検索
 HOME > 硬式野球部

壇上であいさつをする善波監督

硬式野球部  秋季リーグ優勝パレードを開催 悲願達成を祝福

◆11・14 平成25年度東京六大学秋季優勝パレード(明大駿河台校舎周辺)
 多くのファンが集まる中、東京六大学秋季リーグの優勝パレードが駿河台キャンパス周辺で開催された。明大の第一応援歌である「紫紺の歌」に迎えられ、選手たちが登場。温かい拍手が送られた。応援団の校歌や応援歌の演奏の中、38年ぶりに春秋連覇を果たした野球部員たちを先頭にリバティタワー周辺を40分ほどかけて練り歩いた。パレード途中では紙吹雪が舞い、春は雨天中止となっただけに大いに盛り上がりを見せた。

 パレード終了後にはリバティホールにて優勝報告会が行われた。善波達也監督、中嶋啓喜主将(法4=桐蔭学園)がファンへ感謝の言葉を伝えた。その後、応援団によるチャンスパターンメドレーも演奏された。

 いよいよ春の雪辱を果たすときが来た。今月16日から始まる神宮大会では春に逃した日本一の奪還に挑む。春秋連覇の快挙を達成したチームで戦う最後の大会を、最高の形で終わらせたい。

[西村典大]

コメント
善波監督

「日頃の神宮球場と学内での応援、まことにありがとうございます。おかげさまで春秋連覇を成し遂げることができました。本当にありがとうございました。選手たちはよくきついところをよく勝ってくれたなと思います。選手たちにはありがとうと言いたいし、おめでとうと伝えたいです。また、とても素晴らしい環境を学校関係者の方々につくっていただき感謝の気持ちで練習しています。今月17日には神宮大会の初戦を迎えます。優勝するためには、日頃応援してくださっている応援団をはじめ、皆様の熱い応援がもう一回必要です。その熱い声援をまた選手に送ってください。そうすれば選手たちは神宮球場でもう一度力を発揮してくれると思います。応援よろしくお願いします。本日はありがとうございました」

中嶋
「本日は大変お忙しい中、また寒くなっている中で優勝パレード、優勝報告会にご参加いただきありがとうございました。自分たち選手一同は、新チーム当初から春秋連覇を目標にやってきました。その結果、このような大変光栄な経験をさせていただき本当にうれしく思っています。この優勝も皆様のお力添えなくしてはなし得なかったことだと思うので、大変感謝しています。また、応援団の方々には休日だけに限らず熱い声援を送っていただきました。ありがとうございます。明日から明治神宮大会が開幕します。春の全日本選手権では悔しい思いをしたのでリベンジするべく全国制覇を目指し、選手一同戦っていきます。これにあたりまして皆様のご声援が自分たちの力となり、相手には非常に大きな脅威になると思っています。一人でも多くの方と喜びを分かち合えるように選手一同一戦必勝で戦っていきます。明治神宮大会でも引き続き応援をよろしくお願いします。本日は本当にありがとうございました」

″中嶋主将を乗せた車は先頭を走った
中嶋主将を乗せた車は先頭を走った


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: