検索
 HOME > 大学情報

大学情報  和泉三省堂、梅雨の季節売れた本は……

 
 6月も過ぎ、梅雨の季節もそろそろ明けそうだ。雨の中で読書がはかどった学生も多いだろう。そこで、和泉校舎三省堂書店店長の飯田さんに6月はどういった本が売れたのかを聞いてみた。


 「6月は簿記の試験があり、また、簿記の本を出版している4社が15%オフのフェアもしたことにより売り上げが伸びました」。時代はやはり安定志向なのか……。資格に飢えている学生の姿が目に浮かぶ。また飯田さんは「それと村上春樹さんの『1Q84』は社会現象にもなっているので良く売れました。普段でも村上春樹さんの小説を買っていく人がおり、明治には村上ファンが多いですね」。


 学生にとってもうすぐ始まるテスト期間が終われば長い、長い夏休みがやってくる。「長い休暇を利用して、北方謙三さんの『水滸伝』などおすすめですね。学生さんも普段は忙しいと思いますので、こういった長編小説をじっくり読むことはいいですよ」と飯田さんは語った。約2カ月にも及ぶ夏休み。遊びだけでなく、読書もしてみてはどうだろうか。

[臼井俊文]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: