検索
 HOME > 硬式野球部

進化した打撃でチームを引っ張る逢澤


東京六大学野球 2018〜春〜  (2)開幕前インタビュー 逢澤崚介  

 常勝復活へと歩みだす。昨年は春5位、秋2位と優勝を逃した。それだけに今年は、早春にはアメリカキャンプも決行するなど、優勝への思いは一層強い。3季ぶりの頂点を目指し、スローガンである“奪冠”の実現へ向けた戦いに挑んでいく。

(この取材は3月24日に行われたものです)


逢澤崚介外野手(文4=関西)
――冬に取り組んだことを教えてください。

 「バッティングに重点をおいて、飛距離やスイングスピード、ミート力を上げる練習など、打撃面を重点的にやってきました。三振が減って捉える確率が上がったというのを実感してますね。冬に振り込んだことでの自信というのもありますし、技術的にもファウルを打つことが身についたからだと思います。追い込まれてからの空振りが減りました。2ストライクまでは自分のスイングをするので、空振りもあります。追い込まれてからはポイントを近づけてファウルを打つようにしています」

――チームとして変わったことはありますか。
 「リーグ戦の経験者は多いので、指摘の声というのが増えてるのは試合中にも感じますね。
(アメリカでの変化)レベルの高い環境でみんなが競争心を持ってやれたのは、プラスになったと思います」

――アメリカ野球と日本野球の違いを感じましたか。
 「アメリカの野球はパワー野球なので少々詰まっても外野の頭を越えていくバッティングは日本と違うと思いました。(参考にしたいと思ったこと)みんな打撃のポイントが近いんですよね。だから追い込まれてもファウルを打ててボール球を振らなかったり、そこの技術はすごいなと感じました」

――学年が変わったことでの変化はありましたか。
 「これといって変わっているわけではないですけど、明治にいいものを残して卒業したいので、同級生や後輩を背中で引っ張りたいです。試合に臨む姿勢も見せていきたいと思います」

――今年のチームの特徴を教えてください。
 「去年までは投手力中心だったんですが、下の学年のピッチャーが多い分今年は上級生が打って助けてあげたいので、打撃が中心のチームをつくっていこうと思っています」

――春リーグのキーマンは誰ですか。
 「森下智之(文4=米子東)です。同じ中国地方、文学部で自分は仲がいいので、活躍してほしいです。努力家な部分も見てきているので、結果を出してほしいと思います。(どうして伸びたのか)元々ポテンシャルが高いので、自信を持って打席に立っていることが結果につながっていると思います」

――チームの守備の状態を教えてください。
 「佳明(渡辺内野手・政経4=横浜)のショートが様になってきました。最初はサードの動きが身に付いていましたけど、だんだんショートの動きになってきているのでリーグ戦でも無難にやってくれると思います」

――今年の六大学で意識する投手はいますか。
 「法政の菅野(秀哉)と森田(駿哉)です。(対戦した印象)菅野は打ってないです。いい球投げます。森田は大学では対戦してないですけど、甲子園で最後の夏に負けたピッチャーなので、打って大学生活を終えたいです。(菅野の打ちにくいと思う部分)角度のある力強い真っすぐを中心に組み立ててくるので、それを打つためにスイングスピードを上げてきたつもりです」

――今年の目標をお願いします。
 「チームが勝つことが一番です。個人的にはずっと言ってますけど首位打者を取りたいと思います。チームにプラスになるような打撃ができればそこにつながってくると思います」

――今シーズンの意気込みをお願いします。
 「勝つことには貪欲でありたいと思います。四冠とか、そんな先を見据えていないです。春の選手権で優勝しないと四冠は見えないのでとりあえず春勝つことを目標にしていきたいです」

――ありがとうございました。

[曽布川昌也]

●東京六大学野球 2018〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: