検索
 HOME > ラグビー部

念願の代表入りへアピールした川俣(右)

ラグビー部  代表入りへ川俣猛アピール/日本代表セレクションマッチ

◆11・8 日本代表セレクションマッチ(秩父宮ラグビー場)
▼チームA28{21−7、7−21}28チームB

◆スコア◆
チームA
チームB
前半後半得点前半後半
PG
DG
2121
28
合計
28
 秩父宮ラグビー場で行われたセレクションマッチ。この試合で22日に行われるアメリカ戦のメンバーが決定する。本学からは川俣直樹選手(平20政経卒・現三洋電機ワイルドナイツ)、また川俣と同世代では、畠山健介選手(サントリーサンゴリアス)、堀江翔太選手(三洋電機ワイルドナイツ)、出場した。

前半はリザーブスタート。そのため試合を観ながらアップを行い後半から満を持して出場をした。川俣が属したBチームは後半驚異の追い上げ、同点で試合は終了した。

 試合後、日本代表監督のジョン・カーワン氏は「今日は若手が若手と思えないほど動けていた。今日は経験を積ませるためにも、若手選手を出した」と語った。結果は後日発表される。

[不動地由香]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: