検索
 HOME > 硬式野球部


ボールパーク便り  一つ目の山場へ向け打撃強化  

◆9・24 通常練習(明大グラウンド)
 連休明けの憂うつさとともに訪れたボールパーク。宿敵・早稲田との対戦を前に、いつものように練習に励む選手たちの姿があった。この日から後期の授業開始ということもありグラウンドは少し寂しい気もしたが、人数が少ない分、より密度の濃い練習に取り組めたようだ。

 早朝には早稲田戦のビデオを見ながらミーティングを行い、戦い方を確認した。グラウンドでは、打撃に守備にバランスよく調整。フリーバッティングでは、厳しめのボールを見極めるなど実戦を意識して取り組んだ。また、多田(政経4)、謝敷(商3)らは全体練習終了後、居残りで打撃を鍛えた。好調の多田に加え、立教戦では無安打の謝敷に当たりが出るようになれば、得点力倍増が期待できる。

 次のカードに向け「(早稲田だからといって)変な意識をせず、きちっと力を出せばかなわない相手ではない」と善波監督。選手も「今週末が勝負」(多田)、「次こそ勝ち点を取りたい」(野村・商2)と気合十分だ。空き週を前に立ちはだかる大きな山場を乗り越えれば、一気に波に乗ることができる。3季ぶりの天皇杯奪回に近づくためにも、気持ちよく“稲刈り”をしたい。


〜監督・選手のコメント〜

善波監督

「(立教戦では)2戦目の途中まで変な冷静さがあって、相手の気持ちに押し込まれてしまった。そこで気持ちの置き場所が確認できたから、次はいい感じで試合に入れるだろう。(次戦は、早稲田だからといって)変な意識をせず、きちっと力を出せばかなわない相手ではない。明治のユニホームのプライドをしっかりもってやれば勝ち点が取れる。というより取らなきゃいけない」

多田
「(開幕戦黒星だったが)初戦でかたくなっていた。気を落とさず3戦目につなげようという気持ちだった。試合を重ねるごとにほぐれてきた。(3戦目はタイムリーヒット)自分の打撃ができていたので、チャンスで回してもらって気持ちが入った。(早稲田戦に向けて)今週末が勝負。今までやってきていることをやって、勝つだけ」

野村
「(開幕戦黒星だったが投球の調子は?)いつも通り。悪くなかった。(3戦目の投球について)要所要所で締められたので良かった。(夏の成果は見えたか?)コントロールや球のキレが良くなった。(次は今春リーグ戦初黒星を喫した早稲田戦だが)一度負けているので同じことを2回しないようにしたい。次こそ、早稲田から勝ち点を取って(今後のリーグ戦を)いい流れでいきたい」

〜試合情報〜

◆9・26 第2試合 対早稲田1回戦 13時00分頃試合開始
◆9・27 第1試合 対早稲田2回戦 10時30分試合開始
(どちらも神宮球場)

会場アクセス
JR中央総武線各駅停車「信濃町」駅から徒歩12分
東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩5分

[橋本美由]

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: