検索
 HOME > ラグビー部

今年はさらなる高みを目指す


八幡山日誌  (37)3月4日 山本(政経3)日本代表セブン  

    
 今回明治から山本紘史が日本代表セブンズスコッドに選出され、2月28日〜3月2日まで辰巳の森海浜公園ラグビー練習場で行われた、7人制日本代表「香港・アデレードセブンズ スコッド合宿」への初参加を果たしました。惜しくも代表の座は逃したものの、合宿での貴重な経験を語ってもらいました。



――合宿に参加して15人制と7人制の違いは実感しましたか?
 自分はもともと7人制はほとんど初心者なので、慣れることに精一杯でした。
 グラウンドを7人で守らなきゃいけないのでコミュニケーションが重要だと言うことを実感しました。


――今回の合宿で得たことはありますか?
 良い経験になりました。スペースに入るスピード、 DFのプレッシャーのかけ方などが勉強になりました。特にDFについてはチームに戻っても還元できる と思います。


――合宿で目標とする選手はいましたか?
 日本IBMビッグブルーの竹山さんです。竹山さんと話せてプレーも見れて良かったです。 


――最後に今年の抱負をお願いします。
 早く相手に負けない体を作って、最後だからみんなを引っ張ってチームをまとめられる存在になりたいです。


◆山本 紘史 やまもとひろし 政経3 樹徳高 182p. 92s ポジション:FL

このページでやって欲しいという要望や感想など何かありましたらメールにてお知らせください。
[構成 不動地由香]

●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: