検索
 HOME > ラグビー部


Go Attacking  (1)フロントロー・石沢敦、石原慎太郎、榎真生 「メンバーがそろっている」A  

 もがいた春。シーズンスタート時は黒星が目立った。高校ラグビー界を沸かせた選手がそろう、期待されている世代だけに、ファンをはじめ、周りの反応は痛烈なものだった。それでも、チームの中では誰一人として下を向いてはいなかった。勝利のスタイルを模索した。春の白星を犠牲にしても果たしたい目標「覇権奪回」のために。試行錯誤は実を結んでいる。チームは上り調子だ。春を5連勝で締めくくり、夏合宿の練習試合では昨季王者の帝京大に競り勝った。

 9月から開幕する関東大学対抗戦、立大との初戦を目前に控え、春の総括をポジションごとに話してもらった。第1回は、HO石沢敦(文4=国学院栃木)、左PR石原慎太郎(政経4=国学院久我山)、右PR榎真生(政経4=流経大柏)のフロントロー3人に話を聞いた。



「(FWは)これだけメンバーがそろっている」(石原慎太郎・政経4=国学院久我山)


<@はこちら


――明治以外での個人的なライバル、目標とする選手は誰ですか?
石沢 青木さん、サントリーの。
 ライバルはいないの? こいつには負けないっていう。
石沢 それはもうチーム内のやつらですよ。
石原 他大は?
石沢 他大学は別に。
石原 今は他大学よりも自分たちの争いだな。
石沢 確実に出られる保証がないし。




――明治の中でポジションを争うのは?
石沢 いや、全員同じくらいだと思ってるんで。HOなんていくらでもいるよ。
石原 俺はライバルっていうか、目標とする人もいなくて。ライバルってわけじゃないけど、早稲田のPRには負けたくないって気持ちはあって。どういう状態でも。全然竜太郎(上田・早稲田)とかプレースタイルも違うので、そこまで意識することはないですけど。とりあえず試合が負けていても、早稲田のフロントローにはスクラムだけは負けたくないって気持ちは強いです。

――それは早稲田だからか、それとも高校日本代表で一緒にプレーしたからですか?
石原 やっぱり早稲田だからって気持ちはありますね。帝京とかと比べても、早稲田の方が負けたくないですね。帝京も負けたくないんですけどね。
 俺もやっぱり上田竜太郎かな。高校の時から一緒に、ジャパン(高校日本代表)とかU−20でずっと仲もいいし。お互いにスクラムを組み合っている仲だけど、仲良いからこそ負けたくないっていうか。お互いに高め合っていきたいなって、友達であって負けたくもない感じ。

――上田選手(早稲田)にどこかかなわないところはありますか?
 足が速いから、一個の爆発力というか。油断していたらボールを持っている。あんまりフィールド内で目立たないんだけど、ボールを取り切れる力も持っているし。で、スクラムも、ものすごい爆発力があるから。油断できないっていうか、目を離せないっていうか。そういう選手だから、そこをもっと見習って、こっちも爆発力をつけたいなって思う。

――上田選手(早稲田)に勝っているところはどこですか?
 力比べ。ゴール前のスクラムであったりモールであったりピック、ブレイクダウンだったら負けない。運動量とか足の速さでは勝てないかもしれないけど、近場でのセットプレーとか押し合いは絶対に負けないっていう自信がある。
石原 負けてねぇよ、ぶーぶー。

――石原・石沢から見た榎選手は?
石沢 スクラムは強いです。
石原 帝京戦とか、僕はスクラムがボロボロにいかれて。で、前半の途中から榎が入ってきて。みんな外国人選手とかでかいFWなのに、意味も分からずボール持ってぶつかりに行くところとか見ると心強いですね。あそこからいい試合になっていったので。
石沢 確かに。
石原 もうちょい早くスイッチ入っていればって思ったけどね。
 照れるだろ、褒められたことねぇんだから。





――先ほども触れましたが、石沢選手についてはどうですか?
 良いところって言ったら、試合でどんなにミスしようがみんなに怒られようが、めげずにそれを改善しようと日々練習しているところかな。だって大学1、2年の時はざわ(石沢)も本当にスローが下手くそで。こいつが投げたらラインアウト取れないな、くらいに思っていたけど、今年は全然ミスないし。あれ? うまくなってる、みたいな。聞いたら、毎日練習しているし。ここんとこずっと練習しているし。さっきも言ったように、選ばれるのは納得。そこが石沢の長所なんだなって。
石原 一緒!
 正直、他の選手に比べて、堀江とか古屋に比べて何かがずば抜けてるってわけじゃない。走れる選手だって、探せばどこにだっているから。だから、何かすごいもんを持ってるってわけじゃないけど、自分ができないことをどうにかして改善しようっていうところで毎日毎日努力してる。そこが改善できた今、Aチームで定着しているわけだから、一番良いところだと思う。照れるだろ?
石沢 照れる(笑)
 ただ思い切りがなさ過ぎる。最近はまあまあ出てきたんだけど、試合中にまず声が出てないのとアタックの時にズガーン! と速く走れるのに、しかも体重も100s近くあるから、だから絶対強いはずなのに。思い切りというか、相手を吹っ飛ばしてやろうという気迫がないかな。
石原 気迫の問題ね。
 ボールを持った瞬間に「当たったら終わり」って言うから、絶対にぶっ飛ばしてやろうとか思ってないっしょ?
石沢 まあね。
 それくらい、相手がタックルしてきたら絶対ぶっ飛ばしてトライしてやるぜっていう気迫が、おれの中ではちょっと足りないんじゃないかなっていう。
石原 気迫ですよね。気迫があれば何でもできる。
 気迫があれば何でもできる!
石沢 それは思いますね。
 あと、自分に自信ないとこな。
石原 自信ないから練習すんだよな。それが良いところなのかもしれないけどな。
 それが良いとこだよね。
石原 それあっての石沢かもしれない。
 照れてんじゃねぇよ(笑)

――最後に石原選手の長所とは?
 ふとした試合中におっ、いく! みたいな感じでパッと抜けてくれるみたいな、ピンチな時に。
石原 そこ褒めるの(笑)
 みんなができないようなことをして雰囲気盛り上げてくれるとこもあるし、練習中も盛り上げてくれる。PRじゃないプレーをする。そこでみんなを引っ張ってくっていうか、俺的にはとても助かってる。試合中の拮抗(きっこう)しているなって時に結構抜けてくれるし、全体的にタックルもいいし器用。なんだかスキがないっていうか。試合中も走っているし。
石原 走ってねぇんだよ。走ってねぇから今走らされてんだよ。
 俺からしたら走っているよ。あとは、練習に対してすごく真面目なところかな。声出しているし、引っ張っていこうっていう気持ちが見られる。そこでちょっとついていこうかなと思う。
石沢 言われちゃったよ、全部。キャプテンになってないけど、チーム盛り上げてくれるし、フィールドでも走ってる。って言おうと思ったら全部言われちゃった。

――夏合宿で意識したいことはなんですか?
石沢 僕は体重を増やしつつ、走れるようにしていきたいなと。
石原 体重ね。体重欲しいね、もうちょいね。
石沢 100sくらいはいきたいですね。今は97sくらいかな。
 110sはほしいな。
石原 110sは無理だよ。
 だったら俺が走れないに決まってるじゃん。
石沢 だから真生ちゃん(榎)の分まで、HOが走らなきゃいけないんじゃない?
 それを言うなよ。さっきから走ることにうるさい榎ですよ。俺としてはヒット。ブレイクダウンとか当たりの強さが絶対に必要。正直、帝京とか3年間連続で優勝してますけど、見ていて一人一人の個々の力が強いから、(明治は)相手一人に対して2人使わなきゃいけない状況にある。外国人選手に対しても一対一で止められる力があれば、絶対にチャンスが生まれてくるはずだから。結局2人とか3人で止めちゃって人数足りなくなったときはどんなに走っても間に合わない。だから夏合宿で一人一人の力というか、タックル力、アタック力、ブレイクダウンの力を高めていきたい。あとはユニットで、慎太郎(石原)が言ったようにスクラムをもっと安定できるように。勝つことはできるんだけど、安定して押し込むことがまだできてないから、そこを重点的に。新ルールのこともあるし。慎太郎(石原)は?
石原 とりあえず走れるようになってから。それが、夏の一番の自分の中でテーマ。試合中に疲れない、どんな状態でも平常心でいられるくらいのスタミナをつけたいなと思ってますね。それとさっき榎がいったスクラムは夏合宿では当たり前のことで、レベルアップしていかなきゃいけないことだと思います。


左から榎、石沢、石原


◆石沢敦 いしざわあつし 文4 国学院栃木高出 182p・97s HO 
◆石原慎太郎 いしはらしんたろう 政経4 国学院久我山高出 181p・108s 左PR
◆榎真生 えのきまお 政経4 流経大柏高出 180p・120s 右PR


[ラグビー担当一同]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: