検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  明治の流れを作り、慶応に勝利/関東大学ジュニア選手権

◆9・7〜11・4 第35回関東大学ジュニア選手権(八幡山グラウンド他)
▼9・28 1stフェーズ カテゴリー1 慶応戦(慶応日吉グラウンド)
 〇明治33{19−10、14−7}17慶応

◆スコア◆
明治
慶応
前半後半得点前半後半
PG
DG
191410
33
合計
17
「勝てて良かった」(圓生正義・政経4=常翔学園)。先制点を挙げたことによって流れを明治のものにし、優位に試合を運んだ。点差はあまりつかなかったが、攻守で着実に上回った。先週の筑波大戦では惜しくも敗戦となったが、その流れを断ち切り、33―17で見事勝利を収めた。
先制トライを挙げた松浦<
先制トライを挙げた松浦


 明治の先制で始まった。開始10分、右CTB西村雄大(農4=高鍋)のタックルでターンオーバーしたボールを左WTB加納遼大(文3=常総学院)が敵陣へ運び、FB松浦康一(政経2=佐賀工)がトライを挙げる。「こちらが先制すると相手も受けに回るので、より有利になった」(圓井文也・商3=常翔学園)と、ペースを掴む。その後明治の反則からペナルティゴールを与えてしまう場面もあったが、16分にはマイボールのラインアウトからモールを形成し、そのままHO牛原寛章(政経3=佐賀工)が追加点を挙げた。また、前半に与えたトライは終了間際の1トライと守り切るディフェンスも見せた。

 後半に入ると、15分辺りまで自陣でのプレーを強いられ、やや慶応が優勢となる。しかし16分、モールやラックを形成しながら徐々に押し込み、右LO小林航(法2=明大中野八王子)がトライ。「スクラムが圧倒的に勝っていた」(圓井)と、FWのセットプレーから調子を取り戻した。すると、BKもそれに応えSO茂木直也(商4=深谷)がラックから抜け出し、ダメ押しの追加点を決めた。前半同様、終了直前にボールをインゴールに押し込まれてしまったが、最終的に33―17で勝利した。

 良い雰囲気で試合に臨めた。FWの力強いオフェンスからペースを掴んだことで勢いに拍車が掛かり、勝利につながった。次のジュニア戦は2週間後の帝京大戦。「帝京大戦は筑波の時より厳しい試合になる」(松浦)。「細かいミスが多い」(西村)など、2週間でこれまでに見つけてきた課題を修正し、今回の勢いのまま強敵・帝京大に挑みたい。

[保屋松彩佳]

試合後のコメント
NO.8圓生正義主将(政経4=常翔学園)

「勝てて良かった。前回は結果を出せなかったけど、今回は出せたので良かった。モールで取れたことと、トライを決められたことは収穫。ペナルティーが多いというのが課題点。そのせいでテンポを作れない場面があった。それが点差があまりつかないという結果につながったと思う。次は帝京大という強敵に対して、どれだけ我慢強くプレーできるかだと思う。アタックが上手くいかないこともあると思うけど、フラストレーションを溜めないでやりたい」

右FL圓井文也(商3=常翔学園)
「前回の試合から1週間でよく修正できた。入りがよかったのでいい試合ができた。こちらが先制すると相手も受けに回るので、より有利になった。スクラムが圧倒的に勝っていて、相手ボールも奪えたので、出来はよかった。今回はBチームにキャプテンの圓生さんがいてくれたので、練習の時から盛り上がっていた。次の帝京大にはジュニア選手権で勝ったことが自分の中ではないので、勝ちたい」


SH浦部岳之(法2=桐蔭学園)
「ラックに寄ることを意識していたので、それは結構できた。最後はスタミナが切れて、足が吊りかけていた。(勝因は)FWが取り切るところで、取ってくれた。個人としては、FWコントロールはまだまだですけど、ラックのサイドを抜けることを狙って一つ抜けたので、良かった。(Aチームの試合に出場することは)気持ちの持っていき方が大変なので、慣れて行きたい。今後の課題は、パスの精度。Aチームに定着できるよう頑張りたい」
 
右CTB西村雄大(農4=高鍋)
「とりあえず勝って結果が出せたのは良かった。ただ、相手に簡単にボールを渡してしまったりするミスがあったのでまだまだ足りない。自分的にはまだ80分保つフィットネスが無い。走れていないというのが反省。自分は縦の体を当てる部分でのプレーが仕事。でもまだまだ足りないと思うので、筑波大戦までの1週間、練習で上げていってAチーム入りに向けてアピールしたい。Bチームは良い雰囲気で練習できている。ただ細かいミスが多い。日々の練習から変えていかないと試合でも出てしまう。試合ではミスを責められないので、もっと練習中から厳しくいかないと。そうすれば試合でも自ずと良い結果が出ると思う。今後も、Aチームで試合に出て体を張るというのが自分の目標なので、そこに向けて日々努力していきたい」

FB松浦康一(政経2=佐賀工)
「勝てたことが一番良かった。相手のペナルティーが多く自分たちで苦しめられた。そのせいでトライを取られなかったので、ディフェンス力がついたのかなと思う。個人的にはディフェンスもキックもあまり良くなかったので、次に向けてまた頑張りたい。ディフェンスする時にペナルティーを少なくすることが課題。次の帝京戦は筑波の時より厳しい試合になると思うが、しっかり勝てるようにしたい」


◆ジュニア戦 対慶応戦の先発メンバー&リザーブ◆
1.PR植木 悠治(政経2=常翔学園)
9.SH浦部 岳之(法2=桐蔭学園)
←20.田川(後半35分)
16太田 竣介(商4=明大中野)
←2.牛原(後半23分)
2.HO牛原 寛章(政経3=佐賀工)
→16.太田(後半23分)
10.SO茂木 直也(商4=深谷)
17橋口 敬生(政経4=長崎南山)
3.PR塚原 巧巳(政経2=国学院栃木)
11.WTB加納 遼大(文3=常総学院)
18塚田 友郎(文2=深谷)
←5.小林(後半40分)
4.LO東 和樹(政経2=京都成章)
12.CTB水野 拓人(情コミ3=東海大仰星)
19田中 健太(営2=大阪桐蔭)
←8.圓生(後半17分)
5.LO小林 航(法2=明大中野八王子)
→18.塚田(後半40分)
13.CTB西村 雄大(農4=高鍋)
20田川 明洋(政経4=天理 )
←9.浦部(後半35分)
6.FL上田 宥人(政経2=東海大附仰星)
14.WTB成田 秀平(営1=秋田工)
21幸重 記(文4=大分舞鶴)
7.FL圓井 文也(商3=常翔学園)
15.FB松浦 康一(政経2=佐賀工)
←22.久保(後半17分)
22久保 勇介(政経3=佐賀工)
←15.松浦(後半17分)
8.No.8圓生 正義(政経4=常翔学園)
←19.田中(後半17分)

23板橋 将貴(政経1=流経大柏)



◆2013年・関東大学ジュニア選手権明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
1stフェーズ(カテゴリー1)
9・14早稲田明治八幡山G13時
○14−10
9・21筑波大明治八幡山G14時
●36−47
9・28慶応大慶応日吉G13時
○33−17
10・13帝京大明治八幡山G13時30分


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: