検索
 HOME > 硬式野球部

5回無失点9奪三振と快投を見せた山ア


ボールパーク便り  山アが5回無失点9奪三振の快投を見せ、オープン戦5連勝  

◆ 3・16 春季オープン戦(明大グラウンド)
▼対桐蔭横浜大戦
 ○明大3−0桐蔭横浜大

オープン戦
桐蔭横浜大
明大×

 未来のエースが躍動した。山ア福也投手(政経1=日大三)が5回無失点9奪三振と好投。後続の投手も危なげない投球で桐蔭横浜大打線を無失点に抑えた。打線も投手陣の頑張りに応え、苦しみながらも3得点。粘り強さを発揮し、オープン戦5連勝を挙げた。

 見事な奪三振劇だった。初回から球威のある速球を外角低めに集めると、得意のカーブも低めに決まり、緩急のついた投球で三振の山を築く。3回に三者連続三振を奪うと、5回には三者連続見逃し三振。相手に手も足も出させない完璧な投球で、エースへ一歩前進する活躍を見せた。
 投手陣が試合をつくっている。今日の試合は4人の投手リレーで零封とし、これで投手陣は最近5戦で3失点と好調を維持。守りからリズムをつくり攻撃へとつなげる野球が徐々に形となってきた。

 若い力がチームの底上げを促していく。今日の試合には宮内和也内野手(習志野)、坂本誠志郎捕手(履正社)といったルーキーがスタメンに名を連ね、随所に好プレーを見せていた。ルーキーをはじめとした控え組の活躍は主力選手に刺激を与え、チーム力向上へとつながる。リーグ開幕まで約1カ月。今後もチーム全体の底上げを図り、秋春連覇へ向け盤石の態勢を整えていきたい。

[桑原幹久]


◆春季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
3・17(土)
駒大
明大グラウンド
3・18(日)
上武大
3・19(月)
ヤマハ
ヤマハグラウンド
3・21(水)
専大
明大グラウンド
3・22(木)
東北学大
3・23(金)
東京国際大
東京国際大グラウンド
3・24(土)
国士大
明大グラウンド
3・25(日)
九州国際大
3・26(月)
国武大
国武大グラウンド
3・29(木)
富士重工業
明大グラウンド
3・30(金)
立正大
3・31(土)
神大
4・1(日)
東経大
4・2(月)
東海大
東海大グラウンド
4・4(水)
亜大
明大グラウンド
4・5(木)
セガサミー
4・6(金)
日体大
4・8(日)
流通経大



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: