検索
 HOME > 硬式野球部

一つ一つの質問に丁寧に答える村方


ボールパーク便り  ルーキー特集(4)総合力Nо.1ピッチャー 村方友哉  

 毎年恒例ルーキー特集。今年は約30人のルーキーが明治の門を叩いた。その中でも注目の選手たちを全9回に分け、掲載していく。
 高校時代は熊本・城北高のエースとして、チームを春夏連続甲子園出場へ導いた。2年時には熊本県大会でノーヒットノーランを達成。低めに集める速球と多彩な変化球、ピンチでも動じない冷静さが武器だ。

 明治入学の理由を聞かれ「中学生の時から六大学でやりたいと思っていた」と答えた村方(営1)。自分の意志を貫く強い気持ちを持った選手である。

 村方の神宮初登板は春の開幕直前に行われた社会人対抗戦である。3番手として登場し、2回を無失点に抑え、勝ち投手となった。レベルの高い社会人相手に野村(商2)、隈部(商2)のあとに起用されたことからも周囲の期待がうかがえる。

 新人戦では準決勝の早稲田戦に5回から2番手として登場。5、6回は無失点で切り抜けるが7回、地引(早稲田)に3ランホームランを浴び降板。2回1/3を投げ3失点とほろ苦い公式戦デビューとなったが、明治を引っ張る若い投手陣に割って入る実力は充分持っている。
 
 村方は高校と大学の違いを「個人の意識の高さ。自分がやるかやらないかで変わる」と話した。その言葉からは固い決意が感じ取れた。今は「しっかり投げ込んで大学レベルにもっていきたい」と体づくりに励んでいる。今後の目標は「ベンチに入って日本一になること」。中学生の時の「六大学でやりたい」という目標を達成した村方なら、きっと日本一になるという目標も達成してくれるだろう。

◆村方友哉 むらかたともや 営1 城北高出 179cm・75kg 右/右 投手

[熱田祈子]

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: