検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  FW陣が強さを見せつけ、東海大に勝利/関東大学ジュニア選手権

◆9・1〜11・25 第34回関東大学ジュニア選手権(八幡山グラウンド他)
▼9・30 1stフェーズ カテゴリ1 東海大戦(八幡山グラウンド)
 〇明治36{24−0、12−7}7東海大

◆スコア◆
明治
東海大
前半後半得点前半後半
PG
DG
2412
36
合計
 チーム一丸となり連勝を目指したいジュニア選手権2戦目。15日の早明戦を制した明治は勢いそのままに、東海大を圧倒する。後半こそスキを突かれトライを許すものの、試合を通してボール支配率で完全に上回り36−7。攻守に力の違いを見せつけた試合となった。 
ゲームキャプテンとしてチームを鼓舞した古屋
ゲームキャプテンとしてチームを鼓舞した古屋


 明治は前半から主導権を握り、相手にボールを渡さない。東海大のボールになっても、FW陣の寄りの速さからターンオーバー。反撃を防ぎ、オフェンスにつなげる。またPR勝木来幸(営2=常翔学園)の安定したスローイングからのラインアウトで、攻撃のリズムを生み出す。先制点は前半17分だった。インゴール手前、ラックからモールを形成しそのままトライ。明治らしい形での先制点で、チームを勢いづかせる。FW陣が攻守ともに存在感を見せる中で、FWとBKを融合させたのはSO田村熙(営1=国学院栃木)だった。多彩な攻撃パターンを生み出し、東海大を翻弄(ほんろう)。前半24分にはキックと見せかけたランプレーを見せ、八幡山の明治ファンを沸かせた。前半はブレイクダウンでの強さで東海大に勝り、ゲームを完全に支配。No.8古屋直樹(商4=日川)のトライなどで4トライを奪い、24−0で前半を折り返す。


FW陣が試合を支配した
FW陣が試合を支配した
 東海大を突き放したい後半だったが、FW陣に疲れが見え始める。7分には、ディフェンスのスキを突かれハーフライン付近から東海大に独走トライを献上。その後も、疲れからセットスピードが遅くなり東海大オフェンスにゲインを許してしまう。我慢の時間帯が続くが、ここでトライを取らせないのが今の明治。チームを通してタックルの精度が高く、追加点を許さない。苦しい時間帯では、HO圓生正義(政経3=常翔学園)が精力的に声を出しチームを引っ張った。明治は23分、圓生がラックからボールを奪い、低い体勢でラインブレイクし魂のトライ。29−7と東海大を突き放す。27分にはHO牛原寛章(政経2=佐賀工)が出場し、再びFW陣が活発なプレーを見せ、躍動する。35分には、自陣でのラインアウトから勝木と牛原の息の合ったプレーを見せる。試合終了直前には、WTB齊藤剛希(商1=筑紫)もトライを奪い36−7。明治がジュニア戦2勝目を勝ち取った。

 春季を振り返って、思うような試合ができなかったBチーム。しかし合宿を乗り越え、初戦の早明戦に勝利し、ついに上昇気流に乗ったと言えるはずだ。ノックオンなどの小さいミスも少なく、ラインアウトとブレイクダウンでは圧倒的な強さを見せつけた。次戦は、王者・帝京大戦。苦戦することは必至だが、今の明治なら金星を挙げてくれるはずだ。

[阿部慎]
◆先発メンバー&リザーブ◆
(リザーブのカッコは交替時間)
1.PR勝木 来幸(営2=常翔学園)
9.SH村島 亮平(政経2=常翔啓光学園)
16牛原 寛章(政経2=佐賀工)←圓生(後半27分)
2.HO圓生 正義(政経3=常翔学園)→牛原 寛章(後半27分)
10.SO田村 熙(営1=国学院栃木)
17須藤 元樹(政経1=国学院久我山)←3.榎(後半16分)
3.PR榎 真生(政経4=流経大柏)→17.須藤(後半16分)
11.WTB佳久 創(法4=愛知)→21.齊藤(後半39分)
18寺田 大樹(文2=秋田工)←4.友永(後半16分)
4.LO友永 恭平(政経4=常翔学園)→18.寺田(後半16分)
12.CTB松本 憲幸(文3=国学院久我山)
19朴 鐘圭(商3=大阪朝鮮)←7.平井(後半32分)
5.LO南 宗成(商2=大阪朝鮮)
13.CTB西橋 誠人(商2=桐蔭学園)→22.紀伊(後半32分)
20多田 潤平(文4=高鍋)
6.FL安永 賢人(営1=長崎北)
14.WTB小澤 和人(営3=国学院久我山)
21 齊藤 剛希(商1=筑紫)←11.佳久(後半39分)
7.FL平井 伸幸(法2=桐蔭学園)→19.朴(後半32分)
15.FB村井 佑太朗(政経2=秋田工)
22紀伊 皓太(文1=日川)←13.西橋(後半32分)
8.NO.8古屋 直樹(商4=日川)


◆2012年・関東大学ジュニア選手権明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
1stフェーズ(カテゴリー1)
9・15早稲田明治八幡山G14時
○14−10
9・30東海大明治八幡山G13時
○36−7
10・14帝京大帝京大G13時30分
●14−38
10・28筑波大明治八幡山G14時
●17−20
11・4慶応慶応日吉G14時
○24−14
プレーオフ
11・25慶応 明治八幡山G11時30分
○33−32


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: