検索
 HOME > 硬式野球部

昨季は開幕投手も務め、飛躍のシーズンを過ごした白砂選手


東京六大学野球 2013〜秋〜  (6)東大戦事前インタビュー 白砂選手、辰亥選手  

 
 再び頂点へ――。春は16試合にも及ぶ激闘を制し、粘りの野球で35度目のリーグ優勝を果たした。夏の厳しい練習を経て。さらに戦力は充実。1975年以来、チーム史上4度目の春秋連覇、そして春は逃した日本一を目指す。

 秋季リーグ開幕戦の相手は東大。東大に勝利し、その後の4カードへ勢いをつけることができるか。31季連続最下位ではあるが、今春の明大との2回戦では2―0での勝利と僅差であったように、決して油断はできない。今回は浜田監督、谷沢コーチ、黒沢主将、有井選手、白砂選手、辰亥選手の6人に話を聞いた。



<白砂選手>

――昨季を振り返っていかがですか
白砂:
実力不足だなと思いました。特に制球力が課題だと思いました。それを克服するために、特に変わったことはせずに、ブルペンでの意識を高く持って練習しています。

――この夏に伸びてきたと実感した部分はありますか
白砂:
正直、まだ実感できるところはないです。開幕までの残り1カ月で実感できるようにしていきたいです。

――チーム全体の課題は
白砂:
チームとしてはチャンスで打てないところが課題だと思います。 チャンスであと1本打てるようにしていかないといけないです。投手陣はゼロをいかに並べられるかが重要です。

――今季の目標は
白砂:
個人としては勝ち投手になることが目標です。その目標を達成するために、常日頃からリーグ戦レベルを想定して練習しています。練習試合のときでも相手のレベルに合わせるのではなく、リーグ戦ならどうするかと考えてやっています。

――桑田コーチや今久留主コーチから何か教えられて力になったことはありますか
白砂:
今久留主さんからは股関節をうまく使えるようにできるトレーニング方法を教わりました。それが土台となって、加えて桑田さんがおっしゃるようなことがうまくできるようになったかなと思います。桑田さんからはしっかり股関節を使って投げることを教わりました。桑田さんの実際の動作を見て、それを手本とすることができたことが良かったです。練習メニューも工夫しています。とにかく短く、効率良くということを意識するようになりました。

――明大と実際に対戦して、明大の印象はいかがですか
白砂:
明大の打者はしっかりボールを引きつけて打っています。自分では明大の打者を抑えるにはまだ 球威が足りないなと思ったので、秋は球威をもっと上げて、コントロールも良くして、うまく打たせないようにしたいです。警戒する打者は全員です。特に岡選手(大海内野手・政経4=倉敷商)には打たれたので、秋には打たれたくないなと思います。

――最後に東大野球部のファンの方に一言お願いします
白砂:
秋は必ず勝利するので、その勝利に期待して応援をよろしくお願いします。

――ありがとうございました。

エースとして期待が高い辰亥選手<
エースとして期待が高い辰亥選手


<辰亥選手>

――春季リーグ戦を振り返って一言お願いします
辰亥:
実力不足を痛感しました。まずはコントロールを改善していきたいです。ずっと課題としていたことですが、ブルペンでの意識をしっかりしていきたいです。今は桑田コーチのメニューで、ブルペンで初めにアウトローに10球投げて何球決まるかというのを取り入れてやっています。最初はひどくてあまり入りませんでしたが、最近では決まるようになってきました。

――明大の印象はどうですか
辰亥:
強いです。どの打者も長打力があって、確実に決める力があります。なかなか抑えられないです。特に岡選手は警戒しています。

――秋季リーグ戦での目標をお願いします
辰亥:
1勝したいです。(先発として登板した8月18日に行われた巨人の育成選手とのオープン戦では)点は取られましたが、抑えることができた場面もあって、夏やってきたことが形になってきたと実感しました。秋もいい試合ができるように頑張りたいです。

――ありがとうございました。

[森大輔・箭内桃子]

●東京六大学野球 2013〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: