検索
 HOME > ラグビー部

久しぶりの練習に緊張感が漂う


八幡山日誌  (36)3月1日 杉本組始動!  

 本日より杉本(晃)主将(政経3)が率いる、新チームの練習が始まった。1月2日の大学選手権準決勝以来の練習ということで、走りこみ中心の軽めの調整。それでも「久しぶりの練習なのできつかった」(奥田・政経3)と、選手たちは辛そうな表情を浮かべていた。
 これから春のオープン戦や秋の対抗戦に向け、本格的に始動した杉本組だが、ラグビー勘を取り戻すためにも、フィットネスやストレングスの強化などといった基礎的なトレーニングが重要になってくる。シーズンはまだ始まったばかりだが、杉本(晃)主将の下で、今年こそ対抗戦・大学選手権優勝を目指す。


〜練習後のコメント〜


藤田ヘッドコーチ
「練習初日に選手たちのフィットネスの確認をしたが、やはりぜんぜんできてなかった。今年は強くて、重くて、走れて、さらに速いチームを目指す」

奥田(政経3)
「きつかった。本格的な練習は2ヶ月ぶり。3月いっぱいはフィットネスや走力の強化をしていく。杉本(晃)主将は、口でというよりもプレーで引っ張っていく人間だと思うので、それができれば僕も含め選手はついていくと思う」

西原(政経2)
「オフ中にみんなあまり動けていなかったみたいで、しんどい練習になってしまった。急ピッチでこれから仕上げていく予定。先輩もいろいろ話し合っていたみたいなので、自分たちは必死についていきたいと思う」

このページでやって欲しいという要望や感想など何かありましたらメールにてお知らせください。
[薦田弘隆]

●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: