検索
 HOME > 準硬式野球部

3塁打を放ち、笑顔を見せる静光(政経2)

準硬式野球部  終盤にひやひや…早大に辛くも勝利/東京六大学トーナメント

◆3・21〜22 東京六大学準硬式野球トーナメント(早大東伏見グラウンドほか)
▼3・21 準決勝 対早大戦(早大東伏見グラウンド)
○明大7−5早大
 数試合のオープン戦をこなして迎えた今季初の公式戦。早大との準決勝で終盤にひやりとする場面も見られたがなんとか勝利。大会3連覇へ王手がかかった。

 先発はこれまでのオープン戦で先発経験がなかった岡田(淳・営1)。初回に1点を失うものの、その後は立ち直り、緩急をつけたピッチングで早大打線にスキを与えない。

 一方の打線は、1点を取られた直後、長谷部(広陵高)が死球で出塁。続く松下(商1)のバントと、相手のパスボールで3塁まで進むと、3番・小林の二塁手の頭を越える幸運な安打で長谷部が生還、すぐに同点に追い付く。3回には4者連続安打と相手のミスも絡み、一気に4点を挙げ5−1とする。その後も小刻みに得点を重ね、7回までに7−1として快勝は確実と思われた。

 ところが、8回にここまで好投を見せてきた岡田(淳)が早大打線につかまる。岡田(淳)は「最後に集中が切れてしまった」と3四死球を与えた上に、連打を浴び7−5と2点差まで追い上げられる。なおもピンチでレフト前ヒットを打たれるが、レフトの小林がホームに好返球。ランナーを刺しピンチを切り抜けると、9回は富井(営2)が3人で締めて試合終了。辛くも勝利を収めた。

 岡田(淳)は8回に得点を奪われた以外は、オープン戦で見せた本来のピッチングを見せた。また、連続してヒットが飛び出すなど、打線のつながりもオープン戦のときより向上していた。本学は大会3連覇を達成すべく、法大との決勝戦に臨む。かねて法大とは数々の名勝負をしてきた本学だけに、この試合でも勝利してほしい。

〜試合後のコメント〜
大竹監督
「8回の4点が余計だった。点差がついてしまったことで気を抜いたプレーや、気の緩みがあったのではないか。今日は下級生が活躍した点で収穫。今日のような気の抜いたプレーをせず、気を引き締め直して臨む。法大とは2、3点の勝負だから、守り勝つ野球をしたい」

相沢主将(商3)
「とりあえず勝てて良かった。打線がつながった。エラーでも何でも点を取れればいい。形は関係ない。これからも貪欲(どんよく)に点を取りにいく。(4点取った回は)打線がつながった。打つ方は最初は堅かったけど、徐々に良くなった。岡田も初回以外は冷静に投げてくれた。テンポ良く投げて、フォアボールも簡単に出さなかった。岡田が良かったから打つ方にもつながった。明日、勝ちます!!」

笠原(政経3)
「練習やオープン戦ではあまり声が出ていなかったが、今日はよく出ていた。岡田(淳)に関しては、投げても3、4回ぐらいが多かったが本人が『いける』と言ったので8回まで投げさせた。法大と自分たちを比べて戦力的には負けていないし、今日みたく楽しみながらも勝ちたい」

岡田(淳)
「最後に集中が切れてしまった。最初は低めにボールが集まっていた。スライダーを中心に投げたのでストレートが生きた。今はコントロールが悪いので、コントロールを意識して練習に取り組んでいる。関東地区大学選手権が近いので、明日勝ってリズム良く大会に臨みたい」

松下
「もともと自分はつなぐバッターなので、バントとかで送ったりするのが自分の役目。明日はたくさん点を取って、少ない点数で相手を抑えたい」

長谷部
「バッティングは特にどうこうってことはない。一方、エラーで流れを変えてしまったことはいけない。いらないエラーをなくして、いい流れでヒットが打てればいい。1番という打順なのでフォアボール、デッドボールなど、どんな形でもいいから出塁したい。フォアボール、デッドボールで出塁すればヒットと同じ。それを考えれば、今日の1、2打席で出塁できたのがよかった」

〜明日の試合〜

◆3・22 東京六大学トーナメント(法大多摩グラウンド)
▼決勝 対法大戦 10:00開始
〜会場へのアクセス〜
京王線めじろ台駅から「法政大学」行き京王バスで15分、そこから徒歩10分

[河合直樹]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: