検索
 HOME > 明大スポーツ


もうひとつのホイッスル  (4)本当に大切な場所  

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。

 街を歩けば金木犀の香りに出会う、そんな季節がやってきた。とてもいい香りが街に漂う。わたしはそんな金木犀の香りを嗅ぐと、小学校時代を思い出す。

◆総人口約3000人の村で育ったわたしは、常に自然と触れ合いながら育ってきた。春にはサクラ、夏にはひまわり、秋には紅葉、冬には真っ白な雪。今思えば四季を体で感じて成長してきたのだと分かる。同級生20人全員の仲が良く、学校が終われば皆一緒に外で遊ぶ。そのころは意識していなかったが、紅葉の季節にはいつも金木犀の香りとともに遊んでいた。

◆明治大学が行きたい大学No.1に選ばれた。関東の高校生へのアンケートで出た結果だそうだ。名誉なことだが、本当の良し悪しは行ってみなければ分からない。通って良かったと思えるのはどんな学校なのだろうか。

◆金木犀の香りで小学校時代を思い出し、あのころは良かったなと今さらながら思える。そしてそんなときは必ず、無性に地元に帰りたくなる。そんな風に思える場所が、自分にとって本当に“大切な場所”なのではないだろうか。

◆通ってから良かったと思える学校、一人一人の心に残る学校、それが真のNo.1なのだ。明治大学に戻りたいと思う日が、わたしにいつか来るだろうか。

[荒井りな]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: