検索
 HOME > 硬式野球部

昨年、合計11試合に登板した初馬


東京六大学野球 2013〜春〜  (15)東大戦事前インタビュー 初馬選手、関選手   

 今季こそ王座奪回だ。昨季は終盤まで優勝争いをしながら、終盤2カードを落とし、4位に終わった。巻き返しを狙う今年は中嶋啓喜主将(法4=桐蔭学園)、関谷亮太投手(政経4=日大三)、山崎福也投手(政経3=日大三)ら、昨年からの主力が数多く残り、戦力は充実している。2008年以来5年ぶりの春季リーグ戦優勝に向け、準備は整った。

 今週の対戦相手は東大。30季連続最下位、リーグ戦52連敗中だが、元プロ野球選手をコーチに招くなどチーム力の向上を目指しており、油断はできない。今回は浜田監督、谷沢コーチ、黒沢主将、西木選手、初馬選手、関選手の6人に話を聞いた。
(この取材は3月15日に行ったものです)


<初馬選手>
――昨秋を振り返っていかがですか
初馬:
個人としては、ふがいない成績でした。今年の春はその悪いイメージを払拭(ふっしょく)するために頑張ってきました。昨秋の慶大1回戦で、あと少しで勝てるところを引き分けに終わった試合がありましたが、あれが東大の勝ち切れない部分を表していると思います。今年のチームはあのような試合を勝てるように練習してきました。あの試合の反省を生かしていきたいです。

――浜田監督が就任してチームが変わったと感じるところは
初馬:
まず雰囲気ががらりと変わりました。今までは選手だけで考えてやっていたので意見が対立するときがありました。チームとして考えがまとまらないで練習に取り組んでいた部分もありました。今は浜田監督が一つの大きな方向性を示してくれるようになったので、それに向かってチームが一つとなっています。浜田監督はすごくリーダーシップを発揮してくれて助かっています。

――昨年、桑田氏と今久留主氏がコーチに就任しましたが、その指導を受けて感じたものは
初馬:
桑田さんはまだ数回しか指導を受けていませんが、今久留主さんは毎週練習に来てくださっています。今までは自分たちで練習メニューを考えていましたが、今はプロの選手がやるようなメニューを考えてくれて、非常に参考になっています。

――初馬選手が考える選手としての自身の武器は
初馬:
メンタルの強さだと思います。ただし、ずっと肩を痛めていて今は何とも言えない状況です。ただ打撃練習はしていて、いつでも試合に出られる用意はしています。

――逆に、初馬選手が考える選手としての自身の課題は
初馬:
自分はまだ投手として力量が足りないと思います。ゲームをつくる能力が不足しているので、野手の人が守りやすい投球がまだできていないと思います。それを克服するために、投球フォームを固定したり、ケガをしないようにリハビリメニューをしたり、インナーマッスルを鍛えたりしています。

――明大の印象は
初馬:
昨年の明大は1年生、つまり今の2年生が多く試合に出場していて、今後もずっと強いチームであり続けるだろうなと思います。山崎選手や上原選手(健太投手・商2=広陵)などの素晴らしい投手がたくさんいて、なかなか勝つことはできないだろうとは思います。しかし、いかにスキを突けるかを考えていきたいです。

――初馬選手が実際に対戦して手ごわいと感じた明大の選手は
初馬:
岡選手(大海内野手・政経4=倉敷商)です。スイングスピードがとにかく速いです。どこに投げたらいいのかと思います。簡単には投げさせてくれないです。

――今季、どのように明大に立ち向かっていきたいと思いますか
初馬:
自分の出せる力を出し切って、それで負けたらしょうがないという気持ちで臨みたいです。それで負けたとしたら練習が足りないだけです。自分の力を出し切らずに負けるようなことはしたくないです。

――最後に東大のファンの方に一言お願いします
初馬:
今まで勝てそうで勝ち切れない試合が続いてきたので、今季こそはそういう東大を脱却して、勝つべくして勝つ東大になれるように頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました。

次期エースとして期待の大きい関
次期エースとして期待の大きい関

<関選手>
――昨秋を振り返っていかがですか
関:
昨秋は、最初は敗戦処理として登板する機会が多かったのですが、慶大1回戦で同点の場面で投げさせてもらって、しっかり投げることができたので、それは自信になりました。個人的な成績は1シーズン目としてはそんなに悪い成績ではないと思います。それでも勝ててはいないので、勝ち試合をつくれるように今後はしていきたいです。

――自身の武器は
関:
四球を出しても崩れずに、打たせて取る投球ができることです。あと自分は制球が武器なので、それをもっと精度良くしていけたらなと思います。

――自身の課題は
関:
技術的なことで言えば、緩い変化球でしっかりストライクを取ることです。あとは変化球を正確にコースに投げられるようにすることです。それとチェンジアップに今、挑戦中です。高校時代には投げていましたが、大学に入ってからはコントロールが定まらなくて秋には投げていませんでしたが、また投げようと思います。あとクイックをもう少しうまくしたいです。

――浜田監督が新しく就任したことに関しては
関:
最初は驚きました。浜田監督には、自分が高校3年の勉強合宿に参加して以来、いろいろ声を掛けてもらったりしていましたが、新しく東大の監督に就任すると聞いたときはびっくりしました。

――桑田氏、今久留主氏が新しくコーチに就任しましたが
関:
桑田さんには投球フォームについて細かく指導していただきました。体全体を使って投げることを教えていただきました。今久留主さんは、実際に自分の投げている試合をビデオで見ながら、配球についてアドバイスしていただきました。「左打者の内角を有効に使えば、外角のボールも生きてくる」といったアドバイスです。今久留主さんからは下半身強化のためのメニューも教えていただいて、それを実践しています。

――明大の印象は
関:
野手も投手もいい選手がそろっていると思います。打者全員が振りが鋭くて、手ごわいなと感じます。特に中嶋選手や高山選手(俊外野手・文2=日大三)は要警戒です。中嶋選手は昨秋のリーグ戦でホームランを打たれました。甘いところに投げたら確実に打たれると感じます。高山選手もリーグ戦で芯で打たれました。投手では関谷選手や山崎選手、上原選手が良いと思います。

――今季の目標をお願いします
関:
シーズンを通して自分の仕事ができるようにしたいです。どこで投げるかまだ分かりませんが、先発でも中継ぎでも抑えでも、任せられた場面をしっかりと抑えたいです。

――最後に東大野球部のファンの方に一言お願いします
関:
神宮での応援はすごく力になるので、その応援に応えられるように頑張ります。

――ありがとうございました。
[森大輔]

●東京六大学野球 2013〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: