検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  夏合宿最終戦を大勝で飾り対抗戦へ/練習試合

◆8・26 練習試合(サニアパーク菅平)
▼○明治71{33−14、38−14}28同大A

◆スコア◆
明治
同志社
前半後半得点前半後半
PG
DG
33381414
71
合計
28
 22日の筑波大戦の負けを払拭(ふっしょっく)し、いい形で菅平での合宿を終えたい明治。合宿最終戦の同大は、連敗スタートとなった今季、Aチーム初白星を手に入れた縁起のいい相手である。しかし、副将の染山茂範(政経4=佐賀工)をケガで欠いた苦しい状態でもあった。そんな中で、明治の強力FWが奮起し11トライを奪うなど、前回の対戦同様に大きな勝利を手に入れた。
ジャンパーとしても活躍した竹内
ジャンパーとしても活躍した竹内




 アップの段階で、筑波戦を欠場した竹内健人(営4=天理)の掛け声がグラウンドに響き渡る。それがチーム全体に波及し、今日の試合に対する気持ちの高さを表していた。筑波大戦とは違う試合の入り方に見えたが、先制点は同大。明治のハイパントをキャッチした相手CTBがそのままディフェンスが整う前に、走り切ってトライを決めた。開始5分といきなりの失点だったが、その直後の「落ち着こう」という竹内の声掛けが効いたのかしっかりとディフェンスを立て直す。すると、明治が素早い球出しから波状攻撃。同大がたまらず反則をすると、明治得意のモールで前進し最後は右PR榎真生(政経4=流経大柏)がサイドから押し込む。染山の代わりに出場したSO幸重記(文3=大分舞鶴)が、コンバージョンキックも成功させ早々に逆転した。来ると分かっていても止められない明治のモールは、直後にも追加点を奪い12−7。また、最近の試合ではFLでの出場だったNo.8堀江恭佑(商4=東京)のアタックがさえわたりさらに差をつけた。堀江は合計3本のトライだけに限らず力強い動きで何度もチャンスをつくる。終盤、ディフェンスの足が止まったことから2トライ目を奪われるが、幾度となくピンチをしのぎ切った明治が、21点のリードで試合を折り返す。



  
モールの安定感が勝利につながった
モールの安定感が勝利につながった
ハーフタイムに気合を入れ直した明治だが、またしても立ち上がりを攻められた。ディフェンスの一瞬の乱れから6分に失点し、2トライ差まで詰め寄られる。しかし、またしても明治を落ち着かせたのは、失点直後の円陣での竹内の声とモールだった。4分間でモールから2トライすると、堀江もスクラムから2、3人に当たられながらトライし、後半22分で52−28。すると、ここまでFWのみのトライだった明治のBKも意地を見せる。右CTB西村雄大(農3=高鍋)が元FWらしい力強いゲインを見せ、幸重も染山の欠場を感じさせない動きでゲームをコントロール。そして38分、流れから右WTB斉藤春樹が、この試合10トライ目にして初めて、BKのトライを奪う。コンスタントに点を取り続けた明治が、西の伝統校に勝利を収めた。








 11トライを奪い、合宿最後を勝利で締めくくったことは今後につながるだろう。しかし、前後半の立ち上がりの失点や、FW頼みのトライなど、まだ課題はある。対抗戦初戦の立大戦までちょうど3週間。長いようで短いこの準備期間にできることはあまり多くない。合宿の終わりは、対抗戦へのラストスパートの始まりでもある。

[今野春佑]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: