検索
 HOME > ラグビー部

キャプテンとしてチームをけん引した古屋

ラグビー部  Aチームに引き続きジュニア戦でも慶応を撃破/関東大学ジュニア選手権

◆9・1〜11・25 第34回関東大学ジュニア選手権(八幡山グラウンド他)
▼11・4 1stフェーズ カテゴリ1 慶応戦(慶応日吉グラウンド)
 ○明治24{14―7、10―7}14慶応

◆スコア◆
明治
慶応
前半後半得点前半後半
PG
DG
1410
24
合計
14


 リーグ最終戦を迎えた。帝京大戦、筑波大戦と2連敗中のBチーム。決勝トーナメントに残るためには絶対に落とせない一戦だ。前日Aチームが対抗戦で制した慶応を相手に4トライを挙げ、見事勝利を収めた。

難しい角度からのゴールも決めた田村
難しい角度からのゴールも決めた田村
 立ち上がり、早々にキックでディフェンスのスキをつかれ明治はピンチを迎える。ゴールライン前で慶応の猛攻を受け、粘り強いディフェンスが耐え凌ぐ状況が続いた。そんな中、前半9分のSO田村熙(営1=国学院栃木)のキックで形勢は逆転。左CTB松本憲幸(文3=国学院久我山)からのパスを右CTB西橋誠人(商2=桐蔭学園)が押し込み先制トライを挙げた。難しい角度からのコンバージョンキックを田村が決め、7―0と慶応を引き離す。その後もFWを生かし、スクラムから飛び出したNo.8朴鐘圭(商3=大阪朝鮮)が得点を追加。慶応にラインアウトから1トライを許すものの、14―7のリードで前半を折り返した。

 後半の序盤は慶応ペース。6分にトライ、ゴールを決められ14―14に追い付かれた。その後は左PR勝木来幸(営2=常翔学園)や右LO友永恭平(政経4=大阪工大)の突破も見られたが、ラインアウトでターンオーバーされる場面も目立ちなかなか得点につながらない。それでも同点のままであった試合を動かしたのは明治だった。試合終了10分前でBKがゴール前でのパス回しで慶応のディフェンスを翻弄(ほんろう)し、左WTB佳久創(法4=愛知)がトライ。さらに33分にもジュニア戦でキャプテンを務めてきた左LO古屋直樹(商4=日川)が追加点を挙げ24―14でノーサイドとなった。

 伝統校である慶応に勝利し「かなり自信になった」(朴)。決勝トーナメントへの望みをつなげた明治。対抗戦でAチームが全勝で波に乗る中、明治の選手層の厚さを見せつける結果となった。

[関本紗希]

◆ジュニア戦 対慶応戦の先発メンバー&リザーブ◆
1.PR勝木 来幸(営2=常翔学園)
9.SH村島 亮平(政経2=常翔啓光学園)
16光田 佳史(営4=大阪桐蔭)
2.HO圓生 正義(政経3=常翔学園)
10.SO田村 熙(営1=国学院栃木)
17須藤 元樹(文1=国学院久我山)
3.PR松波 昭哉(政経2=東福岡)
11.WTB佳久 創(法4=愛知)
18梁 哲盛(営4=大阪朝鮮)
4.LO古屋 直樹(商4=日川)
12.CTB松本 憲幸(文3=国学院久我山)
19前田 一平(情コミ4=東海大仰星)
5.LO友永 恭平(政経4=大阪工大)
13.CTB西橋 誠人(商2=桐蔭学園)
20茂木 直也(商3=深谷)
6.FL圓井 文也(商2=常翔学園)
14.WTB加納 遼大(文2=常総学院)
21水野 拓人(情コミ2=東海大仰星)
7.FL安永 賢人(営1=長崎北)
15.FB紀伊 皓太(文1=日川)
22齊藤 剛希(商1=筑紫)
8.No.8朴 鐘圭(商3=大阪朝鮮)


試合後のコメント
左LO古屋直樹(商4=日川)

「今日は絶対に落とせない試合だったので勝ててとてもうれしい。昨日も試合に出てコンディション的には難しいところがあった。それでもメンタルの方はしっかりと試合に持っていけたので問題はなかった。下級生が多くて元気があるというのはチームとして活気が出てくるので助かった。他力本願になるが決勝リーグもまだ行ける可能性もあるのでそこに向けてBチームは練習を積み重ねていきたい」

No.8朴鐘圭(商3=大阪朝鮮)
「相手も低く早いタックルで鋭かったが、明治はFWが負けてはいけないので、前に出て有利に試合を運べた。ゲームプランはいつも通りに、エリアを取って強いFWで前進。ちょこちょこキックミスもあったが、そこはFW走ってFWからいこうとした。この勝利はかなり自信になったので、これに満足せずこれからもしっかり精進していきたい。次の相手がどこであっても、Bチームの全力を尽くして勝つことだけを意識していきたい」

左WTB佳久創(法4=愛知)
「今日は危ない部分もあったが、そこで落ちることなくできて良かった。FWだけBKだけじゃなくて、チームのために一つになってプレーできた。(トライについて)いっぱいいっぱいだったが、久しぶりのトライだったのでうれしかった」


◆2012年・関東大学ジュニア選手権明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
1stフェーズ(カテゴリー1)
9・15早稲田明治八幡山G14時
○14−10
9・30東海大明治八幡山G13時
○36−7
10・14帝京大帝京大G13時30分
●14−38
10・28筑波大明治八幡山G14時
●17−20
11・4慶応慶応日吉G14時
○24−14
プレーオフ
11・25慶応 明治八幡山G11時30分
○33−32


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: