検索
 HOME > ラグビー部

相手のタックルをかわす小澤(営1)

ラグビー部  慶大を完封!他を寄せ付けない強さで1stフェーズ1位突破/関東大学ジュニア選手権

◆9・5〜12・12 関東大学ジュニア選手権(秩父宮ラグビー場他)
▼11・14 1stフェーズ カテゴリー1 慶大戦(明治大学八幡山グラウンド)
〇明大45{12ー0、33ー0}0慶大

◆スコア◆
明治
慶大
前半後半得点前半後半
PG
DG
1233
45
合計
 先日秩父宮を沸かせた対抗戦、明治対慶大の伝統の一戦から約10日。舞台を八幡山に移しジュニアで明慶が再び魂のぶつかり合いを見せた。明治のFWが勝つか慶大のタックルが勝つか、試合は慶大のキックオフから始まった。

 前半開始からボールを支配したのは慶大。「左右に振ろうとして来た」と三村(政経4)の言葉にあるように、慶大はボールを左右に大きく展開し明治ディフェンスラインを揺さぶろうとする。しかし「チームのディフェンスがしっかりし、タックルできていた」(堀江・商2)と明治ディフェンスは慶大の突破を許さない。何度も何度も明治ラインのギャップを狙おうとしてくる相手にタックルも対応し両者譲らず一進一退の攻防が続く。

慶大を圧倒した明治FW
慶大を圧倒した明治FW
 そんな中、均衡を破ったのは明治だった。25分、敵陣ゴールまであと5mの位置での明治スクラム。明治FW陣がスクラムを押し込み最後は千布(政経4)が持ち込んでトライ。今日がジュニア初スタメンの筆谷(政経2)のコンバージョンも決まり7−0とする。負けじと慶大も相手が揃う前に早いキックオフで奇襲を掛けるも明治は落ち着いて対応。すると千布のトライから5分後、敵陣深くからのラインアウトから明治はモールを組む。FWがこれを押し切り得点を重ね、12−0で前半を終える。
 リードし迎えた後半、明治の勢いに拍車が掛かる。7分にラックから千布にボールが渡ると相手のタックルを振り切りそのままトライを決めると、続く12分に再びラックからモールを組み10m前進。モールから石原が抜け出し南(政経3)につなぐと、ゴール目前まで突破。ラックから山口(修・政経1)が自ら持ち出しトライ。大きくリードする。その後も明治FW陣がセットプレーで相手を圧倒し相手ディフェンスを崩す。するとFB外原(政経4)がビックゲインを見せるといった、今年の明治がここまで勝利を重ねてきた“FWで崩しBKで仕留める”という攻撃で慶大に付け入るスキを与えない。最後の最後まで攻撃の手を緩めず、ディフェンスも深く攻め込まれることはあっても決して得点を許さず、終わってみれば45−0の大差をつけ見事勝利。1stフェーズを1位で突破した。

 今日のジュニア戦は今年の明治が目指すラグビーを体現するような試合だった。FWで崩すのはもちろんのこと最後まで足を止めないディフェンス陣。慶大相手に7トライもさることながら無失点ということの意味は大きい。そして今日初スタメンでペナルティーゴール5/7という、堂々の結果を残し、明治の層の厚さを実感させた筆谷、そんな彼の「(ケガ人が出て)代わりの人が入っても戦力的に大丈夫というようにしたかった」という思い。後半途中で足がつりながらもプレーをする南(政経3)。そして「チーム全体でジュニア以下からAへ勝利のバトンをつなごうと言ってやって来て、それが実行できた」と三村。選手それぞれが懸命なプレーで自分の役割を全う、One for all―ひとりはみんなのために、チームのために戦っていた。このジュニア選手権1stフェーズを全勝で勝ち抜き、Aチームに勝利のバトンは渡した。このことがAチームに大きな刺激となり、全勝街道を突き進む明治にさらなる勢いをつけたに違いない。今後の明治の戦いが楽しみになってきた。

[三用知英]
◆先発メンバー&リザーブ◆
(リザーブのカッコは交替時間)
1.PR石原 慎太郎(政経2)
→16.茅島(51分)
9.SH山口 修平(政経1)
16茅島 雅俊(商3)
←1.石原(51分)
2.HO渡部 逸記(営4)
→17.鈴木(64分)
10.SO筆谷 優樹(政経2)
17鈴木 亮太郎(政経3)
←2.渡部(64分)
3.PR南 誠大(政経3)
11.WTB山口 裕貴(営4)
18名嘉 翔伍(政経4)
←5.梁(51分)
4.LO日高 駿(文3)
12.CTB大澤 良介(法4)
→12.溝口(51分)
19小河 康蔵(商3)
←8.千布(81分)
5.LO梁 哲盛(営2)
→18.名嘉(51分)
13.CTB猿楽 直希(政経2)
→20.太田(82分)
20太田 晋(営3)
←13.猿楽(82分)
6.FR堀江 恭佑(政経2)
14.WTB小澤 和人(営1)
→22.斉藤(40分)
21溝口 裕哉(政経3)
←12.大澤(51分)
7.FR三村 勇飛丸(政経4)
15.FB外原 悠仁(政経4)
22斉藤 春樹(農2)
←14.小澤(40分)
8.NO.8千布 亮介(政経4)
→19.小河(81分)

〜試合後のコメント〜
日高(文3)
「前半FWで押し切れなかったので、後半はFW・スクラム・モールで押し切れた。相手にシンビンが出てからチャンスと思っていけた。慶大にはAも勝ったので、(自分たち)がバトンをつなげて良かった。(ジュニア選手権を)全勝優勝してみたい」。

三村
「(今日の試合でジュニアの1stフェーズ全勝だが)本当にうれしい。チーム全体でジュニア以下からAへ勝利のバトンをつなごうと言ってやって来て、それが実行できた。(今日の試合に関しては)Aの試合を見ていて、FWで行けると思って臨んだ。向こうも(向こうと比べて)こちらが大きいので、ディフェンスで低く、こちらの足を止めてくるのを狙っていたし、左右に振ろうとして来た。それに対してこちらはディフェンスから前に出て、どんどん陣地を獲得しようと意識して、それを80分間継続できた。あと、ディフェンスの流れからのトライもこの試合は多かった。(FW戦に関しては)向こうの低いプレーやモールを崩したりするプレーにストレスを感じたが、チームを分裂させることなくまとまってプレーすることができた。個人的には3列の選手としてBKなどにも目を配って、チームをつなげられるよう意識してやった。(チーム状況に関しては)今、練習で認め合った一番いいプレーヤーがAで出ていて、チーム内に不満がない。B以下が、心から応援できる環境になっている。ジュニアで全勝できたのは自分がやってきた4年間で初めてだし、チームの状況は最高。(以後の対抗戦に関しては)もしレギュラーに絡めたら体を張って頑張りたい。もし出られなかった場合、たぶんウォーターボーイになると思うが、チーム一丸となって今までやってきたことを出せるようにしたい」。

堀江
「今日もいつも通りFWでいこうというのができ、うまく攻められた。チームのディフェンスがしっかりし、タックルできていた。1stフェーズを優勝できたというよりも次の帝京で、チーム全体での勝ちに意味がある。チーム全体でしっかり勝って次につなぐことができて良かった」。

筆谷
「染山(政経2)がケガをしていなくても代わりの人が入っても大丈夫というようにしたかったので、それができて良かった。(明治の)FWが強かったので、FWでいけた。FWがもっと前にいけるようにハイパントを狙った。相手のシンビンからもっとFWでいけた。1stフェーズが終わってこれから本当の戦い。頑張ります」。

大澤(法4)
「(慶大相手に)余裕だった。ディフェンスなど練習でやってきたことをそのままできたの慶大に攻められていても(トライを)取られる気がしなかった。油断することもなく100%の気持ちでみんなで臨めたことが完封勝利につながったんだと思う。全勝したけど日本一が目標なのでまだまだ緩めることはできない。慶大にAが勝って、東海大ジュニアに勝って、慶大ジュニアにも勝って……。目の前にある試合を着実に勝って日本一につなげるようにしている。AだけがとかBだけがとかそういう気持ちはない。チーム関係なく全員が勝とうと思ってる。それが全勝できている要因だと思う。次ももちろん勝ってAもBも日本一になりたい」。

外原
「FWが圧倒してくれて、戦いやすかった。11月3日にAチームが慶應に勝ったので、今日も勝って全勝でつなごうと思った。チームとしては、とにかく慶大よりひたむきにタックルして、受け身にならないようにした。ジュニアもAチームも全勝優勝目指して、これからもひたむきに練習を頑張っていきます」。

茅島(商3)
「後半自分が入って流れを変えてよりFWでゴリゴリすることができて良かった。リザーブは流れを変えなくてはいけないので、ずっと戦ってたメンバーと同じプレーをしてはいけない。戦い続けてつらくなった選手を元気にするようなプレーをしなきゃいけないのでフルで頑張ろうと思った。前半でみんながタイトな試合をしてくれていた分、後半はスクラムやモールでFWで気持ちのいいトライを取ることができた。FWで押せるという自信があったし、それは組んだ瞬間にもうわかった。今日はFWで圧倒して、BKが信じてくれて、だからこそつかんだみんなの勝利。今、明治はレベルが違うほど最高の状態にある。優勝できて本当にうれしい。次もチャンスを生かして頑張りたい」。

名嘉(政経4)
「(1stフェーズを全勝で終えて)ジュニアが始まったときから全勝を目標にしていたが本当にできるとは思わなかった。けれど、シーズンが深まるにつれて現実に近づいていくのを感じていた。今日の試合は(全勝が掛かっていて)緊張したのもあったし、FWに自信を持っていったのに噛み合わなくて、(修正に)時間がかかってしまった。モール・スクラムで押し切れるようになってからトライが取れるようになった。見せるべきところは見せたと思う。セットプレーもこだわれたし、あとは今日の試合を完封に抑えられたように、守ることに関する意識も見せられた。(これから帝京大戦、早稲田戦だが)とにかくまずスタメンになる。そして、日本一を現実にします」。

溝口(政経3)
「相手の速いディフェンスに対してタテで対応できた。回してくるのに対しても、練習でやってきたプッシュアップができた。ケガ明けでどうなるかと思ったが納得できるプレーができた。FW一辺倒で勝つことができたがBKが取り切れなかったのでそこを修正したい。ここまで連勝できているし、対抗戦のメンバーに選ばれたら頑張りたい」。

◆2010年・関東大学ジュニア選手権カテゴリー1星取表◆全日程終了
(明治戦スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
明治帝京大慶大東海大早稲田関東学大勝敗勝点順位
明治
○28−27
○45−0
○36−33
○47−17
○60−10
5勝0敗
25
帝京大
●27−28
○32−7
○27−13
○38−19
○57−5
4勝1敗
22
慶大
●0−45
●7−32
○41−33
△34−34
○52−10
2勝2敗1引き分け
13
東海大
●33−36
●13−27
●33−41
○24−17
○31−26
2勝3敗
13
早稲田
●17−47
●19−38
△34−34
●17−24
○40−35
1勝3敗1引き分け
関東学大
●10−60
●5−57
●10−52
26−31
●35−40
0勝5敗
以上の結果により、上位4校(明治・帝京大・慶大・東海大)はそれぞれ2ndフェーズへ進出、
下位2校(早稲田・関東学大)はそれぞれカテゴリー2の上位2校との入替戦へ

◆2010年・関東大学ジュニア選手権明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
1stフェーズ(カテゴリー1)
9・20帝京大帝京大G14時
○28−27
10・3早稲田早稲田G14時
○47−17
10・16関東学大関東学大G14時
○60−10
11・6東海大東海大G14時
○36−33
11・14慶大明治G13時
○45−0
2ndフェーズ
11・23東海大明治G14時


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: