきたことは間違いじゃなかったんだとわかりました。(演技後に涙する場面がありました)6分間練習の時、今まで練習してきたことが出せてすごくうまくいってたんですけど、靴紐が切れてコールされる前にちょっと滑るじゃないですか。そこで何もできなくなって、正直諦めたんですけど、演技終わったあとになんとかなったっていう、演技の内容に満足して泣いた、うれしさの涙とかじゃなく、一気に開放されたというか、安心したというかいろんなものが込み上げてきて、そういう涙でしたね。(やはりプレッシャーはあったか)全日本は全日本のプレッシャーがあるんですけど、東日本はこれで全日本に出るかどうか決まるって試合なのでまた違う種類のプレッシャーがすごくかかっていました。(東インカレが台風で中止)一応東インカレに出るつもりで練習のスケジュールを組んでいたんですけど、滑れなくなってしまったので少し焦りましたね。エッジの研磨の関係とか、どれくらい詰め込んでどれくらい体を休めるかとか、そういうリズムが崩れたのですこし戸惑ったんですけど、やることは変わらないのでそこは上手く自分をコントロールできたかなって思います。(全日本出場を決めて率直な感想)安心感が7割と悔しさ3割という感じですかね。多分明日になったら悔しさがバーーと出ると思うんですけど、とりあえずホッとしています。別にたまたま良かったわけではなく狙ってできたので、不安も特にないですし。ただ点数的には鎌田英嗣くんとわずかの差で負けてしまって、中野耀司くんに関しては完敗なので悔しいところはあります。ずっと3回転3回転のコンビネーションジャンプを封印してきて、全日本ではやるつもりなんですけど今の自分なら挑戦しても崩れることなく同じようにできる自信があります。あと1カ月半くらいですが、3回転3回転を入れてSPもFSも同じようなクオリティでミスなく全てのジャンプがまとまって表現とかにも気を配れるくらい完成度の高い演技を目指したいです。(全日本への意気込み)全日本選手権では点数的な目標は一応180点を目安にしていますが、点数は演技が終わったら勝手についてくるものなので、特に何位を取りたいみたいなこだわりはないです。良いスケートができればなと思います。全日本だからととらわれないであくまでもそこを目標にして、全日本でも他の試合と同じように演技できたらいいなって感じです」

体調不良の中力を出し切った鎌田英
「今日は悔しい部分もありますが、少し緊張してしまって練習通りいかなかったので、やはり前日から体調管理はしっかりとしていかないといけないなと思いました。一昨日熱が出て、今も少し熱があります。SPは本当につらかったのですが、よく自分の中でも集中してできたなと。でも正々堂々と戦えたのは本当にうれしいです。FSは少し体調が良くなったのでよかったのですが、まだまだ実力不足だったというか練習しないといけないことが見えてきたので、都民大会と全日本選手権がこれからあるのでそれまでにまた新しい練習方法を見つけて頑張っていきたいと思います。具体的にはスピードが課題です。とにかくスピードがなくて、どうしても緊張したり、慎重になってしまうとスピードが抑えめになってしまいます。勝手にスピードが出るようなスケーティングと、スピードを出すのが当たり前のようにこれから練習でもスピードをガンガン出してやっていこうと思います。順位的にも少し悔しい部分もあって、点数的にもまだまだ伸びると思うので、これからですね。一番大事な全日本選手権とインカレで点数を出したいので、頑張っていきたいなと思います。全日本選手権ではSPもFSも自分の演技をしっかり大舞台でたくさんの観客がいる中でやりたいと思います」

圧巻のバフォーマンスで会場を沸かせた佐上
「SP終わって12番という位置で、ここで良いFSを滑らないと全日本に行けないと思っていたので、ずっとひやひやしながら滑っていました。でもジャンプ一つミスして転んでしまったけど、その他今シーズンのFSに比べて良かったので、とりあえず今はほっとしています。今日は緊張もして足も少しガクガクしていたのですが、意外と公式練習の時から体が落ち着いていてその分頭もしっかりと付いていけたので、そこがうまくマッチして落ち着いてできたかなと思います。4本目のジャンプで転んだ後も普段なら結構『やばいやばい』となってしまうのに、ああいう状況だからこそ落ち着けたのかなと思います。今シーズンだとSP良くてFS駄目でみたいなことが多くて少し油断してしまうところがあったのですが、今回は追いかける形だったので意外と落ち着いてできたのかなと思います。SPが良くなかったのが逆によかったのかなとも思いますけど、SPがひどすぎたので。今シーズンうまくいってない分少し自信を持てる試合になったかなと思います。SPはミスなく終わるというのを目標にしていて自信はあったのですが、あまり落ち着いてなくて気が抜けていた部分があったのかなと思います。その反省を生かしてFSでは一つ一つ落ち着いてやろうと思いました。今回は全日本に行くという目標でやっていたのであまり点数は気にしていないですが、でも168点は自分としては満足していません。去年とか170、180とか出せていたので、去年より良くなりたいしあまり満足はしていないですね。ステップだったり出来栄え点(GOE)でもっと上げられると思うし、先生にも慎重になり過ぎてスピードが出ていないと言われたので思い切りはいけていなかったのかなと思います。最近3Aの調子が良いので、全日本ではSPとFSどっちにも入れて、表現力の部分も去年より良くなったとみんなに言ってもらえるように頑張っていこうかなと。自分のできることを出し切りたいなと思います」

惜しくも表彰台に届かなかった中野
「今日はとりあえずやり切った感じがあり練習よりは良かったと思ったので、できることはやれたかなという感じです。特に緊張はしなくて、プレッシャーはSPの日はあったんですけど、SPでいい位置つけたのであとはどういう演技をしたら全日本に行けるのかというのを考えてたので、落ちるとか行けるかどうかわからないとかいうプレッシャーとかはなかったです。東インカレが中止になったのは自分の中でうまく調整できる期間になったので、ショックとかにならず東日本に向けて練習できました。東日本に向けてはジャンプの数をひたすら増やして跳べるかなとかじゃなくて確率を上げて、それを曲の中に入れてまとめる演技をできるようにってずっと練習してました。上の順位の人たちはすごく良い演技をしてて構成も全然自分より上のものを持っていたので、見ててもすごいうまかったですし本当にすごいなって思います。4位から下は固まっていて誰が上に行くかわからなかったんですけど、気にしないでやった結果4位になって今はまあ良かったなって思います。やっぱりうれしいですね。去年も出れて、今年は去年よりもレベルが高くなるかなと思っていて、その通りでレベルが高くなって。その中でもいい位置で全日本決められたので今はすごくうれしいです。全日本に向けてはもっとジャンプを増やして、小さいミスを減らしていって完璧な演技がSP、FSでできるように頑張ります。去年はスピンのレベルの取りこぼしとか小さいミスが多かったので、そこをしっかりクリアにして細かいミスをなくしてかつまとまった演技、かつアクセルもSP、FS全部で3本入ってるのでそれを決められればいいなと思います」

FSで大きな巻き返しを見せた大矢
「FSは最初のジャンプから集中して最後までできて、一応ノーミスという形で終えることができたので本当にうれしいです。うれしかったのとSPですごく悔しかったのといろいろ混ざって、自分でも良い演技ができたことに少しびっくりしていたので、終わった後は泣いてはいないけど少し泣きそうでした。今日はスピードも上げられてジャンプの軸も悪くなかったし、ステップも丁寧にできたことが良かったです。ジャンプやスピンでも加点をもらえていたので、そういうところも良かったのかなと思います。東インカレで二つパンクしてしまったので、それをそのジャンプの前に思い出して絶対跳ぶぞという気持ちで力を入れて跳べました。東インカレで失敗してしまった後半を中心に、スピードを上げてというのを意識して、FSを中心にこの何日間か練習していました。SPで結構ひどい点数を取ってしまって順位も12位だったので、全日本行きたかったけどあまり考えずに臨むことができて、それが逆によかったかなと思います。だからSPよりは緊張しなくて、いつも通り練習通りやろうと思ってやりました。全日本に行けることになって、本当にうれしいです。千夏ちゃん(森)とも一緒に行けるのですごくうれしいです。今回はSPで失敗して危ない点数を取ってしまったので、全日本ではまずSPもノーミスできるようにしてFSを滑れるように頑張りたいのと、もしFSを滑れたらFSも今日よりももっと良い演技ができるように頑張りたいです」

初の東日本選手権で2位入賞を果たした森千
「ジャンプは一つパンクしてしまったんですけど、トリプルを四つクリーンに降りることができたので良かったです。(ジャッジスコアが高かったのは)ステップとスピンで、全部予定通りのレベルが取れていたので、そこで点数を稼げたかなって思ってます。(東日本インカレから短い期間での調整)月曜日にちょっと疲れが出たかなって思ったんですけど、火曜日にはいつもの調子に戻せていました。(曲かけ練習について)継続して練習していて、この1週間もやりました。1日に1回はノーミスでできたので、絶対大丈夫だって思って(東日本選手権に)臨むことができました。(初の東日本選手権を終えて)SPもFSも今までで一番緊張しました。全日本選手権への出場が懸かっているのでプレッシャーは大きかったです。スピンとスケーティングは今よりももっと点が取れるようにちょっとでも良くなるようにしたいのと、あとジャンプで3回転3回転とかトリプルループとかを曲に入れられるようにしっかり跳べるように練習したいと思います。(自身の持ち味)スケーティングで最後までスピードを落とさずに滑れるところかなと思います。全日本ではSPで3回転3回転を入れてFSまで進んで、SPとFSでノーミスの演技ができるようにしたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: