検索
 HOME > 明大スポーツ


もうひとつのホイッスル  (6)勝っても負けても、やっぱり伝統の早明戦  

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。
 下馬評では早稲田の圧倒的優勢だった。昨年の明治は24年ぶりの大学選手権不出場、そして史上初の対抗戦負け越し。それに加え前年の7−71という早稲田への歴史的大敗。すべての指針が早稲田の優勢を指し、誰もがその勝利を疑わなかった。その中に、わたしたち明治サイドの人間が含まれていたのは、お恥ずかしい話だが。

 ◆今年最も下馬評が低かったであろう男がニューヨークにいる。シーズン直前の松井秀喜(ニューヨーク・ヤンキース所属)の評価は決して高くはなかった。シーズン中のトレード、引退…。さまざまな憶測がニューヨークを飛び交い、現にケガに苦しむ松井は、シーズン序盤、結果を残すことができない。その弱々しい打球に、松井不要論はますます加速していく。

 ◆しかし、そこから松井の怒涛(どとう)の巻き返しが始まる。シーズン序盤の不調が嘘だったかのように、松井のバットから次々と力強い打球が生まれていく。終わってみれば、近年では最高の成績を残し、ヤンキースの地区優勝にも貢献。ワールドシリーズでの大爆発、そして日本人初のMVP獲得は記憶に新しい。下馬評を覆した松井は、わたしたちに大きな感動、そして希望を与えてくれた。

 ◆昨年の早明戦、結果は24−22。良くも悪くもわたしたちの予想を大きく裏切るものとなった。期待していなかったと言えば悪い気もするが、誰もが負けを確信していただけに、その興奮たるやひとしおだった。勝負も人生も、ふたを開けてみなければわからない。今年の早明戦、勝敗はいかに。
[片山裕章]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: