検索
 HOME > ラグビー部

今年からBKコーチに就任した山口氏

ラグビー部  首脳陣が語る、理想のチームづくり 山口BKコーチ

 全員ラグビーをスローガンに掲げ、新体制で春シーズンをスタートさせた明大ラグビー部。その中で昨年に引き続き部を引っ張る原点回帰の立役者・藤田ヘッドコーチと、部からの熱烈なオファーによりこの春バックス専属コーチとして明大ラグビー部のスタッフの一員となった元サントリーサンゴリアスの山口大輔コーチ。部の中枢的存在であるお二方に、自身の思い描く今後の理想や展望についてお話を伺いました。
――今年から明治に来られたきっかけは?
 「母校のことがずっと気になっていて、昨年は試合や練習に度々顔を出していました。その中で選手たちの思いやポテンシャルを感じ、またコーチ陣も一体となっていて素晴らしいチームだと思いました。ここ何年か本調子が出ていないと聞いていたので、昨年のベースにプラスαで何かできたらと思いコーチに就任することを決めました」。

――母校への恩返しということですね?
「そんなきれいな言葉かどうかわからないけど、これから明治が優勝して、それが結果として恩返しということになればいいですね」。

――山口コーチにとって理想のチームとは?
「個人の力が圧倒的なチームですね。馬鹿正直にでも、1対1で向ってくる相手を倒していく。FWとかBKとか関係なく、全員がそうなれることが理想です」。

――理想を実現するためには?
 「今はまだ“圧倒する”という部分で個人個人がイメージ不足なんですね。あと1ヶ月半で全員が全員、圧倒していくんだという意識をもってほしいです」。

――ここまでやってみて感触はどうですか?
「選手からはどん欲に吸収しようとする姿勢を感じられて良いですね。ただ、強い思いはあっても実際に吸収したものを自分のものにはできていない。教えられたことを吸収して覚えても、それを自分で考えて練習して表現しなければ意味を成さないですからね。要は「勝ちたい」と思っても「どうやったら勝てるのか?」というところまで辿りつけていないんですよ。本当に試合に出たいのならば、また勝ちたいならばある意味自分の過去を否定しながら前に進んでいかなければなりません。選手たちにはもっと自主性を育んでもらいたいです。でもそこはこちらが出せ出せ言ったかところで出るものでもないので、個人個人がもっと意識して出していくしかありません」。

――山口コーチは土日のみの指導ということですが、選手とのコミュニケーションはとれていますか?
「僕はとれてると思っていますよ。選手がどう思ってるかはわからないけど。少なくとも指導していく上でのモットーとしてコミュニケーションを大切にしています」。

――どんな形でのコミュニケーションを?
「練習中、さすがに何十人といる選手一人ひとりと会話するのは不可能です。だから僕は一人ひとりの表情を見ます。それで理解できているかどうか判断し、理解できていないと判断した選手には必ず何かしらの形でアプローチしていきます」。


――FWが強いチームの中のBKということで、指導も特異なものになってくると思うのですがその点はいかがでしょうか?
「FWが強いということはとにかく前へ出てくるということ。前に出てくるという特徴からBKにも多くの利点、優位性が生まれてくるんですね。しかし今はその優位性を生かしきれていないんです。そこで僕たちがやるべきことは、優位性をフルに利用させるわけではなくその中から取捨選択してやるんです。方法論を絞ることでそれが“勝ち方”の習得につながっていくと考えています」。

――今日の試合(5・13 帝京大戦)を見ていてどうでしたか?
「敗因はコーチングですね。またあくまでFWが強いということを大前提に指導しているので、今日のようにFWが弱いと本来目指すものとはまったく違うラグビーになってしまいますね」。

――山口コーチの学生時代の明治はいわゆる常勝軍団だったわけですが、当時と比べて今の明治に足りないものは何だと思いますか?
「気持ちということに尽きると思います。当時は選手一人ひとりが自信を持っていて、本当に強かったですから」。

――山口コーチの思う“前へ”とは?
「まだわからないです。でもやっぱり気持ちじゃないですかね。「絶対に前へ行くんだ」という気持ちがあれば負けないと思います」。

――明大ラグビーファンに一言お願いします。
「優勝できるように頑張るので応援してください!」

◆山口大輔 やまぐちだいすけ 平11政経卒 トップリーグ・サントリーサンゴリアスでの選手生活を経て、今春から明治大学ラグビー部バックス専属コーチに就任。

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: