検索
 HOME > ラグビー部

この日、2トライを決めた長石倉

ラグビー部  対抗戦初戦・青学大に完封勝利で好発進/関東大学対抗戦

◆9・15〜12・1 平成25年度関東大学対抗戦リーグAグループ(国立競技場他)
▼9・15 対青学大戦(県営熊谷ラグビー場)
○明治45{19―0、26―0}0青学大

◆スコア◆
明治
青学大
前半後半得点前半後半
PG
DG
1926
45
合計


 3ヶ月に渡る対抗戦がいよいよ開幕した。連覇を目指す明治は、初戦・青学大に対し、BK陣が7トライ中6トライを挙げる活躍。課題のディフェンスでは「どんどんディフェンス力も上がってきている」(勝木来幸・営3=常翔学園)と春から取り組んできたロータックルを武器に青学大をシャットアウト。対抗戦の初戦を見事に快勝で飾った。
 序盤から付け入るスキを与えなかった。まず試合が動いたのは、前半6分。10mライン付近のスクラムを起点にフェーズを重ね、ラックから抜け出し突破したSH山口修平(政経4=佐賀工)からSO長石倉豪(営3=報徳学園)がトライを決め先制。その後も「クオリティーは低かった」(圓生正義主将・政経4=常翔学園)とはいうものの、スクラムとラインアウトを起点に攻め続けた。前半15分には、左奥のラックから、右CTB西橋誠人(商3=桐蔭学園)がトライを決め12―0。前半20分間は青学大を敵陣に釘付けにし、優位に試合を進めた。中盤に入るにつれ「自ら反則やミスで相手ボールにしてしまうことが多かった」(丹羽政彦監督・平3文卒)とペナルティーからタッチキックでの侵入を許してしまうが、BK陣のディフェンスが光りトライには結びつけなかった。追加点を奪いたい明治だったが、青学大のプレッシャーにBK陣のノックオンが目立ち苦戦。前半15分以降は、山口からのキックパスに合わせたFB村井佑太朗(政経3=秋田工)のトライだけに終わり19−0で前半を折り返した。

 後半は入りから攻めた。BK陣がテンポよくフェーズを重ね敵陣深くへ侵入。後半2分には、左奥のラックから長石倉が右方向へキックパスし、それに合わせた右WTB小澤和人(営4=国学院久我山)がインゴールに走り込みトライを決めた。その後、BK陣で攻めてくる青学大に対し左CTB佐藤滉貴(営4=札幌山の手)のタックルから青学大がノックオンするなど、課題のロータックルで攻撃の芽を摘む。後半20分には、自陣10mライン付近から左FL大椙慎也(法3=国学院久我山)がインターセプトしそのままトライを決め38−0とした。その後、エリアマネジメントに苦しむものの、試合を通じてタックルが冴えインゴールには近づけさせない。すると試合終了間際には、BK陣のサインプレーでゲインし、最後は左WTB紀伊皓太(文2=日川)がトライを決め45−0。終始青学大を寄せ付けず「FWの頑張りがBKのトライにつながった」(山口修平・政経4=佐賀工)とBK陣が勝負を決め初戦を白星で飾った。

 「0点に抑えて勝ったことは評価できます」(丹羽監督)とまずは青学大をノートライに抑えたことが、今後につながる好材料だろう。BK陣のハンドリングやセットプレーなどのミス等はあったものの「タックルの後もしっかり乗り越えてターンオーバーというシーンも増えてきた」(圓生主将)と春からの取り組みは着実に形になりつつある。次戦、成蹊大戦では、FW・BKともに圧倒し2戦連続での完封勝利に期待したい。

[阿部慎]

◆関東大学対抗戦Aグループ 星取り表  9/15現在◆
帝京大筑波大明治早稲田慶応日体大青学大成蹊大勝敗
帝京大10/20 14時11/17 14時11/3 14時12/1 12時10/6 14時9/23 13時○92―01勝0敗
筑波大10/20 14時10/6 14時9/29 15時●12―2011/3 14時11/24 14時11/10 14時0勝1敗
明治11/17 14時10/6 14時12/1 14時11/3 14時10/20 12時
○45―0
9/22 15時1勝0敗
早稲田11/3 14時9/29 15時12/1 14時11/23 14時○69―010/19 14時10/13 14時1勝0敗
慶応12/1 12時○20―1211/3 14時11/23 14時9/29 15時10/13 14時10/20 14時1勝0敗
日体大10/6 14時11/3 14時10/20 12時●0―69 9/29 15時11/16 14時12/1 14時0勝1敗
青学大9/23 13時 11/24 14時
●0―45
10/19 14時10/13 14時11/16 14時11/3 14時0勝1敗
成蹊大●0―9211/10 14時9/22 15時10/13 14時10/20 14時12/1 14時11/3 14時0勝1敗


◆対抗戦 対青学大戦の先発メンバー&リザーブ◆
1.PR勝木 来幸(営3=常翔学園)→17.牛原(後半25分)
9.SH山口 修平(政経4=佐賀工)
→21.浦部(後半25分)
16太田 竣介(商4=明大中野)←2.中村(後半32分)
2.HO中村 駿太(商2=桐蔭学園)
→16.太田(後半32分)
10.SO長石倉 豪(営3=報徳学園)
17牛原 寛章(政経3=佐賀工)
←1.勝木(後半25分)
3.PR塚原 巧巳(政経2=国学院栃木)
11.WTB紀伊 皓太(文2=日川)
18松波 昭哉(政経3=東福岡)
4.LO東 和樹(政経2=京都成章)→19.田中真(後半15分)
12.CTB佐藤 滉貴(商4=札幌山の手)
19田中 真一(法1=国学院久我山)
←4.東(後半15分)
5.LO寺田 大樹(文3=秋田工)
13.CTB西橋 誠人(商3=桐蔭学園)
20桶谷 宗汰(営1=常翔学園)
←8.圓生(後半15分)
6.FL大椙 慎也(法3=国学院久我山)
14.WTB小澤 和人(営4=国学院久我山)
21浦部 岳之(法2=桐蔭学園)
←9.山口(後半25分)
7.FL安永 賢人(営2=長崎北)
15.FB村井 佑太朗(政経3=秋田工)
→22.田村(後半25分)
22田村 煕(営2=国学院栃木)
←15.村井(後半25分)
8.No.8圓生 正義(政経4=常翔学園)→20.桶谷(後半15分)

23齊藤 剛希(商2=筑紫)



試合後のコメント
No.8圓生正義主将(政経4=常翔学園)

「青学大がディフェンスですごいプレッシャーをかけてくるのはわかっていたつもりなんですけど、そこに付き合ってしまった。もっとラインを深くして、入れ違いを狙っていけたりとかスキを狙っていけたと思うんですけど、そこはまだまだ修正能力が足らないと思う。一応(青学大を)シャットアウトできたというのは、大きいと思う。この結果をしっかり受け止めて、ディフェンスもアタックも今後につなげていきたい。(BK陣のトライが目立ったが)BK陣の意表を突いたキックパスという形でもトライが奪えるというのは、FWとしても楽なのでありがたい。FWはセットプレー、ラインアウト、スクラムのクオリティーがまだ低いので、今後の課題です。(ブレイクダウンは)乗り越えすぎた。ポイントに対してブロックする人間がいなくて、修平のところにもプレッシャーがいってしまったので、修正しなければならなかった。タックルは結構良かった。BK陣は頑張ってくれていましたし、タックルの後もしっかり乗り越えてターンオーバーというシーンも増えてきた。その部分も武器になりつつあるんじゃないかと思います」

PR勝木来幸(営3=常翔学園)
「勝てたのは良かったと思います。自分自身の課題でもあるスクラムも安定していました。どんどんディフェンス力も上がってきていると思います。一方で得点するということに関してはまだまだ改善していかなければいけないことがあるので、次の試合でもっと向上したアタックを見せたいと思います。個人的にはスクラム、ラインアウトといったセットプレーの精度を高めていく努力をしたいと思います」

SH山口修平(政経4=佐賀工)
「初戦として満足はしていないが、0で抑えることができたのは良かった。前半はエリアを取っていくことを意識したが相手も同じことをしようとしていた。エリアの取り方は負けていなかったがトライにつながらなかったことがもやもやした。もっと攻められる所があったと思う。ボールを動かしてラグビーをやっていこうと言っていて、FWが囲んだこと、セットプレーが安定していたこと、良いペナルティーがもらえたことなどFWの頑張りがBKのトライにつながった。しかしFWの頑張りでアドバンテージが出て、BKでいざ攻めようとなっても相手のディフェンスが前に出てくることにプレッシャーを感じてしまったのが点を取りきれなかった原因。ちょっとしたことのミスで終わってしまう のは良くなかった。また、自分の所でミスがあったりペナルティーがあったりしてゲームの流れを悪くしてしまった部分があったので、4年生としてみんなに迷惑をかけないようにしたい。エリアを取ることは春に比べてだんだん良くなってきている。BKの誰がAチームに入ってもそこに関しては取れていけると思っている。相手がどこであっても精度を高めて自分たちのプレースタイルを貫きたい。ただ、春の初戦で0点に抑えられ、出鼻をくじかれてしまった筑波大戦を思い返すとやはりそこに懸ける気持ちは強い。春の借りは返したい」

SO長石倉豪(営3=報徳学園)
「前半、相手がプレッシャーをかけてくるのは分かっていたが、それに対してみんなかっかしてしまって思ったようにプレーできなかった。ゲームとしては相手をシャットアウトできたので良かった。(BKが多くのトライを取ったことに関しては)ゲームプランとしてBKがエリアを取ってFWを前に出してFWが得点するという感じだったが、そこはBKが臨機応変に対応できた。自分自身としてはそんなに良くない。まだまだ精度を上げないとこのまま上で出れることは無理だと分かっているので、もっと練習していかないといけない。来週の成蹊大戦はシャットアウトして完封で勝つ。ゲームの入りで圧倒したプレーをしたい」

No.8桶谷宗汰(営1=常翔学園)
「本当に緊張しました。一番は、出るとコーチに言われてアップをしている時です。ディフェンスで抜かれたり、アタックでターンオーバーされたりといったミスだけは絶対にしようと心掛けていました。それでも、アタックでは抜いたと思ったところで止められたり、ディフェンスでは一発で倒せると思ったところで粘られたりとレベルの高さを感じました。これまで練習試合などには出ていましたが、対抗戦に入ってみて本当に大学のレベルはすごいと実感しました」

◆2013年・関東大学対抗戦Aグループ明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
9・15青学大熊谷15時
○45−0
9・22成蹊大秩父宮15時
10・6筑波大熊谷14時
10・20日体大秩父宮12時
11・3慶応秩父宮12時
11・17帝京大秩父宮14時
12・1早稲田国立14時
大学選手権
未定未定未定未定



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: