検索
 HOME > 準硬式野球部

攻守にわたり活躍した相沢

準硬式野球部  接戦制すも投打に課題残る・・・/オープン戦

◆3・16 オープン戦(明大東府中グラウンド)
▼○明大2−0都留文大
 オープン戦3試合目の都留文大戦。本学は4回に挙げた相沢の本塁打による2点を3人の投手リレーで守りきり、完封勝利を収めた。

 今日の先発は前回の登板に続き、西(農2)。西は毎回のようにランナーを許すものの、要所を抑えたピッチングで相手に得点を許さない。それに応えたい打線であったが3回まで相手投手を攻略できず、スコアボードにはゼロが並んだ。

 試合が動いたのは4回だった。ライト前ヒットで出た江川(法3)を1塁において、6番・相沢(商3)が「久々の会心の当たり」という一撃を左中間へ叩き込み先制。この流れに乗っていきたい打線であったが、その後は沈黙。

 一方、守りでは6回から投手が岡田(淳・営1)に交代。岡田(淳)はコントロールに苦しみながらも切れの良い変化球で2イニングを無失点で抑えると、8、9回は井上(農3)がエースらしい危なげないピッチングで試合を締めた。

 今日の試合では完封勝利を挙げたものの、得点は本塁打による2点のみと攻撃の内容が物足りなかった。公式戦に向けて残りのオープン戦での打撃の復調、また新戦力となりうる選手の台頭に期待したい。

〜試合後のコメント〜

相沢主将
「今日の試合ではヒットは出ていたが、なかなか打線が続かず点数に結び付けられなかった。また投手陣はもっと変化球の制球力を上げていく必要がある」

織田(営3)
「ここ数試合バッティングの調子は良い。今年はチームに貢献するということを昨年以上に意識し、全日本優勝を目標にやっていく」

井上
「コントロールがよく抑えることができた。相手の雰囲気に流されないようにした。ほかの投手を見ていたら、西も今後いいバッターと対戦したら2、3点は取られる。岡田(淳)もまだコントロールが足りない。自身が持つ課題に取り組むことと、調整の頑張りが大事。自分は9イニング投げられる体力をつけて投げていきたい」

古城(政経2)
「今日も全然だめ。相手投手は以前対戦してよかったイメージがあったが、そこまでの苦手意識はなかった。練習はしっかりしているが、結果がついていない。まだオープン戦なので、先の東京六大学トーナメントや関東地区大学選手権に、調子を最高潮に持っていきたい」

江川
「以前対戦したときより相手投手がよくなっていた。今日も安打が1本出て調子は上がってきている。関東地区大学選手権はどこと対戦してもライバル。自分次第でどれだけよくなるか悪くなるか変わってくる。4番として頑張る」

柿木
「オープン戦でいい投手と対戦できることほどいいことはない。今日は2点差だったが、1個の失敗で流れは変わってしまう。打撃はまだ甘い球を見逃してしまって、いい反応ができていない。守備にもまだ不安があるので、守備で迷惑を掛けないようにしたい」

☆オープン戦情報☆


◆3・17 オープン戦 対青学大戦(明大硬式野球グラウンド)10時開始予定


[大嶋悠人]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: