検索
 HOME > 硬式野球部

正捕手の座を確立したい坂本


東京六大学野球 2013〜春〜  (3)選手インタビュー 坂本誠志郎、菅野剛士  

 今季こそ王座奪回だ。昨季は終盤まで優勝争いをしながら、終盤2カードを落とし、4位に終わった。巻き返しを狙う今年は中嶋啓喜主将(法4=桐蔭学園)、関谷亮太投手(政経4=日大三)、山崎福也投手(政経3=日大三)ら、昨年からの主力が数多く残り、戦力は充実している。2008年以来5年ぶりの春季リーグ戦優勝に向け、準備は整った。
 絶対的存在を目指す。昨季、1年生ながら全試合スタメンマスクをかぶった坂本誠志郎捕手(文2=履正社)。巧みなリードで投手陣を支えた。今年も激しい正捕手争いをくぐり抜け、扇の要として活躍を目指す坂本に、今季への意気込みを語ってもらった。

――昨年を振り返っていかがですか
坂本:
秋は初戦を落としてしまうことが多くて、いい流れをつくれませんでした。個人としては自信になったシーズンでしたが、チームとしてはやはり優勝したかったです。

――新チームになって冬の期間はどう過ごしましたか
坂本:
新体制になってから一から基礎づくりをやっていきました。バッティングに関してもそうですし、ウエイトや走り込みなどもやっていきました。リーグ後半で疲れが出てしまい、体が付いて来ない感じだったので、トレーナーの方に見てもらって全体的に鍛えていっています。投げる、打つ両方に関して下半身の筋力アップはもちろん、いかに野球につなげていくかが大切になってくると思います。

――チームの雰囲気はどうですか
坂本:
中嶋さんを中心にみんなでやっていこうという意識も出ていますし、いい雰囲気です。

――今年は米国キャンプにも行かれましたが収穫はありましたか
坂本:
野球が違いましたし、日本にも米国にもいいところはありました。米国の同じ大学生やメジャーの選手たちなど米国の中でもいろいろな野球を見ることができたので、その辺は勉強になりました。

――今年も昨季同様にレギュラーとして活躍が期待されます
坂本:
まだ自分が出場するとは決まっていませんし、石畑さん(桂佑捕手・商4=広陵)や西村さん(祐希捕手・法4=春日部共栄)といったいいキャッチャーが多いので、その中で自分の立場をいかに確立するかが大切になってくると思います。自分が首脳陣に評価されているところを出していかないと使ってもらえないと思うので、求められているものをクリアしていきたいです。ですが次もレギュラーとして出たいというところを最終的な目標にするのではなく、もっと上のレベルのいろいろなキャッチャーを見て、高い目標を持ってやっていきたいです。

――目標の捕手はいますか
坂本:
特にこの人というのはありませんが、去年の早稲田の地引さんは試合に出ているだけで存在感がありました。あの人がいるか、いないかでチームが変わっていたと思います。自分も技術だけじゃなくて、チームにとって欠かせない選手だと周りに思われるような存在感を持っていきたいです。

――リード面で意識していることはありますか
坂本:
秋は変化球が多かったかなと思います。相手もそれ見ていたと思うので、今年は直球を増やしたりするかもしれません。その辺に関して、今まで変化球が多かった分、それをどう生かしていくかということを考えています。自分はあまりDVDとかで見直さない方ですね。ひらめきでやるタイプなので、配球をパターン化しないようにとは考えています。次また同じ配球をするかもしれないし、しないかもしれません。その判断はそのときの自分と投手の感覚によっても変わってくると思います。

――主にバッテリーを組む上級生の投手とのコミュニケーションの難しさはありますか
坂本:
先輩から積極的に話しかけてもらえているので、コミュニケーションに関しては難しいところはなかったです。ですが、試合で自分が要求しているボールに首を振られた時にどうしたらいいかということは悩みました。お互いが納得した上で投げてもらえるようにしていきたいとはいつも思っています。

――捕手としての守備力に関しては
坂本:
それに関しても大事なことだと思うので、キャッチャーの練習だけでなく、内野の守備練習に入ったりして、下半身の動きを確認したりしています。またドジャースのブルペンキャッチャーの方にストップの技術教えてもらいました。特別なことではなく、そんなことでいいのかなと思うようなことを教わりましたが、その繰り返し、積み重ねがプレーにつながってくるのだと思いました。自分はその練習をしてからコツをつかんだ感じがします。いかに早く反応できるかが大事ですし、変化球によって跳ね方も違うので、それによって体の入れ方も意識しています。それでも全部止められるわけではないので、止めるよりも捕るというイメージを他の捕手とも意識して練習しています。

――今年の投手陣の印象は
坂本:
他大と比べても層は厚いと思います。その中で、言い方は悪いですが、自分はそれをどう扱っていくかが仕事になってくるので、投手一人一人のいい部分を引き出していきたいです。

――投手陣の柱となる関谷、山崎両投手の調整は
坂本:
今までずっと受けてきているのであまりイメージは変わりませんが、それ以外のパターンもつくっていったり、一つ一つの投球の精度を上げていくことが大事だと思います。山崎さんに関しては受けていてどの投手よりも一番良くなったと思います。投球への意識の高さもあるし、米国で通用したという自信もあって、開幕へよいステップを踏めています。本人も受けている自分以外の捕手も昨年以上の手応えを感じていると思います。関谷さんに関しても、自分で考えて追い込んでいくタイプなので、自分からはあまり口を出さないようにしています。その中でも気になることはしっかり言えているので、いいコミュニケーションは取れていると思います。

――打撃については昨秋から感じたことはありますか
坂本:
実際にリーグ戦を経験して、そんなにボールに付いていけないこともないと感じました。あとは打球の強さや、いかにヒットを増やしていくか、また飛距離も出たほうが相手にとって怖い印象を与えられると思うので、スイングスピードを上げていき、有原さん(早大)や白村さん(慶大)といった速い球に負けないようにしていきたいです。

――最後にファンへ向けて一言お願いします
坂本:
明治のユニフォームを着て野球をやるからには監督からもプライドを持ってやれと言われますし、明治の看板を背負ってがむしゃらに必死に頑張りたいと思います。明治のファンの方々は熱い人が多いので、存在感を出して常に気にしてもらえる選手になっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました。

◆坂本誠志郎 さかもとせいしろう 文2 履正社高出 175cm・77kg  捕手 右/右

坂本 昨秋・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨秋
14
40
.200
通算
16
49
10
.204





勝負強さが売りの菅野
勝負強さが売りの菅野


 菅野剛士外野手(法2=東海大相模)は咋春リーグ戦初出場を果たすと、立大2回戦では5安打を放つなど一気にブレイク。今年も打線の中心を担う菅野に今季への意気込みを語ってもらった。

――昨年を振り返っていただいていかがですか
菅野:
春秋共に早稲田、法政に目の前で優勝されているのですごく悔しかったです。また、そういった大事な試合でちょっとしたミスをしてしまったので、そこをどう生かせるかと思いました。

――具体的に見つかった課題などはありましたか
菅野:
思っていたよりかは通用したと思います。ただ、あの時は自分も1年生でまだデータが無い中で攻められました。今年はデータが出ているはずなので、他大学の対策を越えて打っていけたらなと思います。

――もう少しやれたなと感じる点はありましたか
菅野:
疲れもあって打撃の調子に波がありましたし、守備ではもっとデータを分析してポジショニングできたらなと思いました。そういう面では、もっともっとやるべきことは多いと思います。

――やはり、リーグ戦の疲労というものは大きかったですか
菅野:
1週間に2、3試合ですが、体以外に精神的にも疲れました。2か月は長いです。授業もありますし、両立しなければなりません。最終戦なんかは疲労がピークでした。スタミナが足りないと感じました。

――疲れを取るための息抜き法などはありますか
菅野:
1週間に1回オフをもらえているので、おいしいものを食べに行ったり…買い物することですね。

――課題に対してこの冬に取り組んだことは
菅野:
1年生ということで体ができていなかったのかなと思いました。そこで、ウエイトであったり根本的に遠投をやったり…基礎的なことからやりました。筋肉が付いて体脂肪も減って、理想の体になってきていると思います。自分の仕事は打撃でチームに貢献することだと思っています。なので、オープン戦も無駄にはしないようにしています。一試合一試合、変化球を狙うなど自分の中で課題を設定して高い意識を持ってオープン戦に臨んでいました。具体的にどこが悪いとかは無いので、調子の持っていき方などに気を配りました。

――体の変化を実感することはありましたか
菅野:
スイングもそうですけど、一番は守備の動きでした。球際で取ってもぶれないようになりました。打撃でもフォームに安定感が出ました。小さなケガをしなくなったことも大きいと思います。

――米国キャンプはいかがでしたか
菅野:
日本の野球とは全然違いました。向こうの野球は練習から実戦的なことしかやりませんでした。身体能力、体格といったもののレベルの高い人たちと一緒にやってみて、自分の実力もまだまだだなと実感させられました。

――キャンプ中に取り組まれたことは
菅野:
向こうの野球を肌で感じ、メジャーに行くような選手と対戦してみてどれだけできるのかを確かめるために米国に行きました。

――通用すると感じた部分はありましたか
菅野:
パワーでは向こうの選手には劣ってしまうのですが、打撃や守備の一つ一つの細かさを追求していけば互角に戦うことができると思いました。

――今シーズンの目標を教えてください
菅野:
どの打順を打たせてもらうか分かりませんが、目標は4割打つことです。目標はなるべく高い方がいいので、首位打者を狙える位置にいたいです。なおかつ、勝利に貢献できるように打点も稼ぎたいです。

――最後にファンの方々へ一言お願いします
菅野:
チームとしても個人としても、ふがいない結果に終わってしまいました。優勝目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました。

◆菅野剛士 すがのつよし 法2 東海大相模高出 171cm・74kg 外野手 右/左

菅野 昨秋・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨秋
10
24
.292
通算
16
43
16
.372





[桑原幹久・村洋輔]

●東京六大学野球 2013〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: