検索
 HOME > 明大スポーツ


もうひとつのホイッスル  (1)6月の花嫁の悩みの種  

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。

 第1回となる今回は、入部してまだ2ヵ月しか経っていない1年生部員のフレッシュな作品を掲載します。

 <思い切り愛されたくて駆けてゆく六月、サンダル、あじさいの花>さりげない6月の日常を描写した俵万智の短歌である。解釈はひとそれぞれだが私には長雨によるじめっとした重苦しさと、軽快に跳ねるサンダルや幸せそうな女性の対照的な情景が目に浮かぶ。ひょっとすると幸せそうにはしゃぐ彼女はジューンブライド(6月の花嫁)なのかもしれない。

◆諸説あるが、ローマ神話のジュピターの妻であったジュノーが結婚生活の守護神であり、6月の英語名juneがジュノーの名から取られたことから、6月に結婚した花嫁は幸せになれるということらしい。梅雨のこの時期、結婚式を控えた花嫁を毎年のように悩ませるのは雨であるが、今年の悩みの種はそれだけではなさそうだ。

◆「今月友人の結婚式が海外で催されるのですが大丈夫でしょうか」現在全世界で流行の兆しを見せている新型インフルエンザの影響で列席者からは不安の声が上がっている。厚生労働省は「流行地への渡航、人込みや繁華街への不要不急の外出を控えること」としているが、結婚式ともなれば話は別だ。万一感染者が列席すると、式の性質上大人数が一度に密集することや、披露宴中にマスクができないことから、二次感染の危険性は高まる。

◆体調に異変を感じる者は、この程度ならと高をくくっていてはいけない。6月の花嫁の幸せを願って式を欠席する勇気も必要だ。世界中で雨が降っている今だからこそ自を固めることが要求される。

[社川拓人]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: