検索
 HOME > 準硬式野球部

この日好投を見せた西

準硬式野球部  リーグ戦連覇へ!東大に先勝し好スタート/東京六大学春季リーグ戦

◆4・10〜6・5 平成22年度東京六大学準硬式野球春季リーグ戦(大田スタジアム他)
▼4・10 対東大1回戦(大田スタジアム)
○明大9−0東大
 慶大との激戦を制し優勝を決めた昨秋のリーグ戦から早や5カ月。4月10日、明るい日差しが降り注ぐ大田スタジアムに東京六大学の準硬式野球部が集い春季リーグ戦が開幕した。開会式に次いで行われた第一試合には早速明大が登場。東大を相手に「初戦の違った雰囲気」(古城主将・政経4)の中、随所で明大らしいプレーを見せ9−0の大差で勝利した。リーグ戦連覇、そして全国制覇を目指すチームは上々の船出となった。

 東大は昨年対戦した全試合で2桁得点を奪い圧倒した相手。明大が戦力で優位に立っていることは明らか。しかし今試合にはリーグ戦の「初戦」であるという難しさがつきまとった。2回に悪送球の間に1点を先制するが、硬さからか各打者本来のスイングができず連打がでない。また牽制でランナーが刺されるなど、序盤は流れを引き寄せることができなかった。それでも、古城主将は「まだ回が早いから、焦らなくいい」とグラウンドでそしてベンチで選手に声をかけ落ち着きを失わなかった。

 もどかしい展開の中、開幕投手を任された西(農4)はテンポよく淡々と自分の投球を続けた。7回まで一人の走者も出さない完全試合ペースで試合は進む。「コースにきっちり投げていて、いうことなかった」(古城主将)。8回に死球を与え初めてランナーを出すものの、その後連続三振を奪い崩れなかった。終わってみれば9回途中で降板するまで西は被安打1の文句なしの内容。「今日のピッチングだったら他大でもそうそう打たれない」(古城主将)。主将は賛辞を送ったが、当の本人は「今回は相手が打ち損じてくれた部分があったからここまで抑えられた」と控えめ。昨年、多くマウンドに登った岡田(淳・営3)、中村(政経2)らとともに重要な試合、場面での登板が今後さらに増えるはずだ。

 西の好投に応えるかのように、湿っていた打線も中盤以降奮起した。5回、二死二、三塁のチャンスに古城主将がセンターの頭上を大きく超える適時三塁打を放つと、続く4番小林(法3)の左前適時打で生還する。7回には失策や佐伯(商2)の適時三塁打などで4点を奪い試合を決めた。「後半はうちの野球ができた」(古城主将)。相手のエラーにつけこむ、果敢に次の塁を狙っていく。そんなそつのない明大の戦い方を終盤見せた。

 先日行われた関東選手権では準々決勝で早大に敗れベスト4を逃した明大。古城主将はチームメイトにこう言った。「早稲田に負けたのが悔しい。この悔しさをリーグ戦にぶつけよう」。もちろん主将だけではない。「春季リーグではこの借りを返したい」(西)。その思いはリーグ戦などで幾度となくしのぎを削りあってきた相手だからこそ。宿敵に屈した苦い経験を糧に臨む今リーグ戦。「個人の記録よりもチームプレーに徹する」(古城主将)。試合後のミーティングではレギュラー、ベンチ問わず活発に意見を交換している姿がある。チームの全員が同じ意識を共有しプレーにつなげることができれば、リーグ制覇、そしてその先の全国制覇へ道が開けるはずだ。

☆選手のコメント☆
古城主将

「最初の試合は今後につながっていくから大切。初戦は雰囲気が違っていた。優勝目指して、良い勝ち方をしようとか思ってしまった。序盤は点が入らなかったけど、焦らなくていいと西とかに言った。(関東選手権で早稲田に負けて)悔しかった。これをリーグ戦にぶつけようといった。あと練習とかで声ももっと出していこうと。明日からもうちの野球をすればいい。自分たちのチームとしてのプレーに個人の力を重ねていく」

西
「今日はノーヒットノーランでいきたかった。あと一歩ってところで打たれてしまったので悔しい。自分の投球に関しては、今回は相手が打ち損じてくれた部分があったからここまで抑えられたけど、他のチームが相手だったらこれじゃ通用しない。これからもっとコースを突いていくとか、コントロールを意識していきたい。ミーティングではアップ不足で序盤になかなか実力が出し切れなかったことと、相手がエラーなどのミスが多かったからもっと出塁できたはずなのに球を打ち上げてチャンスを潰してしまっていたことなどを全体で反省した。ちなみに、今日も含めて普段のミーティングもベンチとかスタンドとか関係なく何か思ったことがあれば意見を言うかんじ。それぞれ違う視点から見てみて、また新しく見えてくるものっていうのもあるし、選手もそれを指摘されればいい刺激になる。やっぱり意見が出るってことは、みんなが試合に集中できてるってことだし。(自分が)初戦の割にのびのびしていたのはオープン戦・関東選手権で割と数をこなしていて"慣れ"みたいなものがあったのかもしれない。今年が去年に比べてオープン戦が多かったのは、去年は上の先輩がほとんどの主力だったので試合経験の少ない今の代にどんどん実戦を詰ませるためということで増やした。関東選手権では早稲田に負けてしまっただけに春季リーグではこの借りを返したい。借りがあるだけに早稲田はやっぱり意識してるけど、レベル自体はどの大学も本当に五分五分だと思う。今季の目標は自分が投げた試合は絶対に勝つこと。」

[和久井孝洋]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: