検索
 HOME > 硬式野球部

8回まで好投を見せた上原


ボールパーク便り  打線が沈黙 中大に惜敗  

◆9・6 夏季オープン戦(明大グラウンド)
▼対中大戦
 明大0−2中大○
オープン戦
中大
明大

1点が遠かった。中大のエース・島袋を相手に打線が沈黙。2番長嶺修平外野手(文3=宮崎工)が左越え二塁打を含む3安打と活躍した。しかし後続につながらず、わずか5安打で完封された。

課題が見つかる一戦となった。先発の上原健太投手(商2=広陵)は9回、満塁から押し出しとなる四球と暴投で2点を取られてしまう。しかし8回までは12奪三振と好投を見せるなど、収穫もあった。2番手として登板した北田純投手(法3=倉吉東)は悪い流れを断ち切ったが、打線が反撃ののろしを上げることができず0―2で試合終了。粘りの野球ができなかった。

◆夏季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
9・7(土)
東京ガス
明大グラウンド
9・8(日)
駒大
9・9(月)
日立製作所


[箭内桃子]

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: