検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  後半に流れをつかみ今季初勝利!/静岡県ラグビーフェスティバル

◆5・20 2012静岡県ラグビーフェスティバル  (県営草薙競技場)
▼○明治59{26−19、33―7}26同大 


◆スコア◆
明治
同志社
前半後半得点前半後半
PG
DG
263319
59
合計
26


 春シーズンが開幕し3連敗と、いまだ勝ち星のない明治。先週の早稲田戦ではスクラムが安定せずリズムをつかめなかった。さらに昨年、大きな武器であった堅固なディフェンスも鳴りを潜めている。スクラムの安定とディフェンス、この2点を修正し「関西の雄」である同大を相手に勝つことができるのかが、この試合のカギとなった。スクラムは互角以上で優位に立ったが、ディフェンスはこらえられず失点がかさみ26−19で折り返す。だが後半は、要所をしのぎ勢いづくと5トライの猛攻で突き離し、待望の今季初勝利を手にした。
後半は好タックルでディフェンスも立て直した
後半は好タックルでディフェンスも立て直した


 開始6分、ラックで明治FW陣がファイトしターンオーバーすると、敵陣5mまで侵入。同大のペナルティーによりゴール目前でスクラムのチャンスを得る。スクラムからNo.8古屋直樹(商4=日川)が持ち込むと、ラックからFL前田一平(情コミ4=東海大仰星)がインゴールへねじ込み先制。SO染山茂範(政経4=佐賀工)のゴールも決まり幸先のいいスタートを切る。続く12分にもラックからの素早いパス回しで相手ディフェンスをかわしFB高平祐輝(国学院久我山=法3)がトライ。12−0とする。しかし17分、自陣でのペナルティーが続き自陣10mまで攻め込まれると、FWで挑んでくる相手にディフェンスがこらえ切れず失点。3分後にも華麗なキックパスをつなげられ12−12の同点に追い付かれてしまう。その後も両者得点を重ねたが、ペースをつかみ切れないまま26−19で前半を終えた。

山口修のラインブレイクは多くのチャンスを生んだ
山口修のラインブレイクは多くのチャンスを生んだ
試合を左右した後半立ち上がり
 同大のキックオフで始まった後半。キックの蹴り合いとなりボールが落ち着かず、エリアを回復できない。一時は敵陣22m付近まで攻め入るが、ミスから相手にボールが渡るとディフェンスの裏に蹴り込まれ陣地を回復される。ここから相手のアタックをしのぐ苦しい時間が続く。自陣からなかなか脱出できないものの、前半とは見違えるほどタックルも決まり、ピッチを広く使われても素早い集散で対応。決死のディフェンスでラインを割らせない。13分、アタックをしのいでいた明治に好機が訪れる。自陣中央の同大ラインアウトのオーバーボールをFL竹内健人主将(営4=天理)が拾い前進。ラックからSH山口修平(佐賀工=政経3)が持ち出しラインブレイクすると、サポートに走っていた前田へパス。前田がそのまま約30mの距離を走り切りトライし、33−19。点差を広げていく。

 このプレーから明治の猛攻が始まる。ラインアウトの安定しない相手のオーバーボールを拾い2トライ。さらに山口修や染山の個人技などで計5トライを挙げ59−19と試合を決定付けた。この流れのまま、同大をノートライに抑えたかったが、終了間際に再びキックパスを通され失点。59−26となったところでノーサイドの笛が鳴った。4戦目にして今季初勝利を収め、試合後選手の表情からは笑顔が溢れた。

 これまで不安定だったスクラムも安定していたこと、またLO友永恭平(政経4=常翔学園)をはじめとするFW陣がブレイクダウンでファイトし、優位に試合を進められたことが勝因の一つといえる。また、BK陣も果敢にラインブレイクを試みチャンスを演出した。前半と後半の違いはペナルティーの数に表れた。自陣でのミスから失点した前半はペナルティー数が六つに対し、後半は一つだけと一目瞭然。さらに先週の早稲田戦からペナルティーは半減しており、後半の戦い。前半に目立ったミスは課題に、後半6トライとペナルティーを最小限に抑えたことは自信になったはずだ。来週は大学選手権3連覇を果たした王者、帝京大との一戦が控える。アタック、ディフェンスともに後半のような力を発揮すれば臆する相手ではない。




[三用知英]

◆先発メンバー&リザーブ◆
(リザーブのカッコは交替時間)
1.PR石原 慎太郎(政経4=国学院久我山)
9.SH山口 修平(政経3=佐賀工)
→22.田村(後半34分)
16太田 竣介(商3=明大中野)
←3.山口誠(後半27分)
2.HO石沢 敦(文4=国学院栃木)
→17.須藤(後半17分)
10.SO染山 茂範(政経4=佐賀工)
→21.茂木(後半27分)
17須藤 元樹(1=国学院久我山)
←2.石沢(後半17分)
3.PR山口 誠(営4=明大中野)
→16.太田(後半27分)
11.WTB小澤 和人(営3=国学院久我山)
18朴 鐘圭(商3=大阪朝鮮)
←8.古屋(後半23分)
4.LO比果 義稀(文3=京都成章)
→19.上田(後半33分)
12.CTB幸重 記(文3=大分舞鶴)
19上田 宥人(1=東海大仰星)
←4.比果(後半33分)
5.LO友永 恭平(政経4=常翔学園)
13.CTB猿楽 直希(政経4=東福岡)
→20.加納(後半14分)
20加納 遼大(文2=常総学院)
6.FL前田 一平(情コミ4=東海大仰星)
14.WTB市原 祥平(政経3=常翔学園)
21茂木 直也(商3=深谷)
←10.染山(後半27分)
7.FL竹内 健人(営4=天理)
15.FB高平 祐輝(法3=国学院久我山)
22田村 煕(1= 国学院栃木)
←9.山口修(後半34分)
8.No.8古屋 直樹(商4=日川)
→18.朴(後半23分)


◆2012年・招待試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
5・6
天理大
近鉄花園ラグビー場
14:00
●40−41
5・13
早稲田
県営熊谷ラグビー場
14:00
●7−28
5・20
同大
静岡県草薙球技場
14:00
○59−26
5・27
帝京大
山梨中銀スタジアム
14:00
6・10
慶応
青森県総合運動公園陸上競技場
14:00



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: