検索
 HOME > ラグビー部

相手ディフェンスをかわしゲインする西村

ラグビー部  開幕戦関東学大に大差で勝利!/関東大学ジュニア選手権

◆9・3〜12・11 第33回関東大学ジュニア選手権(秩父宮ラグビー場他)
▼9・11 1stフェーズ カテゴリー1 関東学大戦(八幡山グラウンド)
〇明治66{33―7、33―7}14関東学大

◆スコア◆
明治
関東学大
前半後半得点前半後半
PG
DG
3333
66
合計
14
 ついに開幕した関東大学ジュニア選手権。昨年は1stフェーズを全勝し、対抗戦Aチームの追い風となった大会。初戦となったこの試合も10トライを奪いチームの底上げが進んでいることがうかがえた。

 関東学大のキックオフで始まったこの試合。しかし開始から間もない1分にセンターライン付近でターンオーバーされそのまま相手に独走を許しトライ。あっという間に先制を許してしまう。しかし明治も6分、敵陣右隅でFB高平(法2)が展開しWTB斉藤(農3)がトライを挙げ、キックも決まりすぐさま同点とする。さらに14分CTB西村(農2)がビッグゲインし敵陣奥深くに入り込むとそこからモールで押し込みそのままトライ。その後も明治のいい流れは続き敵陣でプレーする時間が多く25分には再びモールトライで引き離す。さらに32分、35分にも斉藤がトライを決め、33−7で前半を折り返す。
 後半に入っても明治の勢いは止まらない。開始2分CTB猿楽(政経3)がゲインし、西村につなぎPR楢山(営4)が中央にトライ。その後も「ディフェンスでもアタックでも前に出ることができた。ちゃんと1対1が意識できていたと思う。BKの動きがすごく良くてFWも余裕を持てた」(古屋・商3)と話すように明治がゲームを支配し続け、26分までにさらに4トライを挙げ66−7と大差をつける。しかし「後半の最後の方は集中力が切れて、いろいろな部分がおろそかになってしまった」(郷・文4)と振り返るように、逆に関東学大に意地のトライを返され66―14となりそのままノーサイドとなった。

 開始直後や終盤の集中力に課題は見えたものの力の差を見せつけ快勝した明治。スクラムや接点などFW戦で強さを見せた関東学大に対して苦戦する場面もあったが、明治のBKの選手の動きが良く選手たちも今日の試合にはそれなりの手応えを感じているようだ。それでも「次は早稲田。絶対に負けられない」(郷)と次戦に向けてしっかりと気を引き締めている。昨年はジュニアの好調がAチームにいい流れをつくり、チーム全体として波に乗ることができた明治。いよいよ初戦の筑波大戦まであと1週間と迫る中このいい流れはAチームにつながるはずだ。

[真島一郎]
◆先発メンバー&リザーブ◆
(リザーブのカッコは交替時間)
1.PR楢山 直幸(営4)
9.SH多田 潤平(文3)
16野崎 友晴(政経4)
←3.松波(53分)
2.HO郷 雄貴(文4)
→17.太田(53分)
10.SO長石倉 豪(営1)
→20.筆谷(24分)
17太田 竣介(商2)
←2.郷(53分)
3.PR松波 昭哉(政経1)
→16.野崎(53分)
11.WTB斉藤 春樹(農3)
→22.堀米(73分)
18吉田 任宏(政経2)
←4.友永(53分)
4.LO友永 恭平(政経3)
→18.吉田(53分)
12.CTB猿楽 直希(政経3)
→21.市原(60分)
19圓井 文也(商1)
←6.古屋(67分)
5.LO大椙 慎也(法1)
13.CTB西村 雄大(農2)
20筆谷 優樹(政経3)
←10.長石倉(24分)
6.FL古屋 直樹(商3)
→19.圓井(67分)
14.WTB村井 佑太郎(政経1)
21市原 祥平(政経2)
←12.猿楽(60分)
7.FL笠原 卓(法4)
15.FB高平 裕輝(法2)
22堀米 大地(政経1)
←11.斉藤(73分)
8.NO.8小河 康蔵(商4)

〜試合後のコメント〜
HO郷

「相手は強いと聞いていたが自分たちのラグビーができたので大勝できた。後半の最後の方は集中力が切れて、いろいろな部分がおろそかになってしまった。次は早稲田。絶対に負けられない」

PR野崎(政経4)
「完勝できた。ストラクチャー(チームの攻撃の方針)の部分が上手くできていた。反省点は、BKのパスミスと、FWの切り替えで攻守がもたついてしまったところ。あと、後半最後の方で集中力が切れてしまった。個人的にはタックルが全部決まったので。(得点としては)満足いく点差。チーム全体の開幕戦だったので真っ向勝負で挑んだ。次の相手の早稲田は今日みたいには行かない。より集中してぼこぼこにします」

FL古屋
「最初にぽろっと取られてしまったけどしっかり立て直して自分たちのやりたいラグビーができたと思う。ティフェンスでもアタックでも前に出ることができた。ちゃんと1対1が意識できていたと思う。BKの動きがすごく良くてFWも余裕を持てた。この調子でジュニア戦を全部勝っていきたい」

WTB猿楽
「個人的な反省点は今日は特に。チームとしては、入りのところで何本も抜かれたし、全体的にタックルも甘かった。2トライ取られたのは、相手も練習してきてるんだし、しっかり抑えられる部分は抑えることができたので点数としては満足。次の試合も楽しんでやります」

◆2011年・関東大学ジュニア選手権明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
1stフェーズ(カテゴリー1)
9・11関東学大明治G14時
○66−14
9・25早稲田明治G14時
10・1帝京大明治G13時30分
10・9慶応慶応日吉G13時
10・16東海大明治G14時
2ndフェーズ
未定未定未定未定


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: