検索
 HOME > 明大スポーツ


もうひとつのホイッスル  (7)一歩ずつ「前へ」  

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。
 「人生は苦しい時こそ上り坂」。この言葉はある予備校講師にもらったものだ。この言葉を改めて思うと、受験生時代とともに高校3年の夏を思い出す。「面倒くさ」。高校時代、部活に向かいながら口をついて出るのはこの言葉だった。しかし最後の夏となれば別の話。「勝ちたい」という一心が身体を突き動かす。

◆普天間基地問題で、5月決着を鳩山首相は約束した。「命がけで行動する」。首相はこう述べた。にもかかわらず、首相が沖縄県を初めて訪れたのは5月4日。就任から7ヵ月以上も過ぎた遅すぎる沖縄訪問。先ほどの言葉がむなしく響く。5月下旬に原案である辺野古移設で日米が大筋で合意。「最低でも県外移設」の言葉を信じてきた地元の期待は無情にも裏切られた。結局、迷走しただけで何も前には進まなかった。口約束ばかりではなく、もっと早くから最前線で汗を流すべきだったのだ。

◆人間誰にでも無限の可能性があるわけではない。だが誰にでもできることはある。目の前のことを一つずつやることだ。

◆今はどうだろう。4月の新鮮味は失われ、身をもって五月病を体験する。また「面倒くさ」の一言が口をついて出る。考えたり悩んだりはする。だが行動はしない。行動したら、どうなるか?そんなことは分からない。大きな違いが起こるとも思えない。しかし行動する以外に「前へ」進むすべはない。大学生活は何もしないには長すぎるし、何かをするには短すぎる。目の前のことを一歩ずつ、それからさらに一歩、その踏み出す同じ一歩が次へつながる。

[上田悠太]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: