検索
 HOME > 準硬式野球部

準硬式野球部  打線沈黙し、早大に完封負け/東京六大学春季リーグ戦

◆4・9〜5・29 平成23年度春季東京六大学準硬式野球リーグ戦(大田スタジアム他)
▼5・7 対早大1回戦(上柚木公園野球場)
 明大0−6早大○

 先週の法大戦でようやく勝ち点を手にした明大。全国大会へ望みをつなげるためにも、これ以上負けを重ねるわけにはいかない。しかし対早大1回戦は相手の先発・石田に抑え込まれ、完封負けを喫した。

 明大先発はすでにリーグ戦で勝ち星を挙げているルーキーの加賀谷(法1)。だが初回から自身の暴投で1点のビハインドを背負う。なかなか制球が定まらない加賀屋は2回、再びピンチを招いてしまう。先頭打者に2塁打を許し犠打と四球で1死1、3塁となるが、ここでは後続を抑えなんとか無失点に抑えた。
 
 すると明大に同点の好機が訪れる。2アウトながら1、2塁の場面で「勝負強い」と言われる長谷部が打席へ。しかし初球をゴロに打ち取られ、この回を無失点で終える。

 チャンスをものにできなかった明大は、3回からリーグ戦経験のない酒井(商2)が登板。悪い流れを断ち切りたいところだったが4、5回ともエラーがきっかけで5失点。0−6と大差をつけられる。

 打撃面では5回以降わずか1安打、また守備では4失策。攻守ともに振るわなかった本学が初戦を落とす結果となった。

 法大戦で好調だった打撃陣が一転し、この試合放ったヒットは4本で完封負け。敗因は「守備からリズムをつくるのがうちのスタイルなのに、それができなかった」(岡田淳主将・営4)から。「明日負けたら意味がない」(岡田主将)と話すように、早大戦で勝ち点を落とすと全国大会への出場は絶望的になってしまう。とにかく2戦目、全力で勝利をつかみに行く。


[竹浪香乃子]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: