検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  帝京大に完敗、ジュニア戦初黒星/関東大学ジュニア選手権

◆10・14 平成19年度関東大学ジュニア選手権1stフェーズ(明大八幡山グラウンド)
▼ジュニア戦
明大21−36帝京大○
▼Cチーム戦
明大35−40帝京大○
 13日の対抗戦・対帝京大という第1の山場を勝利で飾り、その余韻冷めぬまま迎えた帝京ジュニア戦。勢いそのままにジュニアチームも連勝すると思いきや、まさかの敗北を喫した。

 どんよりと曇った天候の中、始まった帝京大戦。前半5分、明治のお得意のモールから密集を抜け出し早々と先制トライ。コンバージョンキックもきっちりと決め、このまま明治リードで試合は展開するように思われた。しかし、チャンスをつかみつつも相手にターンオーバーされ、帝京に立て続けにトライを決められてしまい、帝京大が主導権を握ったまま前半は終了。

 前半の嫌なムードを一掃しようとすべく、後半の立ち上がりにドライビングモールでゲイン、そこからトライを決める。ここから明治の反撃が始まった。前半帝京の思うままにトライを決められていた欝憤(うっぷん)を晴らすかのように、続けて田原(政経3)も点を入れる。キックも成功させ、21−24と帝京に3点差まで詰め寄った。だがその直後に帝京大に独走トライを許し、まるで前半の再現かのように立て続けにトライを許してしまう。点差が再び開いてしまったまま、ノーサイドとなった。

 今回の試合は、ラインを突破される場面が多くみられた。ラインアウトもマイボールから相手に奪われるといったセットプレーのミスが目立ち、課題が浮き彫りになった試合だった。しかし、13日の帝京大戦でもリザーブに入っていた田村(文1)がコンバージョンキックを外さずに全てきっちり決めるなど杉本(博・商1)と共に1年生の活躍も多く見られた。

 選手たちには少し過信があったのだろうか。「(9月30日の)早稲田ジュニア戦に勝利して、油断してしまったのかもしれない。ここで負けたので気持ちを切り替える。次は勝ちたい」(土井・政経3)と選手たちは次の試合を見据えている。今回の敗北で味わった悔しさを次の慶応ジュニア戦でぶつけてくれるだろう。

〜試合後のコメント〜

藤田ヘッドコーチ
「Aチームと比べてFWの威圧感が足りず、セットから崩せなかったのが大きな敗因。もっとFWにこだわっていけば良かった。タックルも相手のプレーを止められなければ決まってないのと一緒。まだまだプレッシャーをかけられている印象があった。欠点が見えたのが唯一の収穫と言うしかない」。

黒崎FWコーチ
「Jr.のチームはスクラムが押せてなかった。チームプレーの練習はしているが、個人ではまだまだ。もっと個々が自覚をして主体的に練習しなければいけない。これからFWは上げていく」。

PR土井
「調子は悪くなかった。早稲田に勝てたから、気持ちが少し抜けてしまった。相手のFW陣は押されてもいないが、重かった。敗因はミスが多かったことと、「前へ」いけなかったこと」。
NO.8杉本(博)
「前回、早稲田ジュニアに勝ったことでおごりが出たのだと思う。謙虚さを忘れたらいけないと思った」。

Cチームに出場したFL成田(政経3)
「FWの寄りが甘く、実践の少なさから体力面や組織としての集中力が足りなかった。スクラムで押せなかったのが敗因で、少し油断みたいなものもあったのかもしれない。(個人としては)次の動きへの動き出しとピックアンドゴーが目標だった。今日の敗戦で気持ちが引き締まった」。

☆次試合情報☆
慶応ジュニア戦(10月21日 明大八幡山グラウンド)
ラグビー伝統校・慶応。対抗戦は11月3日に秩父宮ラグビー場で慶応と対決する。対抗戦を前にジュニアチームで勝利をつかみたいところ。[不動地由香]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: