検索
 HOME > 明大スポーツ


もうひとつのホイッスル  (11)先入観  

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。

 「急に目が見えるようになった人が絵を描くように描きたい」。これは印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネが残した言葉である。大づかみに風景をとらえ、一見抽象的にも見える彼の絵。だが、一切の先入観を捨て、その眼に映った一瞬の映像をそのまま描くことこそが、彼の追い求めた作風だった。

◆先入観と聞いて高校時代の恩師を思い出した。彼は赴任後の最初のあいさつでわたしたち生徒の態度の悪さを厳しくしかった。「近づきづらい」。だが、わたしが抱いた印象はすぐに消えた。海外生活が長かった彼が授業で話すエピソードは魅力的で、また彼はそれをいきいきと話した。今となっては彼の授業が高校の3年間のなかで何よりも楽しい授業だったように思う。

◆未知のものに出会うとき、わたしたちが持つ知識や経験が役に立つこともある。だが、それが先入観という形で働けば、そのものに対してネガティブな印象を抱いてしまうだろう。そしてきっと、その先に広がるさまざまな可能性もつぶしてしまう。

◆人は誰もが少なからず先入観を持っている。そのせいでわたしたちは物事の本質や楽しさをつかめていないのではないだろうか。先入観を捨てることは難しいだろう。だが、ときに視界を遮る先入観を捨て、見える世界はモネが描いた絵のように美しいかもしれない。

[都築千弓]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: