検索
 HOME > ラグビー部


Go Attacking  (3)HB・染山茂範、山口修平 「優勝しか頭にない」  

 
 もがいた春。シーズンスタート時は黒星が目立った。高校ラグビー界を沸かせた選手がそろう、期待されている世代だけに、ファンをはじめ、周りの反応は痛烈なものだった。それでも、チームの中では誰一人として下を向いてはいなかった。勝利のスタイルを模索した。春の白星を犠牲にしても果たしたい目標「覇権奪回」のために。試行錯誤は実を結んでいる。チームは上り調子だ。春を5連勝で締めくくり、夏合宿の練習試合では昨季王者の帝京大に競り勝った。

 9月から開幕する関東大学対抗戦、立大との初戦を目前に控え、春の総括をポジションごとに話してもらった。第3回は、SO染山茂範(政経4=佐賀工)、SH山口修平(政経3=佐賀工)のHB2人に話を聞いた。



「今年は対抗戦も大学選手権も優勝。それしか頭にない」(染山)


――春の試合を振り返ってみていかがですか。
染山 今年は新しいことを取り入れてやってきて、最初はなかなかその成果が出なくて、焦っていたっていう部分もあったんですけど、試合も後半になるにつれ、自分たちのやりたい部分や強みというのも見えてきた。いい春のオープン戦だったかなと。プラスになるようなことが多かったと思います。

染山茂範
染山茂範


――新しい取り組みとは。
染山 去年はディフェンスを意識してやっていた。今年もそれはおろそかにはしていないが、アタックにもスキが多いので、そこでSHの足を生かしたりと。

――春の完成度はいかがですか。
染山 連勝を意識したことは正直ない。去年も今年も勝とうとは思っていますけど、連勝したからって、たぶん誰も満足していないと思います。勝った試合でも反省の多い試合ばっかりだったので。5連勝と言われて「あ、そうだったんだ」という感じです。
山口 5連勝は、こっちがやりたいことをできるようになったというのもありますし、戦う相手のレベルも少しずつ落ちてきているのもある。

――春の反省点を挙げるとすればどこでしょうか。
染山 いつも明治の弱点と言われているというか、前半の入りと後半の終わり。そういうところでトライを取られるシーンが多かった。そういうところでもっと気を引き締めていかないといけないという反省はありました。あとディフェンスかな。
山口 ディフェンスですかね。シャットアウトして初めてアタッキングラグビーができる、と考えてやっている。1試合もシャットアウトできていませんし、得点を取れるようになったのは見ていただいて分かると思うんですけど、ディフェンスが良くない。(関東春季大会)初戦の東海戦なんか、ゴール前にめっちゃ行ってるんですけどラインアウトを6本くらいミスったりとか。モール組めたら強いんですけどね。組むまでにいろいろ課題がある。

――今年のチームのタイプは。
染山 アタック!
山口 アタック!

――2人が考える「アタッキングラグビー」とはどのような形でしょうか。
染山 一番変わったと思うのはSHが動くこと。ハーフが球を持ち出すことによって、FWが相手のギャップに走りこめる。スペースが空いたらSHがそのまま走るし。そこが一番変わって、そしたら周りもよく動くようになって攻撃の選択肢が増えた。
山口 アタッキングラグビーをやるということでSHのアタックの量が求められていると思う。それで自分も使ってもらっていますし。あと、立ってボールをつなぐっていうこと。今年は去年に比べて、ゴール前でもボールを動かすことを意識しています。敵陣でも自陣でもボールを動かそうということで、アタックの時間をとても増やそうとしてると思います。

――理想の「アタックキングラグビー」の完成形に足りないところはどこでしょうか。
染山 FWとBKの連携。もっとうまくいけば、もっと良くなる。
山口 連携のところも一つだと思いますし、今は1人のボールキャリアーが当たったらラッチして前に行こうと考えているんですけど、そこでもう一つボールをつないでいけたら、もっと楽に前に出られると思います。

――Aチームで起用されている理由をご自身ではどう考えていますか。
染山 自分で言うのは難しいですけど。今年だったら、安定はしていたかな、自分としては。キックの精度であったり、ディフェンスだったり、アタックの選択だったり。安定していたので、そこで起用してくれていたのかな、と思います。
山口 僕が入学した頃の明治はディフェンスのチームだったんですけど、今年からアタックに力を入れるようになって、練習とかもとても楽しいですし、自分のやりたいことをできるようになってきたので自由にやらせてもらっている感じがする。
染山 そうですね。コーチ陣であったり監督が、自分たちがやりたいと言ったことに対していろいろ考えてくれて、僕らの要望をうまくコントロールしてくれるのでやりやすいです。

――Aチームで出場するにあたって染山選手から声を掛けられましたか。
山口 去年までSHがビッグゲインとかトライってなかったんですけど、僕がビッグゲインを切ってトライしたら、そういう面で「チームの得点能力が上がっている」って言われた時はうれしかったですね。だから、もっと自分で持って行っていいんだぞって言われました。

――昨年は秦一平選手(平24法卒・現NTTドコモレッドハリケーンズ)がAチームで活躍されていましたね。
山口 秦さんにはディフェンスなど秦さんの良さがあって、でも今年はアタックをしっかりやろうということで。違うところを評価されて起用してもらっているので、あまり比べようとは思わない。秦さんは仕掛けるタイプではなかったので。

――春先は負けが続きましたが、ミーティングで話し合ったことは。
山口 一番はFWとBKの連携のところで。最初はSHからFWを使うというスタイルしかなかったんですけど、それをどうSOのところに絡めていくかというところに一番時間がかかったと思います。

山口修平
山口修平


――染山選手は、以前「BKにもっとボールを回したい」と言っていましたね。
染山 ゴール前に行くまでのアタックでBKにもどんどんボールを回して、今年はそうやってゲームを仕切れている。ただ、ゴール前5mで確実にトライを取れるのはFWのモールであったりスクラムなので、強みなので全面に押し出していく。そこまではBKでもしっかりミーティングしながら、ゲインしてトライを取れるようなアタックを今年の春はずっとやってきた。BKでもトライを取ろうという意識は高いと思うので。FWとBKのいいところをうまく出しながらやっていけたらいいなと思う。
山口 BKでもトライが取れるんだぞってところは見せたいと思いますね。それができたらFWも楽になると思いますし。

――染山選手から見た山口選手は。
染山 高校から一緒なのでプレーの面では信頼はしてます。自分で仕掛けてギャップを見つけて裏を抜いて行ったり、アタック面では信頼を置いていますけど、いいところでのパスであったりディフェンスをもうちょっと頑張ったら完璧になると思います。

――山口選手から見た染山選手は。
山口 僕は高校生の時から絶対の信頼を持っていた。僕はずっと、染山が日本一のSOだと思っていた。だから一緒についていって言われたことをやっていれば間違いないと思いました。しっかり、足を引っ張らないようについていけば、成長できると思っていた。でも、今年はそれに一つ、求められていることがあるので。頼りすぎず自分でしっかり前を見て考えて行動できれば大丈夫だと思っています。

――共に佐賀工出身ということがプレーにも影響することがありますか。
染山 寮で同じ部屋なので。すぐに言いたいことが言えるし、こいつがすぐにやんちゃするんで、しっかりそこは僕が副将としてカバーします。言いたいことは言い合えていると思うので、その辺のHB団よりもいいコンビだと思います。
山口 僕が大学1年生の夏でBチームに出され始めた時、慌てて何をしたらいいのか分からなかった時に、高校の頃のサインを言ってくれてとても助かりました。
染山 大体、僕がやりたいことが分かっていると思うので、口であんまり言わずにアイコンタクトや動作で分かってくれているので、高校時代からそうなのかなと思います。

――対抗戦に向けて目標を教えて下さい。
染山 今年は対抗戦も大学選手権も優勝。それしか頭にない。
山口 僕はまだ3年生で来年もあるんですけど、4年生が本当に頑張っていますし、尊敬できる人たちがたくさんいる。4年生の大学生活最後の日本一に貢献できたらいいなと思います。



左から染山、山口



◆染山茂範 そめやましげのり 政経4 佐賀工高出 171p・75s SO 
◆山口修平 やまぐちしゅうへい 政経3 佐賀工高出 172p・70s SH


[ラグビー担当一同]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: