検索
 HOME > 明大スポーツ


もうひとつのホイッスル  (12)経験  

 毎号1面に掲載されている本紙コラム『ホイッスル』。学生の視点から警鐘を鳴らし、読者を振り返らせたいという思いからその名が付けられました。「明大スポーツ」紙面には全部員が書いたものの中から選ばれた一作が掲載されています。
 今企画では、面白いと部内で評判の高かった数ある作品の中からいくつかを紹介していきます。

 わたしが1歳のとき、父は亡くなった。わたしにとって父は写真の中の人であって、直接の記憶はない。同年代の友人を見て「他の人とは違う。安易に同情されたくはない」。そう思ってきた。「どんなに仲のいい人でも頭のいい人でも、同じ経験をした人にしか分からないことがある」と母は言う

 ◆3月の震災で、家族を一瞬のうちに失ってしまった人もいる。それは想像を絶するほど残酷で、その心中はわたしなどの経験からでは考えられない無念さだろう。被災した人の気持ちを考えること、気持ちを向けることは必要だ。ただ、それで人の気持ちを分かった気になってしまってはいけない。経験した人にしか分からないことがあるはずだ。またそれを伝えることができるのも、経験した人にしかできないのだ

 ◆誤解を恐れずに言えば、経験して得るものは何物にも代え難いものである。わたしは大学に入って考える時間が増えた。授業を組むのも自分で、空き時間の使い方も自分なりに決められる。大学では本人の意思に委ねられる比重が大きく、自由だ。自由である分、選択肢も増える。自分の意思で多くの経験を積むことができる

 ◆学生時代を振り返ったときに「あの頃は良かった」と思えるのもいい。だが「あのときこんな経験があったから」と思えるときもあってほしい。


紙面に掲載されたホイッスルはこちらへ


[松隈遼平]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: