検索
 HOME > ラグビー部


Go Attacking  (2)BK3・小澤和人、高平裕輝、加納遼大 「FWが安心するBKでいたい」  

 もがいた春。シーズンスタート時は黒星が目立った。高校ラグビー界を沸かせた選手がそろう、期待されている世代だけに、ファンをはじめ、周りの反応は痛烈なものだった。それでも、チームの中では誰一人として下を向いてはいなかった。勝利のスタイルを模索した。春の白星を犠牲にしても果たしたい目標「覇権奪回」のために。試行錯誤は実を結んでいる。チームは上り調子だ。春を5連勝で締めくくり、夏合宿の練習試合では昨季王者の帝京大に競り勝った。

 9月から開幕する関東大学対抗戦、立大との初戦を目前に控え、春の総括をポジションごとに話してもらった。第2回は、右WTB小澤和人(法3=国学院久我山)、FB高平裕輝(法3=国学院久我山)左WTB加納遼大(文2=常総学院)、の3人に話を聞いた。



「FWが安心するようなBKでいたい」(高平)


――春の試合を振り返ってみていかがですか。
加納 初めてAチームに入って、無我夢中に頑張りました。Aチームに慣れるために努力は人一倍しました。自分はステップが得意なので、磨きをかけていました。
小澤 春は、最後ウィングでトライを取り切るというところで、全然取れなくて苦しんでいた部分もあった。あまりいい思い出はない。試合の終盤になるにつれて、どんどん外に振っていこうという話はしていたが、回ってきても力不足でトライを取り切れなかったり、自分のタイミングでもらえないことがあった。そこは修正していくポイント。
高平 Aチームでいることを第一に考えていました。春だったので、基礎的なパスや短いパスを練習後にやって、最後ウィングにパスを放れるように意識していました。

小澤和人
小澤和人


――今年のBKのテーマというのは。
小澤 今年はやはりFWが強いので、それでもBKでもどんどん回していこうという目標を掲げていた。BKでトライを取りたいというのが目標です。サインの量とかは変わりませんが、BKだけの練習はこの夏合宿で結構やっている。BKを引っ張ってくれているのは染さん(染山)と猿さん(猿楽)。
高平 とりあえず、FWが安心するようなBKでいたい。
小澤 自分はウィングなんで、絶対取り切れる、信頼されるウィングに。
加納 スクラムハーフとウィングどちらも経験があるので、相手からしてやりにくいと思われるプレーヤーになりたいです。スクラムハーフとウィングは、動く量が全然違う。ウィングは全然分からず、和人さんの背中だけを見てやってきました。

――昨年はディフェンスに重きを置いたゲームプランでしたが、今年のチームのテーマが「アタッキングラグビー」ということで、さらにアタックを加える形でしょうか。
高平 そうですね。アタックはFWが強かったのでそのまま残して、今年は昨年より点数を取られていたので課題はディフェンスでした。この夏合宿は、いい試合も悪い試合もまちまちです。

高平裕輝
高平裕輝


――帝京大には春のオープン戦で26−59と敗戦しましたが、夏合宿では逆転勝利ですね。変化した部分というのは。
高平 気持ちです。春はディフェンスの前で我慢できなくて、前に出られてしまった。でも夏合宿では、それをふまえて勝ちたいというのがあった。筑波大は、ペナルティーが多くて、ほぼペナルティーの数で負けてしまった。試合後にペナルティーをなくそうという話をしました。
小澤 (筑波大は)外に振ってくるのは分かっているので、そこを止められればFWで勝っているので、負ける気はしないです。ちゃんとこっちが走ってペナルティーをなくせば、負ける相手ではないはずです。

――試合中BKからFWへ要求することはありますか。
小澤 FWが前に出て、ゴール前に行ったらモールで取り切ってほしいです。明治らしく。

――明治内でそれぞれライバルはいますか。
小澤 ライバルというか、AとBが戦ったらBは全員が死に物狂いでAに勝とうとする。ライバルというかチームごとで上のチームには絶対負けないという気持ちを全員持っていると思いますね。

加納遼大
加納遼大


――お互いの印象を挙げてください。
高平 加納はステップと早さ。あと、あんまり抜かれるのを見ないですね。悪いところはナルシスト。小澤は高校から一緒なので、全てにおいてすごい。悪いところはないですね。一番やりやすいです。
小澤 加納はキレキレで、するすると抜けていくのですごいと思う。悪いところは細過ぎる。体重増加を。高平の良いところは縦の強さ、ロングキック。やりやすさはある。ポジショニングが、動きでどこにいるか分かる。悪いところはないですね。
加納 2人は雲の上のような存在。試合を見に行ったりしていました。和人さん(小澤)は、そのムキムキな体で早さと、鋭いステップを持っているので、相手にはなりたくない。プレー面で悪いところはない。ただ、何かと敵に回していじめてきます(笑)高平さんは一緒にやっていて必ずディフェンスで止めてくれるので、安心しています。あと、ライン参加やスペースを見つけるセンスが素晴らしいですね。高平さんも面白がっていじめてくる。もっと仲間にしてほしい。

――これから対抗戦開幕へ向けて課題を教えてください。
小澤 BK3で考えると、早稲田、筑波がライバル。早稲田には(夏の練習試合で)負けましたが、強いというイメージはありませんでした。ペナルティーを少なくするのと、全体のイージーなミスをなくしていきたいですね。


左から高平、加納、小澤


◆小澤和人 おざわかずと 営3 国学院久我山高出 172p・80s 右WTB 
◆高平裕輝 たかひらゆうき 法3 国学院久我山高出 180p・86s FB
◆加納遼大 かのうりょうた 文2 常総学院高出 173p・72s 左WTB


[ラグビー担当一同]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: