検索
 HOME > バレーボール部

バレーボール部  春季関東1部リーグ戦直前インタビュー(2)鳴尾空海、三輪大将

 頂点を目指す。4月7日に春季関東大学1部リーグ戦が開幕する。石川祐希(ラティーナ)世代が抜け混戦が予想される今年の関東大学1部リーグ。昨年の明大は秋季リーグで6位、インカレでは無念の3回戦敗退と満足のいく結果は残せなかった。しかし、秋季リーグでは小川智大主将(政経4=川崎橘)がリベロ賞、OP池田颯太(営2=松本国際・旧創造学園)がベストスコアラー賞を獲得するなどチームは着実に力を付けてきている。それに加えMB三輪大将(政経1=高川学園)ら頼もしい1年生が入部し、チームはますます活気づいている。今回は2日にわたって、新たに就任した鈴木康時監督と新人3選手のインタビューをお届けする。(この取材は3月18日に行われたものです)

[鳴尾空海(商1=習志野)]
──進学理由は何ですか
 高校生の頃から明大バレーボール部を見ていて憧れていました。高校の先輩の中村照悟(商3=習志野)さんやその上にも習志野のOBの方がいたので、高校の先生からも強く勧められて進学を決めました。

──入ってみて雰囲気はどうですか
 もっと上下関係があると思っていましたが、先輩たちも優しく仕事も2年生や3年生が手伝ってくれることもあって、とてもやりやすい環境に置かせてもらっていると思います。

──ご自身の持ち味は何ですか
 サーブカットの正確性です。あまり崩れないのが持ち味だと思います。

──短所は何ですか
 スパイクのレシーブの反応が遅いところです。大学バレーのレベルに全然追い付けていないので、これから練習していきたいと思います。

──自身はどのよう性格ですか
 あまりコートで声を出すことは今までやっておらず、どちらかというと冷静にやっていました。今年のチームはかなり声を出してやっているので、そこは合わせられるようにしたいと思います。

──春リーグで出場をしたらどのようなプレーをしたいですか
 チームに智(小川)さんという1部のリベロ賞を取り、ジャパンにも入る大きすぎる存在がいるので、自分がもし入ったとしてもそれ以上とはいかないですが、智さんがコートにいるときと変わらないプレーはしたいです。雰囲気的な問題はちょっと4年生と1年生というのもあって難しいと思いますけれども、プレーで貢献したいです。

──1年間の目標は何ですか
 今年は智さんから同じポジションとしていろいろ教わって、来年以降の自分に生かせるようにしたいです。あとは基本的なオーバーパスやフィジカル的な部分も意識してやっていきたいと思います。

[三輪大将(政経1=高川学園)]
──進学理由は何ですか
明大は雰囲気も良く設備が整っていて、上を目指せると思い進学しました。

──ご自身の持ち味は何ですか
高さのあるブロックとスパイクです。

──長所は何ですか
誰にでもコミュニケーションを取れることです。瀧田(大輔・商2=洛南)さんと仲がいいです。

──短所は何ですか
面倒なことはすぐにしないことです。

──春リーグの目標は何ですか
試合に出て新人賞を取りたいです。

──1年間の目標は何ですか
誰にも負けないミドルブロッカーになることです。

[前田拓磨・大西健太]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: