検索
 HOME > 硬式野球部

打者としての才能も発揮する森下暢

硬式野球部  難敵・小島を攻略! 早大の追撃振り切り勝ち点奪取/東京六大学春季リーグ戦

◆4・14〜6・3 平成30年度東京六大学春季リーグ戦(神宮球場)
▼4・30 対早大3回戦    
 〇明大9―4早大

早大|000 040 000|4
明大|510 030 00 ×|9

(明)○森下暢、磯村、伊勢、橋裕―西野
(早)●小島、早川、今西―岸本
【安】(明)11(早)8
【二】(明)西野(3回)、森下暢(5回)、渡辺佳(8回)
   (早)福岡2(1回、4回)、檜村(5回)、鈴木萌(5回)
(明)◇併殺2 ◇残塁7 ◇盗塁0 ◇失策2
 早大1回戦の借りを返した。明大は初回に森下智之内野手(文4=米子東)の適時打などで5点を先取。相手エース・小島和哉(早大)対策として「甘い球を逃さない」(森下智)ことで意思統一したことが功を奏した。その後も小刻みに得点を積み重ね、計9得点。リーグ屈指の強力打線は健在だ。

 打者としてのセンスも抜群だ。2回までに6点の援護を受けた森下暢仁投手(政経3=大分商)は初回からテンポのいい投球を披露するも、5回に連打と味方の失策が絡み4失点。しかしその裏の攻撃、1死一、三塁の好機で打席が回ると、小島のカーブを捉え左越え2点適時打を放った。投手ながら現在の打率は6割2分5厘。打者・森下暢≠ェ自らのバットで早大の反撃ムードを断ち切り、今季2勝目を挙げた。

 王座奪冠≠ノ向け戦力は十分だ。第3週を終え、リーグトップのチーム打率・3割5分0厘を誇る明大打線。打ち勝つ野球で初回から流れをつくっていく。投手陣ではチーム最多の4試合に登板し、指揮官が「本当に頼もしい」(善波達也監督)と絶大な信頼を置く磯村峻平投手(文1=中京大中京)の活躍が著しい。次カードは昨春王者の立大。この勢いのまま勝ち点を取り、優勝戦線に残りたい。 

[桐山雄希]


試合後のコメント
善波監督
――磯村投手が三連投ながら好投を見せました。

 「本当に頼もしいよね。今日も点をやっていいよと出しているけど0で帰ってきたもんね」

吉田有輝主将(商4=履正社)
――2日連続勝ち試合となりました。

 「(1戦目を受けて)野手の気持ちに火が付いたんだと思います。自分の与えられた役割をみんながきっちり果たせる良いチームになっていると思います」

森下智
――好調を維持されていますが。

 「コーチの方にフォームを修正するようにアドバイスをもらって、それがはまったという感じです。左の腰が下がって右側に浮くので、それが平衡になるようにしました」

森下暢
――今季2勝目を挙げました。

 「自分が勝っていかないとチームも勝っていけないので、しっかり勝って次につなげていきたいと思います」

磯村
――立大で警戒している打者はいますでしょうか。

 「特にはいないです。一人一人任されたところを抑えるだけです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: