検索
 HOME > サッカー部


サッカーNavi  (21)盛り上がり見せた2日間  

 リーグ戦も終わり4年生は引退。しかし29日には学年対抗戦が、30日には親子サッカー大会とBBQ大会が行われた。

 リーグ戦を終え、今季の公式戦を全て終了した本学は、部内学年対抗戦を行った。1〜4年生までそれぞれが学年ごとにチームを作り、前後半10分のミニゲー
ムを総当たりで行われた今大会。ミニゲームに取り組む選手たちの表情は穏やかで、笑顔の絶えない1日となった。

親子で楽しい時間を過ごした
親子で楽しい時間を過ごした
 最初に行われた3年生対2年生の試合では、今西(商3)の強烈なボレーで先制した3年生が上級生の貫禄を見せ、2‐0で勝利。続く2試合目、4年生はDF近藤(営4)をGK、FW林(商4)をDFで起用し、普段とは違ったポジションを見せる。しかしその不慣れなディフェンス陣を攻め立てた1年生が最上級生から勝利を奪った。この勝利で勢いに乗った1年生は次の試合でも3年生に勝利。優勝に王手をかけた。4試合目では2年生が4年生を破り、初勝利。1年生対2年生の下級生対決は、指を負傷中のGK高木(文1)をFWで起用した1年生に軍配が上がり、見事全勝で優勝を決めた。そして最終戦、4年生と3年生の一戦は、ここまで未勝利だった4年生が野沢(政経4)のゴールでこの日初めての勝利を収めた。

 この日、選手たちは6試合全てで白熱した素晴らしい戦いを見せてくれた。いつもと違ったポジションで参加した選手たちも、センス溢れるプレーで大いにギャラリーを沸かせた。また1年生の活躍は目覚ましく、神川監督も「1年生は技術がある」と舌を巻いたほどだ。今回のイベントは楽しむためのもの。しかしその戦いぶりからは、下級生の頼もしさが感じられた。




近藤と平井のものまねが会場を沸かせた<br>
近藤と平井のものまねが会場を沸かせた
〜コメント〜
・神川監督
「みんな楽しくできたと思う。とにかくケガがなくて良かった。(最後のミーティングでは)4年生にお疲れさま、と伝えた」。
・林
「最後にみんなとできて楽しかった。色んなポジションをやれて、色んな角度から見ることができた。でも慣れないポジションは、やっぱり難しかった。いい経
験になった」。
・高木
「ストレス発散になった。がむしゃらに体を動かしたかったので、楽しかった。勝てたのは嬉しかったけど、先輩の目が恐くて素直に喜べませんでした(笑)」。



 学年対抗戦の翌日には、恒例となった親子サッカー大会とBBQ大会が行われた。

 朝10時から始まった親子サッカー大会。親子で息の合ったプレーや、思わぬファインプレーで盛り上がりを見せた。そして決勝に進出したのは林率いる赤チームと橋本(政経4)と近藤率いるグレーチーム。審判は夏同様にイタリア人元審判のコリーナ氏に紛した石田(政経4)だ。さらに今回は副審として坊主のカツラを被った近藤と村松(政経3)も登場し、部員はもちろん父兄も大笑い。決勝の試合は3人の演出により最高の雰囲気で行われ、PK戦までもつれこむ接戦となった。サドンデス形式のPK戦の結果優勝したのは、「絶対優勝するぞ」と意気込んでいたグレーチーム。表彰式では林家から提供された景品も渡された。

 午後にはBBQ大会が行なわれ、寒空の中も終始笑顔が絶えなかった。マネジャーや父兄によって用意された鍋をつつき親睦を深めたサッカー部。そしてこの日一番の盛り上がりを見せたのが学年対抗10番勝負だ。アイス早食い競争やロシアンルーレットなどに選手、スタッフ、父兄が参加した。またラストの一発芸では4年代表の近藤、平井(政経4)がそれぞれ神川監督と田中コーチのものまねを披露し会場を沸かした。また最後には来年の主将となる田中(政・営3)と副将の村松、都丸(政経3)が正式に紹介され、「今年はインカレに行けずに悔しい思いをした。だから来年はこの悔しさを晴らしたい」(田中・政)と決意を表明した。

 回数を重ねるごとに参加する父兄の人数も増え、盛り上がりを見せているBBQ大会。実行委員長を務めた近藤も「こんなに集まってくれてありがたい」と、この日の成功をよろこんだ。また始笑顔の絶えなかったこの日の様子からは、部員から父兄への感謝の気持ちも伝わったことをうかがわせた。4年生にとって最後となるBBQ大会。1年の締めくくりを終えた部員たちは、気持ちを新たに来シーズンに挑む。

[中宗大地、西川祐美]

●サッカーNaviのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: