検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  1年生が躍動!早大に勝利/練習試合

◆7・4  練習試合(早大上井草グラウンド)
▼○明大33{7−0、26−19}19早大
 強い日差しが照りつける早稲田大学上井草グラウンドで行われた早明新人戦。明治は昨年ほどの快勝とはならなかったものの、早大に終始リードを許さず、試合を有利に進め勝利を収めた。

 明治のキックオフで始まった前半。序盤は明治が早大陣内に攻め入った。しかし、早大の粘り強いディフェンスの前にトライを決めきることができない。前半21分に中央から展開されたボールを小澤(営1)がトライしようとするも直前でハンドリングミス。まさかのミスで、チャンスをみすみす逃してしまう。また、同じようなミスから早大に度々チャンスを与えてしまうが、明治はこれを懸命のディフェンスで阻止する。文字通り一進一退の攻防が続き両校とも得点をあげられない。このまま0ー0で前半を折り返すかと思われた43分、スクラムから展開し小澤が左隅へトライ。待望の先制点をあげる。コンバージョンも佐藤(営1)がしっかり決め、7ー0とリードして前半を終えた。

 後半、追加点を奪いたい明治は5分、ラインアウトのミスからボールを奪われるもターンオーバーし、松本(文1)がトライ。先制した勢いそのままにその後もトライを重ねる。11分には松本からパスを受けた比果(文1)が相手を振り払い、強引に押し込む形でトライを決め、突破力を誇示。25分にも高平(法1)がトライを決め、リードを26点まで広げた。だが、暑さからくる疲れからか、明治は接点が弱くなり防戦一方となる。ダミーや横への展開に翻弄され、3本のトライを立て続けに決められた。みるみるうちに7点差。しかし47分に5m前スクラムからの展開で山口(修・政経1)が駄目押しとなるトライを決め、早大を突き放す。そのままノーサイドとなり、33ー19で明治が白星を挙げた。

 試合を通じて、接点の強さやボールを持ったときに少しでもゲインしようとする積極的な姿勢が明治には見えた。BKの活躍、タックルも決まっていたことから見事な勝利をあげたといえよう。しかし、大小様々なミス、決定力不足、体力不足など克服すべき点は数多ある。ただ、1年生はまだまだ原石だ。これからの練習次第でいかようにも成長する。夏を超えて一回り、いや、二周り大きくなるだろうか。厳しい鍛錬を乗り越えて原石たちが放つ輝きが明治の躍進につながっていく。

[山田拓]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: