検索
 HOME > 硬式野球部

硬式野球部  悪い流れ止まらず…。Aクラスに向け後がなくなる/東京六大学春季リーグ戦

◆4・14〜6・3 平成24年度東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・26 対立大1回戦
  明大2―6立大○
1回戦
立大
明大

(明)●山崎(2勝1敗)、大久保、月田、今岡―石畑、武井
(立)○小室(3勝2敗)、小林昌―平本
【本】(立)大塚拓@3ラン(6回=大久保)
【二】(立)大塚拓(4回)、小室(9回)
(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁10 ◇盗塁1 福田(7回) ◇失策0
 
 傾いた流れを、引き戻すことができなかった。早大との過酷な戦いから、中2日で臨んだ今カード。明大は3、4回と立て続けに失点を許すと、6、7回にも点を奪われた。打線は9安打を放ちながらも2点を奪うにとどまり、2−6で敗北を喫した。なおこの日、高山俊外野手(文1=日大三)が5打数3安打で規定打席に到達。打率も3割9分5厘に伸ばしリーグ1位に躍り出た。20年ぶり3人目となる1年生での首位打者獲得も見えてきた。

3回表立大1死一、三塁<br>先制点を許し、肩を落とす山崎
3回表立大1死一、三塁
先制点を許し、肩を落とす山崎


 流れを止めることができなかった。先発の山崎福也投手(政経2=日大三)は「立ち上がりは今までで一番良かった」と言うように、1、2回を三者凡退に切って取るなど上々の滑り出しを見せた。ところが3回、2本の安打を浴びて1死一、三塁とされると、小尾(立大)に初球に犠飛を打たれ先制点を許してしまう。続く4回は、6球で2アウトと取り立ち直りの兆しを見せたが、そこから二塁打を打たれると適時打を浴び、さらに1失点。山崎は5回までで降板し「取られてはいけないところで取られてしまいました。もっと慎重にいかなければ駄目だったと思います」と反省の色を見せた。6回からマウンドを受けた大久保匠投手(文4=花咲徳栄)も2死を取ったものの、そこから安打と四球で2死一、二塁と攻め立てられる。この場面で2ボールとカウントを悪くし、甘くなった球をリーグ戦初スタメンの大塚拓(立大)に左翼席まで運ばれ3点を失った。7回にも、投手の小室(立大)に二塁打を打たれると、前の試合まで規定打席に3打席不足しているものの打率4割5分と好調の1年生大城(立大)に右前適時打を打たれ、追加点を許した。一度流れをつかんだ立大を止めることができなかった。

猛打賞で打率リーグトップに立った高山
猛打賞で打率リーグトップに立った高山


 敗れはしたが、そんな中でも打線で気を吐いたのは、3安打の高山と2安打の小室和弘外野手(政経4=昌平)の2人。高山は初回と4回に安打を放つと、7回には2死一、二塁の好機で打席に入り、バットを折られながらも、初球をしっかり振り抜いてセンター前にポトり。チーム2点目となる適時打を放った。この試合の前まで規定打席に1打席不足していたが、この日5打席に立ち、ついに規定打席に到達。3割9分5厘で打率リーグトップに躍り出た。1年生ながら、首位打者のタイトルが現実味を帯びてきた。
 小室は、6回2死一、三塁のチャンスで1、2塁間を破る右前適時打を放った。「打ったのは、真ん中低め。とにかくつなぐ意識で打ちました」。勝ちにはつながらなかったが、劣勢の中、諦めない姿勢を見せた。

 この敗戦で、追い込まれた明大。明日も落とすとなると、Aクラスの座が消滅する。試合後、田中勇次主将(法4=鳴門工)は「ふがいない。集中力が無かったです」と悔しさを滲ませた。だが「このままじゃ終われない」(田中勇)。明日こそは勝って、秋につながる試合としてくれるはずだ。

[高村洋輔]

☆1年生で首位打者獲得すれば20年ぶり3人目☆
 高山が猛打賞の活躍で打率は3割9分5厘まで上げた。規定打席にも到達し、福富(慶大)を抜いて打率ランキングで首位に立った。1年生で首位打者を獲得すれば、92年春大森篤(早大)氏以来20年振りリーグ3人目の快挙。甲子園通算打率4割1分4厘を誇る期待の新人は、その大器の片りんを早くも見せ付けている。なお立大の1年生大城も規定打席に2打席不足ながら4割3分5厘の高打率を残している。

◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(二)福田(広陵).333二ゴ  投ゴ  二ゴ  左安  左安
(遊)上本(広陵).227三ゴ    投ゴ  右飛      
宮内(習志野)          四球    
今岡(横浜隼人)                  
菅野(東海大相模).300              三振
(右)高山(日大三).395右安    中安  中飛中安  一ゴ
(三)石川(北大津).271遊ゴ    中飛  振逃中飛    
(一)岡大(倉敷商).364  三振  遊ゴ  四球  三振  
(左)小室(昌平).359  三振    二安右安  左直  
(捕)石畑(広陵).136  三ゴ    左飛        
水井(佼成学園).000          左飛      
武井(PL学園).000               中飛  
(投)山崎(日大三).229    一失            
石井(履正社).000        三振        
大久保(花咲徳栄)                  
月田(熊本工).000                  
田中勇(鳴門工)
.125
            三振    
大塚健(花咲徳栄).500                中安
(中)中嶋(桐蔭学園).143    遊ゴ  右安  遊ゴ    
小川(横浜).333                右飛
  
37
.269
                  


◆明大投手成績◆
名 前球数
●山崎(日大三)662.31
大久保(花咲徳栄)0 2/3239.00
月田(熊本工)1 1/3242.53
今岡(横浜隼人)255.40


◆ベンチ入りメンバー◆
18大久保(文4=花咲徳栄)竹内(商4=日大三)10田中勇(法4=鳴門工)
11岡大(政経3=倉敷商)35石井(営1=履正社)小室(政経4=昌平)
19関谷(政経3=日大三)福田(商2=広陵)小川(商4=横浜)
山崎(政経2=日大三)14大塚健(商1=花咲徳栄)中嶋(法3=桐蔭学園)
23今岡(文2=横浜隼人)石川(政経4=北大津)27中原(文3=横浜)
31月田(商2=熊本工)15糸原(営2=開星)37 水井(法2=佼成学園)
石畑(商3=広陵)上本(商4=広陵)38高山(文1=日大三)
22武井(商3=PL学園)26宮内(政経1=習志野)
32坂本(文1=履正社)28菅野(法1=東海大相模)


勝敗表 第7週  5/26現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
早大---○○○○△○●○○○108114.889
法大●●---○○△○○●△○●126422.600
立大●●●●---○○○○95402.556
慶大△●●●●---○○○○94412.500
明大△●○●○△●○●●---○○135622.455
東大●●●●●●●●---90900.000



◆選手コメント◆
打率リーグトップとなった高山
「(早大戦で)優勝はこの前の試合でなくなってしまったのですけど、チームはいい試合ができたので、秋につながるいい試合を(立大戦で)しようと話していたので、自分もこのチームの一員としてチームの役割を果たして勝てるようにやっていました。(7回の適時打の場面は)打ったのはインコース高めのストレート。(好投手の小室だったが)相手があまりいい投手とかは気にしないで普通通りにやっていた。(規定打席に到達して首位打者の意識は)してないと言ったら嘘になります。周りからもあと規定打席何打席と聞かれたりして、心の中にありました。今日3本打って今の打率がどのくらいか分からないのですけど、一番上にいるので、これからまた気を引き締めて、明日勝ってあと2試合またいい結果を出して、自分の記録もそうですけど、いい流れで終われればいいです。(詰まったような当たりの安打が多いが)当てないでしっかり振っている結果がいいところに落ちている。フルスイングは心掛けている。(吉永投手が活躍している)吉永はピッチャーで自分は打者で場所は違うのですけど、同じ1年生には負けたくないのはあります。あいつ(吉永)はピッチャーでいい成績を残しているので、自分で良くなればいいわけではないですけど、自分もおのずと結果が出てくればいいと思います]

5回2失点でマウンドを降りた山崎
「(今日の投球について)駄目でした。3回に取られてはいけないところで取られてしまったのが大きかったです。(初回と2回は三者凡退だったが)立ち上がりは今までで一番良かったです。(4回2死から点を取られたことに関しては)軽くいってしまいました。もっと慎重にいかなければ駄目だったと思います。(早大戦から中2日での登板については)疲れがないわけではないですが、秋につながるような試合にしようという気持ちで投げました。2戦目は自分は出るかどうか分かりませんが、秋にリベンジできるような試合ができたらいいです」

6回に適時打を放った小室
「(タイムリーは)真ん中の低めを打ちました。チームのためにとにかくつなぐ意識で打席に立ちました。今日負けてしまい、次は勝ちが絶対条件なので、勝てるように頑張ります」

代打で出場した田中勇
「不甲斐ないです。あまりにも簡単に点を取られすぎでした。初球から不用意に入り、痛打されました。(後半に流れを掴み切れなかったのは)今まではこういう展開でも、粘りがありました。今日は集中力が切れたと思います。でも、そんなことは言ってられないです。(中2日だったけど)体力的にも精神的にも問題はないです。でも、このままじゃ終われないです。秋への第一歩として、春の集大成として明日は絶対に勝ちます」

先発し、2人の投手をリードした石畑
「(3、4回の失点は)配球ミスです。(6回に打たれた本塁打は)カウント悪くして、厳しいコースを要求できませんでした。それで、甘い球を運ばれました。今まで頑張ってきたので、最終戦はいい形で終わりたいです。だから、明日は勝って3戦目までつなげたいです」


☆応援へ行こう☆
立大戦 
5月27日 13時試合開始予定(三塁側)

☆神宮球場アクセス☆
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: