検索
 HOME > スケート部(スピード部門)

堂々の滑りを見せた富岡総合主将

スケート部(スピード部門)  まさかの入賞者なし…インカレに不安残す/全日本距離別選手権

◆10・23〜25 第16回全日本スピードスケート距離別選手権大会(エムウェーブ)
▼男子500m(2本合計)
13位 富岡スケート部総合主将(政経4)1分12秒74
23位 沼崎(政経4)1分14秒03
▼男子1000m
23位 富岡 1分13秒78
41位 小林(友・政経2)1分15秒14
47位 沼崎 1分15秒61
▼男子5000m
11位 黒岩(信)部門主将(政経4)6分47秒55
33位 小林(忍・政経1)6分58秒25
48位 黒岩(泰・政経3)7分5秒23
52位 新山(政経1)7分11秒10
55位 吉本(政経4)7分20秒46
▼男子1500m
22位 小林(友) 1分53秒32
47位 黒岩(泰) 1分54秒87
61位 新山 1分55秒85
64位 黒岩(信)部門主将 1分56秒27
73位 吉本 1分57秒74
80位 小林(忍) 2分1秒37
 ついに今年もスピードスケートのシーズンがやってきた。1998年長野五輪の会場で知られる世界有数の高速リンク、エムウェーブ。今年もこの地に日本中のスピードスケーターたちが集結した。本学からは8人が出場。来年1月のインカレ向けて、オフシーズンの成果を試す絶好の機会となった。

 大会初日の男子500m。加藤条治(日本電産サンキョ―)の大会新記録に沸いたが、明治からは富岡スケート部総合主将・沼崎が出場。富岡総合主将は大会1週間前にスケート靴の歯が壊れるという、アクシデントに見舞われた。しかしその中でも、去年より1つ順位を上げて13位。本人は「悪くはないが良くもない。あれがすべてではない」と語った。

 大会2日目。男子5000mに長距離エース・黒岩(信)部門主将が登場した。黒岩(信)部門主将にとって3年ぶりのインカレ王座奪還はもちろんのことだが、もう1つ目指すものがある。それは来年開催されるバンクーバー五輪出場だ。昨年はこの大会同種目で6位。今大会で表彰台に入れば、ワールドカップ前半戦への出場が濃厚となる。そしてその先にはオリンピック。周囲の期待は高まっていた。最終組の1つ前、本学OBの平子佑基氏(平17商卒・現開西病院)とのレース。スタートの号砲がリンクに響き、1コーナーに向かっていく。200m計測、タイムは良くない。一方の平子氏はこの種目の日本記録保持者で五輪の舞台を知る強敵。周回を重ねるたびにタイムを伸ばす。それとは対照的に、黒岩(信)部門主将はみるみるうちに離されていく。挽回したいところであったが、その後もペースは上がらず。結局11位でレースを終えた。また同じ日に行われた1000mも明治勢は不発。入賞者なしのまま最終日を迎えることになった。

 大会3日目の男子1500m。中距離を苦手とする本学にとっては、厳しい結果が予想された。いい意味で期待を裏切ってほしい。しかしそんな思いもむなしく、大会3日間を通して入賞者ゼロとなってしまった。

 「大失敗」(黒岩(信)部門主将)。試合後に苦笑いしながら語ったが、これは黒岩(信)部門主将だけに当てはまるものでないだろう。インフルエンザの影響もあったが、滑り込み不足は明らか。「スピードを出しても安定しない」(小林(友))、「コーナーの調子が悪かった。体重が乗っていかない」(沼崎)と技術的な面での力不足が響いた。一方の他大は500mでワールドカップ日本代表に選ばれた羽賀(日大)や在家(日大)をはじめ仕上がりは順調。現時点では本学のインカレ王座への道は極めて厳しい。それでも黒岩(信)部門主将は落胆していない。「夏(合宿)でしっかりやったから」。今は結果が出ていないが、夏の経験は冬に活きてくるはずだ。チームとしての目標はあくまでインカレ。ほしいものは、形ばかりのスケート部総合優勝ではなく、3年ぶりのスピード部門での勝利。もう留まっている時間はない。

<選手のコメント>
黒岩(信)部門主将

 こんなもん。もっとフォームを良くしていかないと。体力だけでは駄目だと痛感した。(チーム全体について)仕上がりが低い。それにバタバタしていて練習の質が落ち、選手の士気も下がってしまった。(チーム立て直しに向けて)キャプテンとして成績を出して、チームを引っ張っていくのも自分の役割。上の順位で(結果を出し)チーム全体の士気を高めていきたい。

吉本
 今年は就職活動で練習ができず、体力面が落ちていて、技術がついてこない。体力面をつけていって、インカレでは皆と戦えるようにしたい。

黒岩(泰)
 ふがいなかった。他大は完成している人が結構いるが、(明治は)体ができていないし、滑り込みが足りない。かなり調整が遅れている。(今後に向けて)一戦一戦やっていく内に課題を見つけたい。目標はインカレ。インカレ王座へは個人の力がまず大切。やるしかない。

沼崎
 (結果について)納得いかない。今年はインフルエンザもあって明治の練習は少ない。(インカレへ向けて)今のままだと厳しい。皆で練習するしかない。

[平田健人]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: