検索
 HOME > ラグビー部

立大の堅いディフェンスを突破する三村

ラグビー部  後半の修正で立大相手に勝利/関東大学対抗戦

◆9・6〜12・7 平成21年度関東大学対抗戦リーグAグループ(国立競技場他)
▼10・17 立大戦(県営熊谷ラグビー場)
○明治24{0−5、24−0}5立大

◆スコア◆
明治  立大
前半後半得点前半後半
PG
DG
24
24
合計
 ラグビータウン・熊谷で迎えた対抗戦3戦目。前半に完封を許し、不安の混じる後半だったが、修正を加えたプレー選択が生きて勝利をものにした。

 前半は思いもよらない展開が待ち受けていた。「分析負け。完全に向こうのディフェンスがはまってしまった」(西原主将・政経4)と選手たちも口々に語るように、明治の戦い方を研究してきた立大ディフェンス陣をなかなかこじ開けることができず、「マネジメントもコンタクトも対策の成果が出て対応できた」(立大・安部主将)と完全にペースを握られたままただただ時間だけが過ぎていった。明治ディフェンスもピンチらしいピンチを背負うことのないままスコアレスの状態でしのいできたが、終了間際にラインアウトからドライビングモールで押し切られ、まさかの先制点は立大が奪うこととなった。そのまま前半は終了したが、スコアも内容も満足できるものとはほど遠いものだった。

 予想だにしなかったスコアボードを見つめながらため息の漏れる観客席。その裏で明治は後半の戦い方を必死で模索していた。うまくいかなかった前半とどう変化を付けて後半に臨むのか。彼らの対応力が問われた。

力強くトライを決める呉
力強くトライを決める呉
 10分間のハーフタイムを終え、動き出した針の先には前半とは別の動きをする15人の姿があった。「前半はBKでつかまった後の対応が悪くてボールを失う機会が多かった」(黒須コーチ)課題を、その前段階であるFW戦での改善から克服させようとした。「1対1のコンタクトでは厳しいのは分かっていた」(立大・川崎監督)という、個々人の当たりで強さを求め、オープンサイドでのBKにスペースを生み出すことに成功。開始4分に斉藤(農1)のトライでようやく同点とし、10分に敵陣スクラムからつないで奪った呉(政経4)にそれは表れていた。その後も前半に奪われたモールでのトライを取り返すなど2つのトライを奪い、24点を稼いでノーサイドの瞬間を迎えた。

 試合後、吉田監督は「ハーフタイムでうまく切り替えられたこともあり相手の長所短所を見極め、修正することができた。そういう点ではチーム力が高まってきたと言える」という言葉を残した。この修正能力は今後どの相手・どのような局面でも生きてくるのだろうか。今試合で見られたこのポイントが本当に収穫だったのかは、来月に迎えるいわゆる本番≠ニされる相手との試合後まで待つことにしたい。

 むしろ、「立教さんは強かった。自分たちのやろうとしていることは後半のほんの少しでしかできなかった」(黒須コーチ)というのが本音だろう。最後の調整とされたこの試合で見えた大きな影を、今後の相手に対して見せることはできない。「次の試合で修正……」するほどの余裕はなくなってくるのだから。


[大塩拓也]
◆先発メンバー&リザーブ◆
(リザーブのカッコは交替時間)
1.PR松浦 雄樹(商4)
→17.小野 慎介(後半21分)
9.SH秦 一平(法2)

16伊吹 誠介(政経4)
←2.鈴木(後半31分)
2.HO鈴木 亮太郎(政経2)
→16.伊吹(後半31分)
10.SO田村 優(文3)
→21.染山(後半15分)
17小野 慎介(政経2)
←1.松浦(後半21分)
3.PR榎 真生(政経1)

11.WTB斉藤 春樹

18池島 昇平(営4)
←4.鎌田(後半37分)
4.LO鎌田 祐太郎(法4)
→18.池島(後半37分)
12.CTB山口 真澄(政経4)

19竹内 健人(営1)

5.LO名嘉 翔伍(政経3)

13.CTB衞藤 陽介(営3)

20下村 真太朗(法2)

6.FR堀江 恭佑(商1)

14.WTB居迫 雄大(法3)

21染谷 茂範(政経1)
←10.田村(後半15分)
7.FR西原 忠佑

15.FB呉 基烈

22溝口 裕哉(政経2)

8.NO.8三村 勇飛丸(政経3)


〜試合後のコメント〜
吉田監督
 「今日は立教さんが素晴らしいゲームをした。立教さんはしっかりとした型を持っているチームだった。こちらの抜きどころを研究し、突破される覚悟を持って中を固めるというトレーニングされたシステムを持っていた。こちら側は攻撃の芽を潰されてしまい、向こうのペースにハマってしまったと言えるだろう。しかし、そういった状況でもDFに関しては前半の最後にトライを奪われたことを除けば良かった。だからハーフタイムでは我慢する必要などない。受け身はやめてもっと敵陣に入っていこうと選手に言った。ハーフタイムでうまく切り替えられたこともあり相手の長所短所を見極め、修正することができた。そういう点ではチーム力が高まってきたと言える。そのプレー選択を早い段階から15人で意思統一することがこれからの改善点。
 今日の試合は仮想慶応ということで試合に望んだ。決して相手を甘く見たわけではなく、山場に向けて自分たちの目的を持ってプレーすることを選手たちに意識させた。
 勝ってもしっかりと反省できるチームが私の目指すチーム。今回での試合で細かい個々のプレーの精度やユニットでの活動といった反省を選手たちはするはずだ。
 慶応戦は伝統の一戦である。慶応さんは松中さん、林さんという高い理論を持った2人の監督が5年間もの時間をかけてチームの地盤を築いてきた。そのチーム相手の試合で選手たちは体の底から湧き出る想像もつかないようなパワーを体験できるハズだ。慶応に怖じ気づく必要はない」。

黒須コーチ
「ディフェンスもよかったし、立教さんは強かった。前半、BKは捕まった時の対応が悪くボールを奪われることが多かった。後半はFWでモール・ピック・リズムを作ることを意識させた。やりたいことができたのは後半ほんの少しだけ。一番足りてないのは接点とブレイクダウン。やれていないし試合で出せてないこの点を、いかに実戦形式で覚えさせ、2週間でやりたい形にもっていけるかだ」。

西原主将
 「前半の結果は分析負け。完全に向こうのディフェンスがはまってしまった。それでも前半はワントライでしのげたし、後半は戦い方を変えて勝つことができたのは収穫。ただ、分析の面でも体を張るという気持ちの面でも向こうが上だった。(今日の試合を終えて)気分はよくない。これからまた自分たちの戦い方の中でひとつひとつのプレーの精度を上げていかないといけない」。


 「今日は調子が悪く自分のパスから乱れてリズムがくずれてしまった。立教の分析にはまりやりづらさがあった。後半である程度修正できたけど内容には満足していない。ブレイクダウンで負けたり、ボールをさばけなかったりと課題はたくさんある。スキルアップして慶応戦ではしっかり勝ちたい」。

※その他選手コメントは後日掲載いたします。

◆2009年・関東大学対抗戦Aグループ星取表◆※10・17現在
(明治戦スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
帝京大早稲田日体大慶応筑波大明治成蹊大立大勝敗順位
帝京大
10・31 秩父宮
14:00
○30−10
12・5 秩父宮
14:00
●0−7
11・22 秩父宮
14:00
11・8 帝京大G
14:00
○45−0
2勝1敗
早稲田
10・31 秩父宮
14:00

11・7 秩父宮
14:00
11・23 秩父宮
14:00
○50−5
12・6 国立
14:00
○106−0
○94−5
3勝
日体大
●10−30
11・7 秩父宮
14:00

●0−50
12・5 秩父宮
12:00
●13−38
○45−36
11・15 熊谷
14:00
1勝3敗
慶応
12・5 秩父宮
14:00
11・23 秩父宮
14:00
○50−0

○34−3
11・1 秩父宮
14:00
10・25 日吉
14:00
○47−12
3勝
筑波大
○7−0
●5−50
12・5 秩父宮
12:00
●3−34

11・8 ユアテック仙台
13:00
11・22 熊谷
12:00
10・25 三ツ沢陸上
14:00
1勝2敗
明治
11・22 秩父宮
14:00
12・6 国立
14:00
○38−13
11・1 秩父宮
14:00
11・8 ユアテック仙台
13:00

○69−12
○24−5
3勝
成蹊大
11・8 帝京大G
14:00
●0−106
●36−45
10・25 日吉
14:00
11・22 熊谷
12:00
●12−69

11・29 上柚木
12:00
3敗
立大
●0−45
●5−94
11:15 熊谷
14:00
●12−47
10・25 三ツ沢陸上
14:00
●5−24
11・29 上柚木
12:00

4敗

◆2009年・関東大学対抗戦Aグループ明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
9・12日体大ニッパツ三ツ沢15時
○38−13
10・4成蹊大熊谷12時
○69−12
10・17立大熊谷12時
○24−5
11・1慶応秩父宮14時
11・8筑波大ユアテック仙台13時
11・22帝京大秩父宮14時
12・6早稲田国立14時


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: