検索
 HOME > 硬式野球部

今季こそ正捕手として定着を目指す


東京六大学野球 2018〜春〜  (4)開幕前インタビュー 氷見泰介  

 常勝復活へと歩みだす。昨年は春5位、秋2位と優勝を逃した。それだけに今年は、早春にはアメリカキャンプも決行するなど、優勝への思いは一層強い。3季ぶりの頂点を目指し、スローガンである“奪冠”の実現へ向けた戦いに挑んでいく。

(この取材は3月24日に行われたものです)
氷見泰介捕手(政経4=豊川)
――このオフで新たに学んだことはありますか。

 「アメリカで、今までだったらこうという球をメジャーの選手がすぐ打ったりとか、逆に違うこと試しててうまくいったこともありました。力があるバッターに対しての攻め方の幅が広がったので良い経験だったと思います」

――スタメン出場されていた昨春リーグ戦では捕球を課題としていました。
 「そこもキャンプとか昨季に自分で原因を突き止めたりしてきて。ワンバンギリギリの球を止めるだけじゃなくて取ってしまう方がいいのかとか、今はまた違った課題も見えてきて。まだ時間はあるので練習していきます。それなりにやってきているので、前回よりは良くなってると思います」

――大半が後輩とのバッテリーになると思いますが、何か気を遣ってることはありますか。
 「1、2年生にはタイム掛けるのを1個早めたり、さすがに心掛けたりするんですけど、3年生はないですね。今までバッテリー組んできて傾向も分かってるのでそこは変に気遣わず、イニングの間の意思統一とか普通のことだけしてます」

――レギュラー争いについてはどう思っていますか。
 「4年生が、ということを言われるチームなので自分が出て優勝したいという気持ちが強いです。ベストは4年生全員スタメンで、有終の美じゃないですけどそうなれるように。みんな強い気持ちを持っていると思うので、自分も負けずに優勝の輪の中心にいれるようにしたいです」

――「ベストは4年生全員スタメン」について詳しくお聞かせください。
 「いつも首脳陣からは『4年生次第だ』と言われます。野球の面でもそれ以外でも4年生がしっかりしたチームが強いと思います。4年生の姿を後輩は見ているので、4年生が楽していたりすると雰囲気も良くなかったり、野球以外の面で凡ミスが出ます」

――善波達也監督はキャッチャーは生活面が特に大事だとおっしゃっていました。
 「キャッチャーが司令塔として指示を出すので、ちゃんとしていないと信頼関係は生まれないですし、野球だけやってれば信頼を勝ち取れるわけじゃないと思うので。自分もうまくいってない時は原点に戻ると生活がちゃんとできてない時ですし、チームとしてもグラウンド整備や道具関係が乱れてる時はうまくいかない。それは昨年1年間で自分たちが経験してきたので、特に4年生、キャッチャーというポジションとしてしっかりしなきゃいけないと思います」

――4年生レギュラーと言うと坂本誠志郎選手(平28文卒・現阪神タイガース)や牛島将太選手(平29営卒・現JR九州)が連想されますがそのような選手を目標にしていますか。
 「そうですね。特に牛島さんの場合ずっと部屋も一緒で、近くで姿を見てきましたし話してきたりもしていました。あの人もずっと誠志郎さんがいて出れなかったのにラストシーズン大活躍したので、本当に気持ち次第かなと。その背中を見ているのでそれに追い付いていきたいです」

――リーグ戦までの残り期間でどのようなことを行っていきますか。
 「実戦の対応力を伸ばしていきたいと思います。場面場面での確率を上げていかないといけないので。あとはアウトの取られ方とか、うまく回るために犠牲になれるか、というチームバッティングをやっていってリーグ戦で嫌だなと思われるチームになりたいと思います」

――来季の意気込みを教えてください。
 「まずシーズン通して全部出て、結果ベストナインを取るのがベストですね。最後の春なので優勝しか目指してないです」

――ありがとうございました。

[三ツ橋和希]


●東京六大学野球 2018〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: