検索
 HOME > 明大スポーツ

明大スポーツ  もうひとつのホイッスル  (9)ゆとり

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。

 「教育とは生徒の無限の可能性を信じること」――高校時代の、ある数学教師の言葉だ。肝心の授業の内容などはもう完全に抜けているが、このことばだけは、なぜか耳から離れない。普段はあまり存在感のない人だったが、この言葉を発した時は輝いて見えた。

◆来年度から「ゆとり教育」が廃止される。正確に言うと、「脱ゆとり」路線の学習指導要領が実施されるとのことらしい。わたしのような「ゆとり世代」が、社会からまるで欠陥商品のようにうしろ指を差される日も近いということか。インターネットスラングでは、すでに「ゆとり」は「頭が弱く、精神的に幼い」ことを揶揄(やゆ)する言葉としてすっかり定着している。

◆今となっては、あの数学教師がどのような意図であの言葉を発したかは分からないし、高校生と違って大学生には「無限」の可能性が目の前に広がっているわけでもない。そして冷静に考えてみれば、この言葉自体が「ゆとり教育」の理想に思える。

◆「ゆとり教育」の評価は、教育の専門家の間でさえ意見が分かれていて、一概に善悪を判断することは難しく今後も議論が重ねられていくと思われる。そのなかで、卑屈にならず、自分のすべきことをする姿勢というのが「ゆとり世代」には求められていくのではないだろうか。

[佐藤歩]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: