検索
 HOME > 硬式野球部

7回無失点と好投し4勝目を挙げた山崎

硬式野球部  山崎7回無失点の好投で4勝目 2ケタ得点で東大に先勝/東京六大学春季リーグ戦

◆4・13〜6・2 平成25年度東京六大学春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・12 対東大1回戦
 ○明大10―0東大
1回戦
東大
明大×10

(明)○山崎(4勝1敗)、星、岡貴、柳―坂本
(早)辰亥、嘉藤、窪田、浅井、毛利、藤原、関―笠原
【二】(明)岡大(2回) (東)澤田(4回)、飯田(7回)
(明)◇犠打3 中原(3回)、坂本(7回)、岡大(8回) ◇併殺2 ◇残塁11 ◇盗塁2 福田(1回)、中嶋(7回) ◇失策1 福田(7回)
 投打で圧倒した。3回、1死満塁から糸原健斗内野手(営3=開星)の中前2点適時打で先制。その後も手を緩めず東大投手陣から10得点を奪った。先発の山崎福也投手(政経3=日大三)はテンポの良い投球で7回3安打無失点の好投。主力が活躍し、東大に先勝した。

 安定感のある投球を披露した。先発した山崎はテンポの良い投球で東大打線を寄せつけなかった。7回を3安打無失点に抑えた。これで早くも今季4勝目。勝利数でリーグトップに躍り出た。「直球が走っていなかったのですが、変化球、特に落ちる球が良かった」(山崎)。2回には三者連続三振を奪うなど9三振を奪った。今季34回1/3を投げ、計39奪三振は勝利数と同じくリーグトップ。三振を取れる変化球の精度が上がったことが好調の要因だ。7回1死二塁のピンチでは笠原(東大)の遊ゴロを遊撃手の福田周平内野手(商3=広陵)が一塁へ悪送球。その間に二塁走者の飯田が三塁を回ったが、岡大海内野手(政経4=倉敷商)が慌てずにボールを処理。本塁でタッチアウトにし、バックの守備にも助けられた。残塁はわずかに1と先発の役目を果たした。
明大3回裏1死満塁3番糸原が<br>先取点となる中前2点適時打を放った<
明大3回裏1死満塁3番糸原が
先取点となる中前2点適時打を放った

 大量得点の糸口を開いた。0―0で迎えた3回、先頭の山崎が左前安打で出塁。続く中原北斗外野手(文4=横浜)の犠打と福田の内野安打などで1死満塁の好機をつくる。ここで3番糸原が内角高めの直球をセンターへ弾き返した。先制の2点適時打に、糸原は一塁上で小さく両拳を握った。「1打席目に凡退していたのでランナーを返そうと思って打席に立った」(糸原)。早大1回戦から好調を維持し、この日も3打数1安打の活躍で5試合連続安打を記録。3番に定着し、打線を引っ張っている。

 先制後も打線は止まらず、4回、7回にそれぞれ2点追加。8回にも押し出しと岡大の左犠飛などで追加点を挙げ、最後は代打出場の石井元内野手(営2=履正社)が左前2点適時打を放ち、ダメを押した。終盤、相手投手の四死球も目立ったが11安打10得点の攻撃で大量得点を奪った。

 打線の勢いを明日につなげたい。先発は関谷亮太投手(政経4=日大三)が濃厚。今季は防御率1.42とここまで安定した投球を見せている。打線が今日の調子で序盤からリードを奪い、投手陣を援護したい。

[中田宏明]




◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(遊)福田(広陵).310右安  三安四球  二飛  死球  
(二)宮内(習志野).071二ゴ  右飛            
宮武(三重).286      一安          
大塚健(花咲徳栄).000          二直      
水井(佼成学園)              四球  
原島(国士舘)                  
(三)二糸原(開星).240二飛  中前右飛    死球死球  
(左)菅野(東海大相模).333  二ゴ三飛  二ゴ  一安四球  
(一)岡大(倉敷商).259  中二三ゴ  一邪  死球左犠飛  
(中)中嶋(桐蔭学園).185  遊飛  遊安遊ゴ  四球死球  
(捕)坂本(履正社).238  三ゴ  右安  四球右犠飛遊飛  
(投)山崎(日大三).400    左安投ゴ  中飛      
伊藤剛(長野日大)                  
星(宇都宮工)                  
岡貴(樹徳)                  
石井(履正社)1.000              左安  
柳(横浜)                  
(右)中原(横浜).000    一失  左飛        
上西(明大中野八王子).500          左安      
海部(履正社).000            左飛二ゴ  
   321110.222                

◆明大投手成績◆
名 前球数
○山崎(日大三)811.31
星(宇都宮工)0 2/3170.00
岡貴(樹徳)0 1/30.00
柳(横浜)134.50


◆ベンチ入りメンバー◆
19関谷(政経4=日大三)原島(農4=国士舘)10中嶋(法4=桐蔭学園)
11山崎(政経3=日大三)25岡大(政経4=倉敷商)中原(文4=横浜)
18今岡(文3=横浜隼人)32柴田(法4=中京大中京)26宮武(商4=三重)
21岡貴(営4=樹徳)宮内(政経2=習志野)28水井(法3=佼成学園)
17柳(政経1=横浜)14大塚健(商2=花咲徳栄)菅野(法2=東海大相模)
23星(政経1=宇都宮工)糸原(営3=開星)24海部(商2=履正社)
石畑(商4=広陵)福田(商3=広陵)35石井(営2=履正社)
27西村祐(法4=春日部共栄)15伊藤剛(文4=長野日大)
12坂本(文2=履正社)38上西(営2=明大中野八王子)


勝敗表 第5週  5/12現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
法大---    ○○○○○○660031.000
明大  ---●△○○○●○  85212.714
早大  ○△●●---  ○○73311.500
立大●●●○●---○●○  94501.444
慶大●●    ●○●---○○73401.429
東大●●●●  ●●---70700.000



試合後のコメント
6番に座り3打数1安打1打点の中嶋啓喜主将(法4=桐蔭学園)

「勝ったのは良かったですが、初回、2回と点を取れなかったことが反省点です。今日のようにいろいろな選手が試合に出ていくことで場数も踏んでいけるので、それがチーム全体のレベルアップにつながると思います。自分の状態はあまり良くないですが、チームが勝てているので、その流れで打ちたいです」

先制の2点適時打を放った糸原
「打ったのはインコースの真っ直ぐです。1打席目に凡退したので、2打席目がランナーを返そうと思っていました。先発の山崎はテンポが良かったのでその流れで攻撃に持っていくことができました。低い打球で抜いていく打球が持ち味なのでセンターにライナーで抜けたので良かったです」

7回無失点で4勝目を挙げた山崎
「今日は全体的にまとまって投げられたので良かったです。直球が走っていなかったですが、変化球、特に落ちる球が良かったです。打撃の調子は今すごくいいです。バッターとしてはよくボールも見えていて自分のポイントで打てています」

リーグ戦初安打を適時打で飾った石井
「8回のタイムリーの球はストレートです。打ててうれしかったです。最近調子が良くて、先日のオープン戦でもヒットを打てました。振り込みの成果が出てきたと思います。これからもチャンスをもらえたら結果を出していきたいです」

応援へ行こう
対東大戦 
5月13日 14時試合開始予定(三塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: