検索
 HOME > スケート部(スピード部門)

スケート部(スピード部門)  小原アピールならず。厚い世界への壁/ワールドカップ

◆12・12〜13 ワールドカップハルビン大会(中国・ハルビン)
▼1000m(1日目)
1位ナイエンハース(オランダ)1分10秒22 2位キパース(オランダ)1分10秒74 3位小林(山形県体育協会)1分10秒76 19位小原(政経3)1分12秒92
▼1000m(2日目)
1位ナイエンハース(オランダ)1分10秒97 2位ウェンネマルス(オランダ)1分10秒63 3位ファンフェルデ(オランダ)1分10秒69 15位小原 1分11秒75
先週のワールドカップ長野大会を16位とやや不本意な形で終えてしまった小原。今回こそ世界の舞台でアピールしたいところだったが、順位は伸びずに終わった。今後は一度国内に戻っての戦いが続くが、小原には後半戦のワールドカップ代表にも確実に入り、活躍することが求められる。



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: